小説のお話

テーマ:

こんばんは

 

今日は気持ちの良い一日となりました

 

皆さんはいかがお過ごしでしたか?

 

fuw-wa(ふ~わ)です音符

今日はお薬に助けてはもらいましたが

 

気持ちの良い朝を迎える事が出来ました

 

お洗濯をしてスッキリ

 

今日までと決めていたゲームを楽しみ

 

夕方近くになってまたお昼寝

 

起きてから母とのおしゃべりを堪能し

 

お夕飯を食べて、今に至ります

 

これと言って何をしたという訳ではありませんが気分は上々

 

そこでやはり大好きな小説のお話をしたくなったので

 

お付き合い下さい

『蒼穹の昴』  浅田次郎著

 

中国清朝末期、西太后が君臨していた時代と言った方が解りやすいかもしれません。まさか自分が時代小説、しかも舞台は中国、世界史の範囲に入ります。そんな時代の物語にこんなにも夢中になるとは思ってもいませんでした。これは浅田氏の描き出す世界観に夢中になったのが一番の要因だと思われます。文庫本でいうと、この『蒼穹の昴』4巻に続いて『中原の虹』4巻『マンチュリアン・リポート』1巻と展開していきます。ファンタジー作家と言っても良いくらい、この作者は時間軸の移動がとても長けていて、魔法にかかったように様々な時代を渡り歩きます。この作品でも3つの時代を巧みに私たち読者を連れまわしその世界へといざないます。それが堪らなく心地良いのです。

 

 

 

私はこの作品との出逢いをきっかけに

 

中国の歴史小説にハマりました

 

『宮城谷昌光』という作家さんの存在を知ることとなったのでした

明日から新しい流れが来そうな気がしています

 

焦らず、気負わず過ごそうと思っています

 

それでは今日はこの辺りで失礼いたします

 

今宵も皆さま素敵な夜をお過ごしくださいませ

 

Etre bien dans sa peau(自分らしく、あるがままに)

どくしゃになってね…