西郷どん

テーマ:

こんばんは

 

今日は暑さを感じる一日となりました

 

皆さんはいかがお過ごしでしたか?

 

fuw-wa(ふ~わ)です音符

今日はゆったりとした時間を過ごしていました

 

明日からエンジン全開で活動の予定です

 

今『西郷どん』を観ていました

 

徳之島に島流しされた西郷吉之助の元に現れたのは

 

奄美大島に残してきた愛妻・愛加那と愛息・菊次郎、そして1ヶ月前に生まれたばかりの愛娘だった

 

愛娘に菊草と名付けることも出来、島流しの間だけ一緒にいることを約束し

 

家族で穏やかに暮らし始めて5日が経ったある日

 

突然、藩からの命令で再度島流しに

 

家族との5日間の思い出だけを胸に向かったのは「沖永良部島」

 

そこでは野ざらしの牢屋に入れられるという過酷なものであった

 

仲間からの書に「盟友・大久保」の裏切りを訴えられるも

 

西郷は一心に「友を信じる」と言い

 

藩の命令のままを受け入れ、食事も摂らず座禅を組んで瞑想を続けた

 

肉体の衰えと共に意識も朦朧とする中

 

「ここまでか、友よ済まぬ、妻や子よ済まぬ」

 

そんな言葉が心に過った時に聴こえてきた言葉が

 

 

守らにゃならんもんがある

 

お前にしか出来ん事ぞ

 

生きろ

 

生きろ

 

生きろ

 

 

何故か私の心に響き

 

咄嗟に走り書きを残していました

 

きっと何かのメッセージなのでしょう

 

私にとってかもしれませんが

 

これを読んで下さっているあなたかもしれません

それでは今日はこの辺りで失礼いたします

 

今宵も皆さま素敵な夜をお過ごしくださいませ

 

Etre bien dans sa peau ~自分らしく、あるがままに~

どくしゃになってね…