かき氷 クレープのキッチンカー fuwari
  • 18Feb
    • 小学校での出店

      小学校での出店2年目ほとんどのお客様が子供。大切なお小遣いを握りしめて来てくれる大事なイベントです。9時半から終わりまでずーっと列になっていました子供達はとっても優しいです。50円玉がなくなりそうだったので、促した所「みんなー50円探せー」と大きな声で言ってくれるボス的な男の子。「この車かっこいーなー大人になったら俺これ欲しい」としみじみつぶやく子。「1時間待ったぜ。でもさ、待った時間だけ涙がでるほど美味しいぜ」「待っているのは、誰も悪くないんだよ。このクレープ屋さんが美味しいからだよ」とめっちゃポジティブな子達。中には「チョコバナナジャンボで!!」「チョコバナナジャーーンボで!!」ってすんごくしつこい子もいましたが・・。今時の若い子達ってなかなかいい子達なんです。ここに来るといつも大人の方がやばくない?と思います。ゴミだってきちんと捨ててくれるし。他の出店だと、きちんと注意書きがあるのに、他のお店のゴミも捨ててあったりすごい事になる場所もあります。子供の方が大人って事はないけれど、子供の方がきちんとルールを守る事はあると思っています。これからも優しくしてもらえる様におじさんとおばさんの私達も頑張らないと全日に用意したのにかぶれなかったおにぎり・・・。来年かぶります。みんな今年もありがとう

  • 15Feb
    • 娘の10歳を祝う会

      先日、娘の10歳を祝う会に参加しましたグループに分かれて発表娘は音楽グループ。「50人中6人に選ばれた!」と言っていた自慢の木琴担当!が。。あまりに突然木琴パートが始まってしまい、写真を撮り逃してしまいました。。でも上手に出来てましたそして、1人1人が自分の夢を書いた紙をもってる写真がながれるスライドショー。娘の夢は【みんなをもり上げる芸能人】でした。本当はお笑い芸人なのですが、父兄の前を考え、いい感じのニュアンスで書いたんだろう。娘らしい。と思いました笑そして、みんなの夢の中で【主夫】と書いた男の子が印象的でした。今の時代っぽい。実際主夫になって成功した人の本を読んだ事があるので、(考え方も好き)いい夢だ。と素直に思ってしまいました。その他には【薬剤師】【スポンサー】【ポケモンのチームをつくる】など昔よりみんな個性があるし、子供達が夢として想像出来る職業が増えたんだなと実感。スポンサーなんて私が小さい頃には思いつかなかった。。。子供の夢を聞くのって本当に楽しいしわくわくしました。今回の会について何が行われるのか全く分からなかったのですが、私は泣くのを覚悟でハンカチを用意して行きました。泣く想像までついていました笑もちろん泣いていた方も居たし、、でも娘が全部笑顔でキラキラしていたので、涙が出ませんでした。子供達の純粋な気持ちや個性をすくすく延ばせる様に大人がしっかりせねばばらん!と10歳を実感して決意を固めた感じです。気が引き締まったというか、泣いている場合じゃないというかこれから!かーちゃん頑張るで!そんな感じです。20歳まであと半分。一緒に成長させてもらえるんだと思うと本当にありがとうしかないです。私の夢は娘が大人になっても笑顔の愛嬌のある女の人になる事。その後、その夢が終わったら、自分の夢はまた決めようと思います。

  • 10Feb
    • 私の母です。

      母は保母さんでした。仕事人間で30代で園長先生をやっていたそうです。保育園の子供達がより良く過ごせる様に休みの日に保育園の庭に花の苗を植える人でした。園児にミッキーマウスとミニーマウスを着せ、お散歩に出かけ、地域のおばあちゃんを喜ばせたりしていたそうです。母は私に全く仕事の話はしないので、知りませんでしたが、母の事が大好きな父に「お母さんは素晴らしいんだぞ」と長々話をされました笑運動会や行事の度に変装をして、会場ごとその変装に合わせて作り込んでいたそうです。家に帰るとピカチュウだったり、ミツバチハッチだったり、ミニーだったり、それが当たり前でしたが、今思うと超マニアックなコスプレーヤーです。でも何故か、テレビの上に母のミニー姿の写真が飾ってあって、久しぶりに帰った時に私がそれを見ていたら、父が「我が家の可愛いミニーです」と言ってきた時にはちょっと引きました。笑公務員なので、経費はあまりなく、母が楽しませたいと思う事は経費ではまかなえず、全て自費だったと聞きました。そんな母に言われた事があって、家族で暮らせる分だけでいいから、相応より高い値段にするのはやめなさい。必ず心が疲れるから。実はしそみるくの値段も高いと言われていました。笑結局家族の言葉が1番ずしっとくる。絶妙な角度の母です⬇️

    • キッチンカーの存在

      お店での値段を変えない為に大事な事はやっぱりキッチンカーも大切にして行く事。キッチンカーも運営している日はお店はお休みなので、お客様がいつ開いてるか分からないとなるのは良くないなと、自分達のお休みは7、8月で3日くらいで頑張ってみました。結局、、、いつ開いているかわからないとの声は変わらず、試み失敗。そして自分達も休んでいない空っぽの身体だけが残りました。笑もともとお店は仕込み場の予定だったので、お店は自由に楽しいものを作って、気軽に来れる様になるべく値段は安くしたい。それを1番に考えるとキッチンカーもきちんと運営して頑張りたいしキッチンカーをやっているお店。家族だけでやっているお店。ときちんと理解してもらう努力が必要なんだと思いました。キッチンカーを始めてもうすぐ3年になります。最近キッチンカーは手軽に始められるなんて言われていますが、辞めるキッチンカーも多いのが現実です。そんな中、私達は場所にも恵まれ、主催の方にも、周りのキッチンカーさんにも恵まれて今があります。自分達が来る事を待ってくれているお客様がいて、場所があるって幸せな事です。お店が出来てから、キッチンカーから応援してくれていた方お会いした時に、「お店が出来たから、もうキッチンカーでは来てくれないと思ったから嬉しい」と言われ、キッチンカーとのバランスをきちんと取らないといけないと思いました。かき氷屋さんでも、いろんなかき氷屋さんがいて、私達はやっぱりキッチンカーから始めたかき氷屋さん。イベントに行ったら、お祭りに行ったら、居たかき氷屋さん。お店が出来て、みなさんが見てくれる様になった事も自覚しながら、味の構築の勉強をする事。でも始まりがキッチンカーなんだから、かき氷を何年もやってるお店よりいい訳がないんだから、面白いおじさんとおばさんでしかない自分達を忘れず精進する事。努力する事。それしかない。

    • かき氷の値段の話

      かき氷をお休みをする事にした理由の一つにかき氷の値段の見直しをしたいと言うのもありました。私の(助手)実家は宮城県石巻市で昔は今よりもっともっと何もなくて、原っぱであそんだり秘密基地を作ってあそんだりしていました。両親が忙しくて小さな頃からおばあちゃん子だったので、おじいちゃん、おばあちゃんとほぼ一緒に居ました。おじいちゃんがチャボを飼っていて朝に卵を取りに行ったり、チャボ以外にも喧嘩鳥と言って、喧嘩をさせる用のこわーいにわ鳥がいたり・・おばあちゃんは漬け物石を足に落として家族で心配したり・・まわりくどく話してしまいましたが、田舎育ちです。笑そんな中でも小学生の頃に私達の中で行っては行けないような特別な場所がありました。運動会とか、なにか催しものがある時にリヤカーでお菓子を売りに来るおじさんの本拠地です。通称【山の店】山の上にあるから勝手にそんな名前になっていた気がします。家からは学区外だから、本当は小学校では行ってはいけない場所で、だからこそ行くのが私達の中で、ステイタスな場所でした。結構急な坂道を自転車で立ちこぎで、何故か急いで行きます笑(急いでチャリンコをこぐ事を私達はマッチャリと言います。=マッハでこぐチャリンコ)そこには沢山のお菓子とアイスと古いゲーム機。悪い事をしている気分をアクセントでくれる、そんな場所笑通いたくなる場所でした。私の中ではかき氷は子供の時に初めて食べて感動したもので、どうしても田舎を思い出してしまうんです。子供が来て買えるかき氷でありたいというのが助手の気持ちです。かき氷屋さんとしてはまだまだ未熟だから、子供にだって付加価値をつけないと行けない。「おねーさんお茶くれる?」そんな少しステイタスになれる悪ぶれる付加価値だっていい。私は子供の頃から家族の愛情に恵まれて生きて来たからなのか、、子供の頃が相当楽しかったのか、鮮明に記憶があるので、お店に来てくれたお子様には思い出になるお店になりたいです。夏が終わり夫に相談しました。「私、定番はこのままで1000円は超えたくない。超えないかき氷をつくろうよ」作り手からすると手間だってあるだろうし、なんて答えるだろうと思っていましたが。「そーだね。もともと500円だもんね笑」いやいや、もともと1番はじめは400円だったぞ。笑こんなかき氷屋さんがあったらだめだろうか。みんな違ってみんないい。うーん。世の中って難しいもんだ。byかなこみすゞ

  • 27Jan
    • 携帯電話を紛失しましたby助手

      最近娘の携帯が落として画面がめちゃめちゃに・・・。店主の携帯も落として画面がめちゃめちゃに・・・。そして私の携帯は、紛失・・・。家から駅までの間になくなり、4日が過ぎました。もうここまで来ると、ホラーです。笑(ただの落としやすい家族です笑)警察に届を出し、携帯を使えないように止めました。が・・・なかなか出て来ません。写真どうしようかな・・・とか、友達の連絡どうしようとか・・焦っていたのですが、紛失から2日経ったら、意外とあきらめが早く、携帯のない生活を楽しんでみようとなりました。笑機種変更するつもりだったし・・。携帯のない毎日は、電車に乗っても、車に乗っても、歩いていても景色しか見ないので、新しい発見が沢山あります。こんなところに木があったっけ。みたいな。携帯の中は、情報は沢山詰まっていて、色んな人とつながれるし便利だけど季節とか感じたりなんかそーゆーの足りなかったなと色々気がつけました。まだ見つからないので、次の休みまで携帯のない生活になれてから、機種変更しよう。格安携帯に変えようかな。前の仕事で電車通勤だった頃、携帯を見ない様に本を読んだりしてた事も思い出した。ポジティブに・・・笑

  • 22Jan
    • 娘の名言集③

      娘「ママ、ライモンに行きたい」ライモン雷門雷門に行きたくなった理由は謎です。笑娘「はらこ爆弾って怖いよね」はらこ原子爆弾娘は(よく言えば)おっちょこちょい。悪く言えばおばかさん。でも本当に優しくて、私達のお店が出来た時、とっても小さなお店だけどねなんて私が言っていたら、娘「小さなお店だって、自分達のお店が出来るなんて素敵な事だよゆうさ応援するからね」と言ってビラを配る手伝いをしてくれました。私の中では一生残る名言です。

  • 21Jan
    • 浜町マルシェに出店 2020/1/20

      浜町マルシェに出店しました。出店の様子このマルシェは、スイーツのキッチンカーが急遽出られなくなったとお知り合いからご連絡頂き、出店する事になった場所です。はじめは道路に面した場所だし、お客様がくるんだろうか、クレープは売れるんだろうかと不安でした。でもお客様がとても優しい方ばかりで、お子様も多く、主催の方も面白くて、私達が楽しく接客出来る場所でした。主催の脇坂さんと佐藤さん気がついたら去年より倍くらい売れていて、ほとんどリピーターさん。この日は完売しました自分達が楽しいが1番。売上や商売を考える事に向いていないから、楽しい事に向かってやってきました。尊敬できる主催の人と知り合いになれて、周りの出店の方もいい方ばかりで楽しく仕事が出来ます。そうするとお客さんも来てくれる様になる。そんな日にネットで前澤さんの記事を発見(携帯 ネットサーフィンより笑)なんだか勇気が出ました笑私は宇宙に行きたい訳じゃないし、娘が立派に育ってくれればいいから、できる気がした👈単純・・。2月から看板も綺麗にして、キッチンカーも立て直し脇坂さんの本

  • 15Jan
    • 2月からお店はクレープ屋さんになります。

      今月の31日で一旦かき氷をお休みし、2月からクレープ屋さんになります。元々キッチンカーでかき氷屋さんを始め、冬場はクレープを2年以上販売して来ました。子供達になるべく安全で身体にいいかき氷を食べさせたい。そんな気持ちで始めた車のお店です。ほぼ土日で活動する中で、仕込み場所を借りて運営するには難しいくらいの量を販売するようになり、仕込み場所兼お店として、出来る範囲のお店を出そう。お客様は徐々に来てもらえる様に努力して、土日の仕込みをしながらゆっくり運営しよう。そんな気持ちで【fuwariの秘密基地】をOPENさせました。最近SNSを見て当店を知った方は、キッチンカーから始めたお店だと初めて知った方もいるかもしれません。夏から沢山の方にお越し頂き、毎日あっという間に過ぎる日々を過ごさせて頂きました。かき氷屋さんとしてみなさんに知って頂く中で、キッチンカーの私達、クレープ屋さんの私達、日々やりたかった事、娘との時間。色んな事がオーバーして行きました。作る店主も、考える私も、それを支える娘も。もともと(前のブログでも少し書きましたが)生活の質、家族との時間、お金の使い方の向上、それを目指して始めたキッチンカーです。家族の時間を一番に考え、夏にきちんとお客様に対応出来なかった部分。お店の見直し。キッチンカーの見直し。やりたかったグッズの販売。出会って来た方とのコラボの事業。きちんと考えなければ行けない事が沢山あります。そして・・・思ったより沢山お客様が来てくれたんだからこのまま回転率を考えたり・・・商品を考えたり・・・結果・・・向いていない事にも気がつきました。向いてないって・・・そう思う方も居るかもしれません。長い目で見ても中途半端に運営しない事。きちんと計画を立てる事。そしてお店も大切だけれど、今まで応援してくれた方の場所へキッチンカーで行く事も大切だと思い決めました。色んな場所に行って、色んな人に会う。イベントの脇役の私達。私達自身、脇役に最適な奴らだと思っています。笑夏はかき氷。冬はクレープ。キッチンカーもやっている。ご近所の方のクレープが少しずつ増えて来た中で、きちんと覚えてもらうには1年経つ前にしよう。と判断しました。冬のかき氷も楽しみにして下さった方達には本当に申し訳ない気持ちで一杯です。きちんと自分達の気持ちを書いてお知らせしようと思いました。2月からクレープになりますが、ご近所のお子様がワイワイしたり、ゆっくりお話しに来てくれる人がいたり、いいお店作りが出来たらいいなと思っています。これからも宜しくお願い致します。

  • 14Jan
    • ジョンレノンの映画とスティーブジョブズの言葉

      久しぶりに映画を見ました。ニューヨークにいた頃のジョンレノンのドキュメンタリー映画です。驚いた事は、ジョンレノンが子供が産まれて、父親になった事を大事にし、育児に熱中した事でした。子供と遊ぶ姿。嬉しそうな顔。私が思っていたジョンレノンとは少し違いました。でも、素敵だと思ったし、もっともっと好きになりました。この映画を見る前に足のマッサージの先生とスティーブジョブズの話になってジョブズが病気になって死ぬ前にお金では買えない大切な家族との時間を大事にするべきだったと後悔したと聞いていました。偉大な人が思う事、感じる大切な事って意外にもそばにいる人との時間なんだなと思いました。(この2人は生きてる間には正反対だったと思いますが。。)家族の時間・・・私達は、フィンランドに旅行をしてびっくりして感化されてキッチンカーを始めました。お店が早く閉まってみんな家にすぐ帰る事。日本みたいにのびた君のお母さんみたいに怒る人がいない事。パパが家族の時間を大切にしている事。なんだかのんびりゆったりしている人たち。日本との違いはなんだろう。と考えると、フィンランドは子供の学校が無償な事も理由にあると思いました。日本よりも税金は倍くらい高いけれど、きちんとお金が子供の為に使われているんだなと思う。パパの気持ちも楽になるし、パパが楽になれば優しくなれる。働く事に意義がある!男として!みたいな気質だと無理かもしれないけれど、そんな時代でもないと私は思っています。日本人なので、それをうらやんでも何にもならないけれど、【家族中心の生活時間を大切にした働き方がしたい】それがキッチンカーの始まりです。娘が小学校にあがり、学童でお友達と喧嘩したりで呼ばれたり・・小学校の方が行事やPTAの係があって大変なんだなと気付き、平日に娘を待っていられるお母さんになりたかった。土日にキッチンカーで頑張って平日はなるべく働かない。娘の行事に参加する。主人の性格を見て、自営業がいいんじゃないか?って気持ちもあったけど、私のモチベーションは、確実に娘でした。そして、日本人って働き過ぎで、家族の時間がなさすぎだと思う。実際2年やってみて、友達とも週に1、2度会ったりはしたけれど、平日に家にいる時間があると働いているときより交際費がかからない事が分かった。お昼も家で食べるし、どんどん主人の料理の腕が上がり、働いているときより貯金が出来た。こればかりはやってみなきゃ分からなかった。4人しかお客さんがいない日々から、お店を出すまでの経緯はお金で買えるもの、得るものの価値がすごく低く思えたいい時間だったと思います。お店でかき氷をお休みにする理由として、家族の時間の再構築が1番です。思ったより忙しくなって、娘との時間がなくなって来た事。今しかない娘との時間を大切にしたい。その為の長い目で見たお休みになります。いい時期に映画を見たし、後悔する前にそれに気がついた

  • 13Jan
    • 2020/1/12 太陽のマルシェに出店

      新年初の太陽のマルシェでした。まずは娘と掃除。少しだけお手伝いもしてくれる様になりました。⬇️⬇️⬇️キッチンカーを始めて、このマルシェに出店してから、色んな事が変わりました。イベントは売る為に何が出来るかを考えるのが得意な人が多いイメージだったけど、マルシェは自分の作ったこだわりのあるものをみんなに食べてもらいたい気持ちが1番な人が多い。もちろん売れる売れないは大切で、みんなその努力はしてるけれど、不器用な人が多いと思う。(ごめんなさい。笑)不器用なうちの店主の事を理解してくれる人が多くて、この場所のみんなに本当に感謝しています。私もメールしたり、キッチンカーの悩みを話せたりする人が出来たし、ずーっと大切にしたい場所、人達です。キッチンカーのみんな⬇️⬇️⬇️そしてここでは生産者の方とも沢山知り合えました。主催の方が選考しているだけあって、みんな美味しい果物や野菜を作っています。「なかなか広め方が分からないから、沢山使って欲しいんだ」と八朔を仕入れさせてくれる事になった川口さん。⬇️⬇️⬇️みんな毎日ひたむきに果物や野菜などを作っている。どこどこのなんのブランドだとか、そんなので果物を食べなくなった。あの農家さんが作った今ここにあるこの果物。すごく素敵なブランドです。かき氷に合うかを含め、実際に食べて、仕入れさせてもらっています。生産者さんが「お砂糖なんていらないよ、他のと違うよ」と言って、作り方を聞いて、そりゃ違うわと思うの繰り返し。なので、お店での限定品はなるべくお砂糖は使わず仕立てて来ました。本当にその気持ちだけで動いて来ました。作り手の農家さん。作り手の店主。お互いにみんなが優しく理解してくれるから、店主も元気になる場所です。今年もキッチンカーもきちんと丁寧に頑張ろうねと引き締まった新年の初出店でした。

  • 08Dec
    • 娘の個人面談

      先日娘の個人面談でした。娘の学校での様子を聞きに行きました。先生の第一声「勉強が大すきで、意欲があって、熱心にやっています。」私の心【えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!】「めんどくさいめんどくさい」しか言わない娘が。。。本当だろうか。。モンスターペアレントとか、先生も主張を言いづらい時代に気を使っているのだろうか。素直に信用出来ない自分が嫌になりますが。。。でもとりあえず、私「そうですか。なら良かったです」と言いいました。と言っていました。笑その日の家の娘。「サンタさんがいないって言う男子がいてさ。」「そんなわけねーだろ、信じないと来ないんだぞって言ってやった」まず口が悪い。でも自己主張が出来るのはいいことだぞ。やっぱり疑問は残りましたが、先生がとても褒めていたよ、と伝えました。娘は4年生。来年から5年生で高学年の仲間入りです。お店だの何だの色々あるけれど、私の一番の中心は娘で、娘との時間を作るべく、いいお店作りを考えています。なんでもかんでも自分のまねをしてしまう子供。見なくていい背中も見る子供。すぐ機嫌が悪くなる子供。ブラムリーくらい大変だ。大変だから儚くて楽しい。うまくまとまってないけれど、とにかく子育ては楽しい「ママ!見て!なでしこジャパン!!⬇️キッチンカー出店時のイルミネーション⬇️

    • 英国の果物ブラムリー

      ブラムリーとの出会いはいつも来て下さるお客様にブラムリーを頂いた事から始まりました。ブラムリーは英国の果物【青リンゴ】で、クッキングアップルと呼ばれ、リンゴンベリー同様、酸味があり、お肉などの料理に相性のいい果物です。初めて食べた日、「美味しーーーい酸っぱい」甘くて蜜入りが美味しいと思っていた私にとって酸っぱいのに美味しい、うまい果物は初めてで、衝撃でした。気になって気になって色々調べていたら、【ブラムリーファンクラブ】というファンクラブまであって・・・。一般的に知られていない果物にファンクラブがある・・・。絶対何か魅惑の魅力があるはずだ・・と思い、その魅力について勉強(研究)していく事にしました。ブラムリーは色々試してみると、熱に弱く、溶けて、儚い果物です。お砂糖の加減で味はすごく変わり。合わせるものでも変わります。その変化がとても楽しく前回やっとベースに合わせるものが分かった時には研究しすぎて少ししか販売出来なかったので、今期2度目のお取り寄せをしました。(それくらい難しい果物なんです。)私達に教えて下さったお客様がとても好きな果物だった事。もちろんその気持ちに答えたいから始まった研究でしたが、気がつくと、自分が好きになっていて、実は最近、酸味がないりんごに出会うと、「君は酸味がないタイプね」なんてりんごを評価している自分がおります。笑甘く変化した時。酸味があるまま。他のりんごと合わせた時。変化しても、全て美味しいし、楽しい。ブラムリーは熱ですぐ溶けて儚いです。儚いものってすごく魅力的で、魅了されます。ブラムリーはお肉と合わせたり、料理と合わせた方が正直、味が引き立ち美味しいと思っています。豚肉にくせのあるチーズに酸味を残したブラムリーソース。想像しただけで美味しそうです。でも、かき氷のファンが多い理由に氷が溶けてしまう儚さがあるとしたら、すごくブラムリーと合うものだと思ったんです。儚い繋がり。私は、食べた感覚だけじゃなく繋がるイメージで食べることも素敵だと思っていて、だからこそ探究心をかき立てられています。素敵なお客様との出会いからの果物。リンゴンベリー&ブラムリー私達の仕切り直しにぴったりだと思っています。ちなみにりんごの研究はまだまだ続いています。笑あー楽しい

