ドールの写真の撮り方 | 涼のブログ

涼のブログ

我が家に暮らす沢山のドール達の日記や、ビーズのアクセサリーの製作、たま〜に日常なとを載せたりしております。

今回の日記は、うちなりのドール の写真の撮り方をちょこっと載せてみます。

{B5549708-3409-4620-98EB-1003FA65A4C2}


まぁ、たいそうな事を言うても、本格的な機材を使って、特別綺麗な写真を撮ってる方はたくさんいますけどね〜

あくまで、うちなりの気をつけてるところです💡



もともと、ええ歳したにぃちゃんが(←今やおっさん汗)今、うちに居る様な人形に惹かれたのは..
造形の綺麗さはもとより、特にガラスでできた綺麗な瞳に惹かれたのが大きなところなんです。

やはり人間でも、目と言うパーツは、表情を伝えてくれるツールなので、同じ様な瞳を持つ人形でも、見せ方によって色んな表情を返してくれるんですよね。


なので

うちでは、背景や構図なんかは人に負けても、表情は1番いい表情で写ってくれる様にと、撮ってるつもりなんですよひらめき電球 ← あくまでつもり(笑)



とりあえず

ウチでは、写真を撮る時、メインのiPhoneと..
これ
{79E1003A-9A93-4FA0-B632-999AF7141682}
光源用に前携帯のフラッシュを駆使して撮る事が多いのです。
言わば携帯2つ持ち(笑)

ドールの為にカメラも4つくらい買ったのですが(笑)
ブログへの載せてやりやすさから、結局iPhoneに落ち着いたのですよね (^^;


光源としては、色々ライトを試した結果..  携帯のライトの場合は、光がスポット的にもならず、丁度いいあんばいで、全体的に照らしてくれ、全体的に綺麗な明るさで撮れるのですひらめき電球 
さすがは高価なだけはありますよ〜(笑


では、掲載時に少々画質は変わってますが..
こんな感じです


明かりのある無しで撮ると..

光源無し
{80FAF47F-16D2-4E6C-834B-D7288294B70B}


光源を真ん中
{DA866029-37BB-4FB4-AFD2-E1F08618D8B0}


光源下気味
{7544206E-C9F3-4E62-BBC7-C5396EE15296}


光源左気味
{FFDDFB4E-EE7D-4BD3-B6CD-E114D5583F44}

光のある無しと、向ける位置によって、瞳に映る光や影のつき方が変わり、それだけでも結構表情が変わります。




自室の窓際などで、背景が暗く、こちら側から光蛍光灯の光などが当たっててる時は..


光源無し
{98E491D5-6403-4F15-AC09-3E424EB8E0A8}
光源が無くても、案外瞳に光が入って表情をみせてくれます。


光源正面
{364FFA76-902B-4D27-B06B-67201EDA4A81}


光源下から
{85E72B9D-1FB4-4D35-B2C1-AFDBEC92BE69}
背景が暗い分、光の加減で、影も出したり消したりもできるので、雰囲気の違う写真を撮りやすいです。



個人的には

光源の光が瞳に入る事で、生き生きした感じに撮れたり..  
光の映り込む位置で、その子の見てる方向が変わったり.. 
下から影の位置をコントロールする事で、神秘的な感じにも撮れてるのかな?

 とか、考えながら撮り方を調整しています。



もう一つひらめき電球

ガラスの瞳には、ガラスの屈折で瞳孔部分が見てる人の方に向いてる様に見える、追視するという特性があり
{5E3D9842-EF02-432F-B09F-6C9FD154508F}
グラスアイによっては、どの角度から見ても、こちらを見てる様に見えたりします。


正面
{74D82685-123B-40E0-B63C-B9083F4B6D05}


上気味
{6966EEFE-4454-49B1-A016-BB4A378B2C67}


左から
{D04DFBC6-80BA-409E-8824-E13EA9AF27C4}


右から
{1C33EFDA-E073-492C-AB58-B90C95F485FB}
この特性は、ガラスのドームの高いアイや、色の薄いアイによく見られるみたいです。

特に、碧眼の子はよくこちらを見てくれるので、真下から見ると、凄い形相で睨まれて、結構怖いことも.. (^^;  笑




でも、それを調整しながら撮る事で..
{DE733237-619E-4C26-ACCF-D47A48DC2B64}


{A12D6AA9-05CE-482D-8C0B-03F73E203A0E}
ちゃんとこちらを見てくれてる感じに撮れたりするんですよね。

おかげで、この手のドールが怖いと言う方もいるのですが..  
私は、グラスアイの醍醐味だと思います



ウチでは、この追視と目に入る光の位置で、出来るだけ、生き生きした顔で写ってくれる様に写してます。





おまけですが

最近、よく出かける場所で、自撮りのライトを使っているので、どんなものかな?と...
本のおまけなんですが(笑) 仕入れてみました♪
{539F8946-D0C0-41A4-8E2B-31B8A4AE0C5D}


中味はこんな感じ
{9AB2877F-2609-45F3-8821-35A9CE62BD91}
携帯に挟んで使うみたいです。


LEDが輪のように連なってできています
{9D37D008-A5E6-44E7-9E9A-E962CAC8CE6C}
意外と光源として優秀でした




そして..
{392F8E34-4EDC-4FBD-9033-E0A722328C98}
実は写し方で、猫が映り込みますひらめき電球

どこかで、ネオンをハート型にして、見せながら写すと、瞳にハートが浮かび上がると言う記事を見かけましたが.. このライトにも、ハート形や星形なんかのら色んな種類があるみたいなので、それを瞳に写したての撮り方も面白いかも知れませんね。



撮り方としてはそんなところです。
あとは特別な事はありません

撮影スポットなんかは、その時の巡り合わせですからね〜


ただ..

冬月や
{BF865546-3C07-413B-B86E-B2EB311F0C1D}


{4BCB9B2F-7A9F-43DD-92CC-46C747D17FDA}


涼音さんや
{DA1D8CE7-A141-4163-9231-BFAE08379FA0}

そんな子達は

何年も、一緒に居て沢山の表情を見せてくれましたから💡
1番いい顔を知ってますし、ふとカメラを向けただけでいい顔して写ってくれるんですよ。