Amazonさんのカスタマーレビュー | 紫微斗数は神様の黙示録

紫微斗数は神様の黙示録

芦屋占い処・占風鐸 代表の田中宏明と申します。
飛星派、欽天四化派の紫微斗数、また八字(台湾式四柱推命)などの教授や鑑定をさせて頂いています。
欽天四化派の紫微斗数はとてもシステマティックで、三世の因果がわかる〝佛学〟といわれています。


テーマ:
●Amazonさんのカスタマーレビュー

本日、拙著「欽天四化紫微斗数の世界」に、Amazonさんのカスタマーレビューで、お二人の方から次のような投稿をいただきました。

アア様「まちがいなく難解ですね。これは師匠について習わないことには前には進めないですね。」

Amazon カスタマー様「実例が一杯紹介されているので分かりやすいですが、飛星派を学んでいないとかなり高度な内容になりますね。」



ご投稿、有り難うございます。

わたくしの生徒様には、ほとんどの方にわたくしより直接本をお送りしましたので、一般の方からのAmazonさんへのレビューを心待ちにしていました。

今回、出版させていただいた本は、申し訳ありませんが初心者向きに書いていません。

わたくしのこれまでのブログ記事を読まれて、ある程度ご理解できる方を対象に書かせていただきましたので、よろしくご了解のほどお願い致します。


さて、欽天四化紫微斗数は、四柱推命と同等かそれ以上に難しい命術だとわたくしも思っています。

しかし、多大な時間と労力を費やして習得するだけの価値ある命術であることも断言できます。

一枚の命盤に人間の一生の人生模様が隠されている、それをロジックを駆使し、想像力や探求心を働かせて解読していくプロセスの魅力、ワクワク感は体験した方しか分からないと思います。

偉そうなことを言って申し訳ありませんが、人間とは何と愚かで未完成なものであるということも痛いほど知ることができます。

同時に、このような人智を超えた素晴らしい命術を後世の愛好家に残してくれた先達の叡智に畏敬の念も覚えます。

少なくとも己事究明において、欽天四化に比肩するものはないと思っています。


その昔、秦の始皇帝が徐福を日本に使わして探し求めた十種の神宝(とくさのかんたから)は、「モノ」ではなく「教え」であったように、欽天四化紫微斗数もそれに匹敵する神理の教えのひとつであるように思っています。


きょうもお読みいただき、有り難うございました。

芦屋占い処・占風鐸 田中宏明


芦屋占い処・占風鐸
個人レッスンのご案内(東京でも受講可)

田中宏明へのお問い合せ

鑑定のご案内
 ★只今、2019年1月の鑑定ご依頼を受付中!
  ※2018年12月の鑑定ご予約受付は終了しました。深謝

※アメンバー申請はわたくしの生徒様のみ受け付けています。一般の方はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

田中宏明の「紫微斗数は神様の黙示録」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります