ターミネータを見てきました | ★★★ 人間観察 そして 恋愛 そして 小説も ★★★

★★★ 人間観察 そして 恋愛 そして 小説も ★★★

人間の本性は年と共に姿形に現れてきます。占いも、心理学も結局は同じ根元にたどりつきます。
心理の解明は研究すれば誰でも出来ます。
ご一緒に解明してみませんか


テーマ:

2029年、ロサンゼルス。人類抵抗軍は敵である機械軍の中枢にとどめを刺そうとしていた。

1997年の“審判の日”に機械軍が放った核ミサイルで30億人もの命が失われて以来、長く苦しかった反撃が遂に終わる。

すべては“預言者”と呼ばれる抵抗軍のリーダー、ジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)の指導の成果だった。

ところがその直前、ジョンを出産する前の母サラ・コナーを抹殺するため、機械軍はターミネーターを1984年に時間転送装置で送り込んでいた。

サラ抹殺を阻止するため、ジョンの右腕カイル・リース(ジェイ・コートニー)が過去への旅を志願する。
1984年に到着した途端、T-1000ターミネーター(イ・ビョンホン)の襲撃を受けるカイル。

その窮地を救ったのは、ただのウェイトレスに過ぎないはずのサラ・コナー(エミリア・クラーク)だった。

歴史は書き換えられ、“2029年から送り込まれたターミネーターは私たちが倒した”と告げるサラ。

彼女が“オジサン”と呼ぶ相棒は、外見は中年男ながら、“スカイネット”が殺人マシンとして量産したT-800ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)だった。

何者かに“サラを守れ”とプログラムされたT-800は、両親を殺された9歳のサラを救って以来、彼女を守りながら女戦士に育て上げたのだ。

T-800の使命は、サラ・コナーを守り抜き、“審判の日”を阻止する事。

そのためには、自我に目覚めて暴走する人工知能“ジェニシス”の起動を何としても止めなければならない。

人類滅亡までのカウントダウンが迫る中、2人の前に立ちはだかる人間でも機械でもない第3の存在。

最新最強のT-3000ターミネーターの正体は……?そして、人類の救世主は一体誰なのか……?

とまあ、映画予告編をそのままパクりましたが、見てきました。

で、感想ですが。
それなりに面白く、それなりに意味不明と、まあ、思った通りの・・((笑)

あ、、ひどい映画じゃないですよ、素敵な映画です。勘違いしないでくださいね。

それにシュワちゃんがとても頑張ってます。

チョイ役程度にしか出ないと思っていましたがなんのなんの
まさに主役級、というか主役ですよね・・((笑)

全編にシュワちゃん活動しまくりです。

その意味でもとても面白かったんですが、意味が、その・・(汗)

おそらくあの映画を一回見ただけでストーリの合理性を理解できる人はよほど凄い人。

まあ、おそらく、そうなんだ、、と自分になっとくさせつつ見終わって、なるほど、、と。

いいんですよね、
なんたってシュワちゃんですから。

ストーリーの合理性何なんて、面白ければそれでいいんです。
シュワちゃん映画は

あ、あとエンドロールになって席を立って帰っちゃいけませんよ。

次回作を予感させる映像がちょろりんと流れますから。

お勧めです・・((笑)

と言いながらこんなこと書くとなんですが、私的にはその前に見た
マッドマックスの方が好きでしたが・・((笑)



















fuura09さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス