☆修祓(はらい清め)とは☆ | 干天の慈雨の如く(かんてんのじうのごとく)

干天の慈雨の如く(かんてんのじうのごとく)

困った時にもたらされる救いの手。
長い間待ち望んでいたもの事が実現すること。
人生、紙一重で運命が左右する現実
過去世の巫女の魂が覚醒!
本気で神様とのご縁繋ぎします。

 

 

 修祓(祓い清め)とは

 

神さまに参拝する前に

 

心身の罪穢(つみけがれ)を祓う儀式があります。

 

そのお祓いのことを

 

「修祓」(しゅばつ)といいます。

 

 

 

 

古事記のなかで、

 

イザナギの神がイザナミの神がいる

 

黄泉の国から戻って、

 

海で禊(みそぎ)をすると

 

神々が生まれたという神話があります。

 

最後に顔を洗ったときに

 

三貴子(天照大御神、月読命、スサノオ命)が

 

誕生しました。

 

 

 

私が行っております「究極のおはらい」は、

 

その神話の内容を表している祝詞 

 

まず「禊祓詞」

(みそぎはらへのことば)を奏上します。

 

 

 

奏上した後、

 

祓い清めの儀式では、

 

まず火打ち祓い 

 

 

これは時代劇でも出てくるものと同じで、

 

昔から災難除けや魔除けとして使われています。 

 

 

火打ち石は火花を出す時に

 

マイナスイオンを発生させますので、

 

悪臭や静電気を打ち消す作用があります。

 

 

昔の人はそのような働きを知っていて、

 

さまざまな場面で利用したことがわかります。

 

お葬式などの後で身体を塩で清めしますが、

 

この火打ちの浄化、清めはバツグンの効果があり

 

塩の代わりにお使いください。

 

 

 

 
 

その次に本麻と竹の棒の

 

串祓(くしはらい)

 

この本麻は伊勢神宮の祓いどころにもあり、

 

本麻自体(国産)に、

 

魔除けなどの邪気を祓う効果があります。 

 

ただ外国産の麻は異なりますので、

 

ご注意してください。

 

この祓串も秘法で作られています。

 

家の中に置くだけでも

 

魔除けの効果があります。

 

 

 

 

 

 

最後に生命水で清めます。

 

(水:お酒:にがり塩 )をまぜて、

 

榊の葉に浸して清めます。

 

神棚のお供えする榊の葉は、

 

マイナスイオンを発生させる働きがあり、

 

そのため家の霊気を高めてくれます。

 

榊は本来、

 

艶があって日にちがたっても、

 

しおれないもので、

 

椿やみかんの葉、

 

柊で代用することも可能です。

 

お酒の種類やお塩選びも重要です!

 

 

 

 

 

この、いにしえの祓い清めをすることで、

 

もともと人間の中にある

 

「四魂」=「荒魂」「和魂」「幸魂」「奇魂」の力を

 

目には見えませんが、

 

ピュアにすることができます。

 

この四つの魂をピュアに出来れば、

 

きれいな光を放ち、

 

人を幸運に導く事ができると言われています。

 

神社や神棚の参拝の前に、

 

この三式の祓い清めをするかしないかで、

 

御利益も全く違います。

 

私たちは毎日の生活の中で、

 

喜怒哀楽のいろんな感情が

 

身体の中に念として篭(こも)ります。

 

この時に身体に邪気が発生します。

 

信念は自分自身を信じる念で良いですが、

 

他の念はどのように念じているか無意識です。

 

その無意識の念が体内に溜まると、

 

病気やねじれた人格を生む原因になります。

 

これが自分自身で遺伝子を傷つけて、

 

将来的に子孫に悪影響を及ぼします。

 

無意識は自分ではコントロールできない領域です。

 

顕在意識が20%  

無意識(潜在意識)が80%です。 

 

 

これが、古神道でいう

 

知らず知らずの内に犯せる罪と穢れのことです。

 

魂の祓い清め

 

自分自身を守る力が弱くなるのを防ぐために、

 

定期的に継続して、

 

行うことで魂をピュアに保つことができ、

 

霊格向上に繋がることになります。

 

そして陽(正)神に近くことになります。

 

幸福と繁栄に導いてくれます。

 

 

 

 

奉道といいまして、

 

ご自分やご家族の為に、

 

ご自身で祓い清め(究極のおはらい)が

 

ご自宅でいつでも出来る、

 

【セルフお祓い】講座もあります。

 

また、究極のお祓いをお仕事としても

 

興味のある方の講座もあります。

 

詳しくはお尋ねください。

 

 

 

さらに正神に近づく為に、

 

本格的に学びたい方は

 

古神道の神僊道に入門できます。

 

 

古神道では、

 

大祓詞(おおはらへのことば)は

 

人間の身に犯せる罪はもちろん、

 

心の裏の邪念、過ちの咎(とが)も解き、

 

諸々の災い(禍)から免れて、

 

善良の心を起させる。

 

福と長寿を招くと伝わっています。  

 

日本の神話のなかで、

 

須佐之男命の高天原での乱暴に怒って、

 

天照大御神が天の岩戸にお隠れになり、

 

いろいろな禍(災い、厄)が発生しました。

 

その時に、

 

アメノコヤネ命「太祝詞(フトノリト)」を唱えました。

 

最終的には天照大御神は、

 

天の岩戸からお出になられ、

 

世の中が明るく平和になり

 

光の世界が戻りました。

 

この須佐之男命の罪、咎、穢れの解除も、

 

アメノコヤネ命

 

「太祝詞(フトノリト)」を唱えました。

 

大祓詞の中の

 

「太祝詞(フトノリト)」

 

私が学んでおります、

 

古神道(神僊道)に

 

秘伝として存在しております。

 

このような重要な祝詞を奏上して、

 

いにしえから伝わる祓い清めの作法します。

 

 

そのため

 

究極のおはらい

 

と呼んでいます。

 

 

 

大祓詞の完全型

 

 

わたしたち人間も、

 

悪意はなくても罪を犯していることは

 

相当あるはずですが、

 

祝詞の一節に

 

「過(あやまち)犯すことの在らむをば、

 

見直し聞き直し給ひて」とあるように、

 

知らず知らずの内に犯している

 

罪、咎(とが)、穢れを

 

「祓へ給へ清め給へ」と

 

祓戸神に祈念する神事が、

 

今も日本の神道で行われています。 

 


犯した悪事を懺悔することも

 

必要なことですが、

 

知らず知らずの内に犯している罪は

 

もっと深刻です。

 

なぜなら当の本人が

 

全く気づいていないわけですから、

 

恐らく同じような罪を

 

何度も繰り返すはずです。

 

そうなると、

 

また同じように禍事(まがこと)も

 

繰り返し起こるわけで、

 

永遠に悪循環から

 

逃れることはできません。

 

「自分は悪くない、悪いのは他人」と

 

いう考え方は捨てて

 

自分を見直し聞き直し、

 

また神にも

 

「過(あやまち)犯すことの在らむをば、

 

見直し聞き直し給へ」と祈り、

 

禍事(災難)が起こった時には

 

「こうなったのは

自分にも責任があるのでは?」と

 

謙虚な心を忘れないことが

 

幸福への近道だと思われます。

 

 

日本古学アカデミー

祈りのメカニズムより

 
 

 

出張お祓い

(ご自宅・事務所の神棚)

 ご自宅、事務所がパワースポット

なっていきます!

 

 神棚の位置や向きなどのアドバイスを致します。

 

  究極のお祓い致します (お供え物付き)
 ※ Aコース
 祓い清め + 大祓詞 +  産土神拝詞 + 祖霊拝詞
 ※ Bコース

 Aコース + 古神道秘伝の祝詞奏上(開運祈願含む) + 玉串奉奠 コース

 

  交通費など別途発生する場合がございます。
  ご了承ください。

 

 

 

 

 

今後の可児道場祭典 PM16時より          7月23日(月)  土用期間 合同慰霊祭8月 7日(火)   立秋(八節)高根大神祭9月23日(日)   秋分(八節)合同慰霊祭11月 7日(水)  立冬(八節)大山祇12月22日(土)  冬至(八節)高根大神☆祭典 守神(遠津神)と縁を結び神氣をいただき、因縁を説く祭典修祓 (心身の穢れを祓い、オーラが明るくなる)玉串奉天 (遺伝子のねじれをほぐし、結び直お名前の言挙げと開運の祈願 ☆合同慰霊祭 修祓(心身の穢れを祓い、オーラが明るくなる先祖供養