”脱・売れない師!独立系占い師のための集客・営業ワーキングノート”のブログを推薦します! | 紫微斗数は神様の黙示録

紫微斗数は神様の黙示録

芦屋占い処・占風鐸 代表の田中宏明と申します。
飛星派、欽天四化派の紫微斗数、また八字(台湾式四柱推命)などの教授や鑑定をさせて頂いています。
欽天四化派の紫微斗数はとてもシステマティックで、三世の因果がわかる〝佛学〟といわれています。


テーマ:
●”脱・売れない師!独立系占い師のための集客・営業ワーキングノート”のブログを推薦します!

下記のブログは、これから占い師を目指している方や現役の占い師の方にお役に立つ情報が満載です。

わたくしの生徒様もブログなどのSNSをされて、現役のプロの占い師として活躍されている方、あるいはこれから活躍したいという方は、是非、ご参考になさってください。





以下は、わたくしの見解です。

プロの占い師として活躍したいという方は、違う種類のふたつ以上の占術を学ばれるのがお奨めです。

たとえば、命術+卜術、命術+相術 などです。

できましたら、命術は必須?にされたほうがよいのでは思います。

理由は、広範なお客様のニーズに応えることができるからです。

わたくしの教室や個人レッスンでも、タロットなどの卜術を中心に鑑定をされていた方が、さらに鑑定の枠を広げるために紫微斗数や八字の命術を学ばれる方が結構おられます。

そして、何より命術は最高の人間学だと思っています。

いかなる人も、自分が生まれてきた目的や意味を知るためにも、命術を学ぶ価値は大いにあると思っています。


ところで、占いの業界は玉石混交です。

これは、個人事業主やアルバイト程度でされている方が大半なので、しっかりとしたマネジメント感覚を持ってされている方がほぼ皆無だからと言えます。

ですから、やり方次第で、成功できる余地は大いにあると思っています。

わたくしは、プロの占い師を目指している生徒様によく申し上げているのは、

「占術の勉強は必須で、それと同等かそれ以上に営業やマーケティングに費やす時間も大切ですよ・・・」


つまり、お客様に来ていただかないと仕事そのものが成り立たなくなるからです。

長年、ビジネスの世界に身を置いてきたわたくしは、いくらよい商品やサービスを持っていても、お客様にそれをどのようにして知っていただくかに、ものずこく苦労してきたからです。

そうした意味で、上記のリブログのサイト(ほかの記事も)はお役に立つと思います。


きょうもお読みいただき、有り難うございました。

芦屋占い処・占風鐸 代表 田中宏明


芦屋占い処・占風鐸

田中宏明の「紫微斗数は神様の黙示録」さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.