  • 07Dec
    • 北欧の木の実リンゴンベリー

      11/15日までmaikaさんからお借りした北欧の食器を少し置いて、北欧の木の実【リンゴンベリー】を使ったかき氷とクレープをお出ししています。openした夏からフィンランド人のお客様が何回かご来店してくれ、日本に来るたびに来てくれる様になりました。11月に来店して下さった時に、北欧にちなんだメニューをやりたくて・・と話したら【ほうれん草のクレープ】のレシピを書いてくれました。そして、リンゴンベリーの話もし、【リンゴンベリーのジャム】やミックスベリーで作る【女王様のジャム】を教えてくれました。夏に初めて来てくれて、忙しくなっても待ってくれたり1度来て混んでいて帰ってしまったり、今冬になってもこうやって来てくれた事が本当に本当に嬉しかったです。私は気持ちでしかなかなか動けないタイプで・・・なのでこんなに嬉しい気持ちをもらったら沢山勉強しちゃうし、色々やってみたくなります。笑リンゴンベリーが届き、シロップにしたり、少しジャムにしてみたり・・色々やってみたけれどその方が教えてくれた様に生リンゴンベリーにお砂糖を絡めるだけで落ち着きました。リンゴンベリーはジャムにしてお肉やミートボールにつけて食べるのが主流。少し香りがあったので、香りのある杏仁に合わせてかき氷に。ほうれん草生地のクレープにジャム。全く味が違う。。。面白い。。。他の国のやった事のない料理。組み合わせ。好きな事をやってみて、どんなお客様が来てくれるか。そもそもやっていけるのか?笑でも店主は楽しそうでした。色々考えて、何時間も作って、商売にはならない事もあるけど、お金には幸せを見いだしていなくて。ただただ忙しい。そんな夏がありました。嬉しい事なんだけれど、考え方は人それぞれ。自分のものさしだけではかれない事もあって。変わったものや自分にしか作れなかったもので喜んでもらえたらそれで良さそうな気がします。そんな変な人もいるんです。(私も知らなかったけど笑)ゆったりした時間に作れたものが価値のあるものかもしれないし、一旦仕切り直し。フィンランド人の方に出会えた事に感謝しながら、なんだか気持ちのいい仕切り直しです。【英国の果物ブラムリー】に続く・・・・

  • 28Nov
    • かき氷屋さんになって思った事②

      かき氷屋さんになってかき氷のお店を始めて1番思った事は・・他のかき氷屋さんがすごい事。今はクリームも乗せちゃうし綺麗だし美味しい。さてどーする??うちのかき氷どーする?私達はそんな事をずっとずっと考えながら冬になりました。店主はもともと作るのがすきで、作り始めは悩んでも、要領をつかんだ途端急成長し、びっくりするものを作る人です。料理に限らずなんでも。ラッピングは特に上手です笑料理も実ははじめは焼きそばを焦がすくらい出来なくて、やり続けたらすごく美味しいものをどんどん作る様になって・・。そんな人です。かき氷もだんだんそんな風に調子をつかめてきたのかな?と思っています。つかめてきたかな?と思うのも、今お出ししている【杏仁みかん】のみかんは6時間くらいかけて作っています。笑手間ひまがどーより、作る事がすきだからそうなってしまうようです。こんなんじゃ少ししか作れないし、商売という目線から見たらダメな店ですが・・・。家でめんどくさくて作らないものや、食べた事のないものを私は食べたいし、お金を払ってもらう価値を沢山考えなきゃと思いました。そして自分達が食べたいもの。作ってみたいもの。まだまだ修行。きっとずーっと修行。そして、小さい子供も学生さんもみんなが来られるお店でいたいので、価格もお店はこのままで頑張って行きたい。高いお店は何回も行けないけれど、安いお店は何回もかき氷好きな方じゃなくても来れるはず。「こんちはー。」「ひさしぶりっす。」今来てくれている学生の常連さんがかき氷好きな方が、ご近所の方が来やすい店作りにしたいと決めました。契約3年。次の更新までこのままでとりあえず進むぞーーーーーーー!!

