日本での本格的な欽天四化の普及元年 | 紫微斗数は神様の黙示録

紫微斗数は神様の黙示録

芦屋占い処・占風鐸 代表の田中宏明と申します。
飛星派、欽天四化派の紫微斗数、また八字(台湾式四柱推命)などの教授や鑑定をさせて頂いています。
欽天四化派の紫微斗数はとてもシステマティックで、三世の因果がわかる〝佛学〟といわれています。


テーマ:
●日本での本格的な欽天四化の普及元年

きのうは、一日、気分がよい日でした(^^

早朝に、Amazonのカスタマーレビューを見ましたら、まことにご丁寧で光栄なご感想を拝見したからです。

レビューされた方は、「本家台灣に並ぶハイレベル本が日本語で読めるありがたさ」というタイトルで投稿された玄米栗ご飯19杯様という方です。

わたくしの孫弟子と書いておられます。

ですから、評価の高いレビューは当然・・・と考えておられる方も少なくないかも知れませんが、わたくしが申し上げたいことを代弁していただいているようでとても嬉しく思いました。


また、きのうは、わざわざ東京より鑑定に来られた方が、拙著の本を持参され、サインもさせていただきました。

紫微斗数を独学されている方ですが、わたくしのブログはかなり熱心に読んでおられたようで、鋭いご質問もいただきました。

その方もいずれ本格的に欽天四化紫微斗数を勉強したいとおっしゃっていましたが、「それはいいですね」と申し上げ、さらにわたくしは、いずれ欽天四化は四柱推命に取って替わるようになると申し上げました。

理由は、四柱推命には大きな欠陥があるからです。

流派によって、結果が大きく違ったり、正反対になることがあるからです。

これではこれから四柱推命を勉強したいという方に、太鼓判を押してお奨めすることはできません。

その点、欽天四化紫微斗数は、來因宮と生年A、B、C、Dと、そして離心力、向心力の根本的なみかたさえ間違わなければ、占者によって大きく結果が違ってくることはないからです。

難解で厳しい命術であるというのは、四柱推命も同じです。

同じなら、わたくしはこれから本格的に命術を学びたいという方には、欽天四化紫微斗数をお奨め申し上げます。


お陰様で、「欽天四化紫微斗数の世界」の200冊の増刷分も販売は好調のようです。

今月中に完売されるかも知れません。

今年が、日本での本格的な欽天四化の普及元年になるような気がしております。


きょうもお読みいただき、有り難うございました。

芦屋占い処・占風鐸 田中宏明


芦屋占い処・占風鐸
個人レッスンのご案内(東京でも受講可)

田中宏明へのお問い合せ

鑑定のご案内
 ★只今、2019年1月の鑑定ご依頼を受付中!
  ※2018年12月の鑑定ご予約受付は終了しました。深謝

※アメンバー申請はわたくしの生徒様のみ受け付けています。一般の方はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

田中宏明の「紫微斗数は神様の黙示録」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります