現車セッティング | 冬子&ゆきんこ

冬子&ゆきんこ

カワサ菌&鈴菌

今日行って来ました。

 

 

昨年の5月以来、2回目の訪問です。

 

朝7時過ぎに出発、約3時間で到着。

 

 

何時もながら当店のスタッフさんは、丁寧な対応で迎えてくださいます。

 

 

ここでゆっくりくつろげます。

 

 

 

 

一通り説明と内容の打ち合わせをして準備に取り掛かります。

 

ABSを無効化(カット)するモジュールが出ていました。

 

このコンテナの中に最新型のシャシダイがセットされています。

セッティング中は横の小窓から見学することが出来ます。

 

バイクは表側にある扉を開けてそこから運び入れます。

 

正面の3つの四角いダクトから走行中の風を再現します。

タイヤがローラーを回すことでタービンを回し圧縮空を発生させラム圧を再現。

 

シャシダイにセット中。

 

小窓から見ることが出来るんですが、ペアガラスが3重になっていて

更に周りのものが映り込んでしまうので写真を撮っても自分の陰になっている所しか映りません。

 

自分のバイクのメーターと同じI2Mメーターを車両側のコネクタにつなぎ

モニタリングしながら「オートチューン」と言うやり方でセッティングをするようです。

I2Mメーターには各データのモニタリング画面があります。

 

 

とにかく回してはデータ取りと確認の繰り返しで作業は進んで行きます。

 

最終的には今までのセッティングでは、高回転域での燃調が薄く

下で濃いようでした。

そこでオリジナルマップから一旦純正値にしてそこから再セッティングと

言うかたちになり、予定より1時間程長く掛かってしまいました。

 

これが今回のグラフです。

 

セットアップ前と後の比較データ。

黄色がセットアップ後のパワーグラフで、青がトルクカーブです。

一番大きな違いは、低回転(低速域)のトルクがかなりアップ。

因みに各数値はクランク軸ではなく、タイヤがローラーを回しているところの数値です。

谷が殆どありません。

 

 

因みにこちらはエアクリが純正の時のナップスで測定したグラフ。

 

赤が触媒有りの時のデータで、青が触媒レスの時のデータ。

このグラフはクランク軸でのデータなので、今回のグラフとは単純に比較は出来ませんがまるで違います。

 

 

 

 

 

 

試走は13日月曜祝日)FSWの予定。

 

 

 

  
スズキランキング

 

 
カワサキランキング

 

どちらかポチっとお願いします。