  • 27Nov
    • かき氷屋さんになって思った事①

      私達にとって始めての飲食業。かき氷屋さんになって思った事。SNSの文化がこんなに強く怖いんだなと思いました。かき氷屋さんの先輩はみんな私達に優しいのに、なんでかき氷屋さんって色々書かれるんだろう・・。率直な気持ちです。アパレルの販売とはわけが違う。顔が見えない文化って色々書く人もいて、怖いなと思った。本当に正直な気持ちを書くと、私には出来ないなと思う。私は、書くなら、店員さんにもきちんとそれを告げたいと思っていて、聞かないと分からない事も沢山あるし、自分は作り手じゃないから、きちんと聞いて考えたい。なので、料理を食べに行くと気になったら聞くタイプです。笑「これって後味苦いのなんでですか?」みたいな。笑批評をしたいわけじゃなくて、食べるのが好きだから気になるんです。いつも来て下さるお客様が、「ちゃんと書きたいと思うんだけどお店にいる時に言えなかったのに書くなんてと思って」とメールを下さった事があって、私はすごく嬉しかったです。1番嬉しかった理由は、価値観が同じで嬉しかった。私も何故お店の人に話すかと言うと言わないで書くのには少し卑怯な気がするからで、同じ気持ちをもつ人がいないんじゃないかとなんだか諦めていたから嬉しかった。でも、話せない人はどーするんだ。とも思うので、話せるお店作りをして行きたいなと思っています。その点、私達のお店に関しては、お客様同士が話して下さったり、常連の方が初めてのお客様に説明をして下さったり、話せる環境をみなさんに作って頂いてる気がします。あとは忙しい時に台帳なのか。。予約なのか。。ちゃんとしたシステムを作らなくては。。。先日友達との約束で待ちぼうけしてて、1人でカフェに入りモンブランを頼む事にしました。「すみませんモンブランがなくて・・」と店員さんに言われ、栗あんみつを頼みました。隣のセレブな奥様達が高級そうなティーを優雅にされているお店でこれ?みたいな栗の小さなあんみつだった。高いなーと思ったんですがパッと顔をあげたら、綺麗な絵が目の前にあって英雄ポロネーズが爆音で流れていて・・。許せてしまった。笑むしろなんだか満足してしまった。しかもこの満足感も値段に入っているのかも?と思ってしまった。英雄ポロネーズが大すきだからです。笑そして今から大好きな友達と遊ぶから。お店での満足感も人それぞれ。人にはその時のテンションがあってSNSの文化も仕方ないとして、目の前のお店を、目の前にいるお客様を大事に考える方法を考えていいお店作りをする事だと思った。その時のテンションを出さない大人である事が素敵な人だとしたら、私達もそうしないと。お客様も同じ価値観の人がきっと集まってくれるんだろうと思う。だって周りにいる友達もこの歳になると同じ価値観の人しかいないじゃん。。。みたいな軽い感じで楽しい店にしたい。

  • 22Nov
    • 娘の名言集②

      来月はクリスマス🎅🎄🤶サンタさんの話を毎日する娘からの言葉がとても可愛かったので、親ばか記録として残します。サンタさんが来る25日が修業式だと気がついた娘👇「ママ、サンタさんの日が学校だから、学校休みたいんだけど。。。」サンタさんにスイッチを頼んでいて、ふと思った娘👇「サンタさんにコーラとお菓子を上げることにしたんだ。今まであげたことないし、スイッチなんて高いし。サンタさん、いい加減怒るかもしれない、、。」なんでコーラとお菓子なのかと聞くと、コーラのCMでサンタさんが出てくるみたいで、コーラを飲んでいたかららしい・・。スイッチって3万もする高価なもので、ソフトも合わせたら4万しないくらい。。。「サンタさん困るんじゃない?」とか・・・「ピアノ毎日練習しないとサンタさんくれないんじゃない?嫌な事を頑張ったらくれるんじゃない?」と嫌な事を頑張ったら・・的な考え方が嫌いなくせに急に言い出した私。笑(本当にダメだな・・・)娘は毎日ピアノを弾き、サンタさんをねぎらう言葉まで。うーん。届くでしょうね・・・笑

