大人の友情

テーマ:

こんばんは

 

今日は梅雨独特の湿気に襲われ思わず除湿機能を使ってしまうという一日となりました

 

皆さんはいかがお過ごしでしたか?

 

fuw-wa(ふ~わ)です音符

いきなりですが今日は映画のお話です

 

『ショーシャンクの空に』 (1995)

ショーシャンク刑務所の中での日々が描かれている。世代を超えて仲間として20年もの年月を共にした受刑者たち。その末路には大人の男の友情があった。途中少し辛すぎる場面もあったが、最後は圧巻であった。大人になると友情を育むことが難しいと思っていたが、実体験としてそれは可能であることを知ったからこそ、この作品の言わんとする事がストンと心に落ちた。時を置かずまた見てしまうだろう。

 

物語の中でティム・ロビンス演じる【アンディ】がこんなことを言う

 

心の豊かさを失ってはいけない

人の心は石で出来てる訳じゃない

人の心には誰にも奪えないものがある

 

そんなアンディにモーガン・フリーマン演じる【レッド】が問う

 

それは何だ?

 

アンディが迷わず答える

 

『希望だ!』

 

レッドも迷わず返す

 

「希望は危険だ、捨てろ」

 

 

 

私は希望は必要だと感じた

 

希望がほんの少しでもあったから今がある

 

そしてそれはそのまま未来へと続くと信じて疑わない

 

今も希望が私の心の中心にある

 

だから私は前を向いて進み続ける事が出来ている

 

ほんの少しでもいい

 

僅かでも良い

 

少しずつ少しずつ

 

ゆっくりでも進めていれば上出来だ

 

同じように感じている人と友でありたいと思う

 

今日はこの辺りで失礼いたします

 

今宵も皆さま素敵な夜をお過ごしくださいませ

 

Etre bien dans sa peau ~自分らしく、あるがままに~

どくしゃになってね…