☆ 奉道(神代伝承の祓い・清め)は「セルフお祓い」の正式名!! | 干天の慈雨の如く【かんてんのじうのごとく】    自分で「祓い清め」が出来る【セルフお祓い講座】

干天の慈雨の如く【かんてんのじうのごとく】    自分で「祓い清め」が出来る【セルフお祓い講座】

奉道(ほうどう)="たてまつるみち"として、
神代伝承の「祓い清め」を伝授しています。
日常生活での気枯れ(けがれ)を
自分で祓い清めることで気蘇め(きよめ)になる
「セルフお祓い講座」開催中✨
神棚などの「出張祓い清め」も承っています。

 

 

ご訪問ありがとうございます!

 

奉道(祓い清め)

 

チーム「おとひめ」「幸彦」の

 

宮本裕子です。

 

 

通称と正式名があるなら、

 

どちらで呼ばれることが多いですか?

 

 

「セルフお祓い」正式名

 

奉道(ほうどう)です。

 

(たてまつ)る道と書きます。

 

奉るの意味は

 

差し上げる。献上する。

 

~申し上げる。などです。

 

 

語源

 

祀る(まつる)

 

祭る。です。

 

 

奉道(ほうどう)は

 

神代伝承の「祓い清め」 を

 

修得する会です。

 

 

神代伝承とは

 

日本神話の禊みそぎ、

 

祓いの原点から生まれました。

 

 

神様と人間の違いは

 

人間には肉体があります。

 

そのため

 

魂と肉体の穢れ(けがれ)を

 

清めるために

 

「火・風・水の祓い清め」

 

必要になります。

 

その魂と肉体の祓い清めを

 

自分で簡単にできるようになるのが

 

奉道の通称

 

「セルフお祓い講座」です。

 

なぜ火・風・水なのかを

 

講座の中では、詳しくお話しています。

 

 

 

日本文化には「道」

 

名のつくものがあります

 

例えば、茶道、華道、剣道、

 

弓道、合気道など、

 

そして武士道、古神道、神道です。

 

「道」とは、日々の修練を通して

 

人として成長する、人格者になること。

 

奉道も同じ意味で生まれています。

 

地道な道を歩きますが、

 

その道は、正しい神に

 

一歩近づく道です。

 

 

 

奉道の始まり

 

「干天の慈雨の如く進みなさい。」

(かんてんのじうのごとく)

 

と師匠に云われ、

 

始めたのが「奉道」です。

 

 

干天とはカラカラに乾いた天気。

 

「慈雨」は大地が程良く潤うこと。

 

「干天」とは乾燥しているということなので、

 

それを現代人の心に当てはめますと、

 

やはり心が潤っていないと思います。

 

それを補う必要があると考えて

 

「奉道」を立ち上げました。

 

これからの世の中は

 

良くも悪くも

 

精神力の強い人しか

 

生き残れないのです。

 

そのためには精神力を高めて

 

スムーズに気の流れを良くし、

 

気の乱れを防ぎ、

 

なおかつ守らなくてはなりません。

 

そのために何をすべきで

 

何をしたらまずいのかを

 

知らなくてはなりません。

 

これらのことを

 

一人一人のペースで学び

 

ベストコンディションの状態を

 

保つことが出来ます。

 

 伊東亨より(当社代表)

   

 

風船

講座はマンツーマンから受講できます。

リクエストで開催します。

完全予約制です。

 

 

 

 公式LINEのご登録はこちらから

お気軽なLINEアプリからのお問い合わせも受け付け中です。
LINE ID @716uhjyt(干天の慈雨の如く 宮本裕子)

友だち追加

干天の慈雨の如く 宮本裕子 LINE公式アカウントQRコード

 

セルフお祓い講座(祓い清める)自分で自分自身のお祓いができるようになります疲れや気枯れ、邪気を浄化し、徳積みします

 

宮地神僊道入門とは。入門すると門人となり、道士(どうし)と呼ばれます正式な証として、道士之章をもちます

 

家相・間取り鑑定

 

玄学デザイン事務所

宮地神僊道道士 宮本裕子は、古神道・玄学の研究を25年以上しています。玄学デザイン事務所では、古神道に基づくお祓い・先祖供養と玄学の風角術を用いた家相・間取り鑑定をいたします。

 

各種お問い合わせ 玄学デザイン事務所お問い合わせフォームにて

セルフお祓い講座・宮地神僊道入門・各種イベント申込みなど

 

玄学デザイン事務所

〒509-0203岐阜県可児市下恵土522-7

営業時間/ 可能な限り対応します (休日:不定休)

交通機関/ JR可児駅より徒歩15分・名鉄新可児駅より徒歩15分

URL/ https://gengaku-design.com/

お問い合わせフォーム