  • 14Nov
    • fuwariの名前の由来

      fuwariという名前は、実は正直あまり考えずにつけました。キッチンカーの屋号を考える前に、(キッチンカーをやる事すら急に決めたもんだから)、やらなきゃ行けないことが予想外に沢山あって、店の名前を後回しにしていました。屋号って、大切だし、簡単に決めれないし、、ちゃんとゆっくり考えよう、、そんな感じです。キッチンカーには、営業許可書が必要で、出店したい場所の都道府県ごとに取ります。その書類に屋号が必要で、、、急遽後回しに出来なくなりました。笑私「色んな所に現れて、子供にカキ氷を食べさせたいし、自由がいいし、フワリと現れる!フワリと自由!とりあえずフワリって書いておこう」主人「そうだね、後からかえてもいいしね!」それから今度は、後から変えるのを後回し。屋号なんて簡単に決められないし、、またまたそんな感じで。。。出店が決まりだし、主催の方から「フワリさん!フワリの柴田さん!」と呼ばれる様になり、本当にフワリでいいのか?と何度か話してはいたのですが、日々過ごすうちに、変えられる状況じゃないくらい、【フワリさん】になっていました。笑主人「でもさ、なんだか愛着湧いてきたよね」この時点で、フワリに決定したと思います。ただ、フワリなのか、fuwariなのか、FUWARIなのか、字体を考えた結果、主人がfuwariが気に入っていて小文字になりました。私達のお店でカキ氷を食べ、Instagramで投稿して下さった方の中に、「名前の通り、フワフワでした」と書いてくださる方がいて、密かに胸を痛めていました。本当にごめんなさい。フワフワのフワリではありませんでした。でも、フワフワから、フワリを連想して下さった事に嬉しく癒されておりました。そして、そろそろフワフワのフワリを目指さなきゃ行けないぞと、今更ながら、2人で話しております。私達は、本当にふざけた夫婦です。でも、大人になったら、ふざけないと行けないとも思っております。笑今後とも宜しくお願いします。やっと書くことが出来て良かった。。。決めてから考える。とりあえず動く。今の時代は行動しないと!なんて私は言っていたけれど、、、今考えるとめちゃくちゃ怖いです笑

  • 12Nov
    • 散歩がてらフレンチランチ

      キッチンカーの駐車場が家から徒歩40分くらいの所にあって・・・笑なぜかって、駐車場が駅近だと高いからです。笑キッチンカーを始めて、最初は不安定だから、安いところで頑張るよ。と主人が言って、2年。頑張りました家から駐車場までの道にあるフレンチレストラン。昼間からいつも満席で気になっていました駐車場もやっと今年から家の近くにした記念に久々にランチまずはかぼちゃのスープ🎃濃厚な舌触りなのに、甘すぎずタイプでしたメインそしてデザートコーヒーがついて¥2200ふと2人で話し合う。ここのオーナーさんはミシュランで星をとった方。私達は脱サラしたかき氷やさん。かき氷は今値段が高いけれど、他のお店みたいに経験があるわけじゃないし、限定品もなるべく安く食べてもらおう。美味しいものを食べて、久々にゆっくりしたら、なんだかそんな話になりました。楽しく話したお客様が長く来て下さる様に。負担にならない様に。またすぐ会える、来やすい値段。人と人だから、味もあるけれど気持ちが本当に大事な気がしています。色んなお店があっていいし、流されず、自分達をきちんとわきまえて、丁寧に頑張ろう。2人で決めました。とっても晴れて気持ちがいい日に出た言葉はきっと間違いない。笑結局天気まかせなうちら。

  • 06Nov
    • ロータスガーデンマルシェin埼玉 2019 11 4

      久しぶりにキッチンカーの出店記録埼玉の三郷にある高応寺で開催されたロータスガーデンマルシェに出店しました。娘もお手伝い⬇️新宿のロータスマルシェで出店の時に住職さんがお声がけ下さり2度目の出店です夏に出店させて頂いた時、境内で蛍が見れる様になっていて、とても綺麗でした。家族で見させてもらい、ステキな思い出になったので、もちろん今回も出店させて頂く事にしました。小さな場所なのに、ご近所の方に愛されてるこのお寺。1000人以上きたんじゃかいかな。。クレープもあっと言う間にかんばいしましたパン屋さんや、野菜、コーヒー、カレー🍛。音楽もあって、ワークショップも。このお寺の住職さんは、女性で、美人人柄がとても現れているイベントで、皆さん優しくて、本当に楽しかったです✨また開催されたら、是非来たいです

topbanner