夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です

 

夫婦問題のご相談の中には浮気問題もあります。

 

修復を望むのであるならば、それ以上深く追及して具体的なことを知る必要はないというのが基本的な考えですが、相手が理由をすり替え離婚を要求してきたり、離婚を受け入れられない理由がある時、本人が離婚を望む時は調査会社にお願いして証拠を取る場合もあります。

 

相手が認めている、ラインの写メがある、一筆があるといっても、いざとなると覆してくることは本当によくあるので、裁判にも通用する調査会社の証拠は頼りになります。

そこで問題になるのが探偵の質です。

テレビでしか見たことがない探偵なので、何がホントで何がウソなのかどこで判断したらよいのかさっぱりわからないと思います。

 

調査で失敗された話をお聞きするたびに、「紹介できる調査会社があることだけでも伝えておけばよかった。」と後悔します。

 

調査を終了してから私のところに相談に見える方で、料金と調査内容共に納得できるのは2割ほどです。

証拠は取れて100万200万と支払う方はざらですが、そんなにはかかりません。

私は調査会社のお手伝いも1年半ほどしていましたが、納得できず(騙されて)再調査依頼にみえる人は後を絶ちませんでした。

弁護士の紹介だからちゃんとやってくれるだろうと思ったら、そうでもないこともありました。

100万なら3割バックするから紹介してくれと言ってくる調査会社もありました。

 

大手で人員や機材をたくさん持っている会社、高額で証拠を取ってくれるところはあると思いますが、誠実で親身になり適正価格で調査を引き受けてくれるところは少なく、一般の人がそこに行きつく確率は低いと思います。

 

東海3県の方でしたら私が責任をもってご紹介しますので、ぜひ相談にお越しください。

一人では心配だと思いますので、説明を聞きに行くときは同行しますし、納得できなければ契約しなくても大丈夫です。

平均すると2か月に一人くらいはお世話になっていますので、安心してください。

探偵と連携を取り問題解決で卒業するまで応援します。

 

夫婦問題・離婚問題相談室 リボーンHP

 

 

 

 

探偵選びの注意点。

調査会社で相談者のカウンセリングをする立場でのアドバイス。

前に、HPの段階で判断できる、探偵選びの注意点についてはお話しましたね。

HPで何社かめぼしをつけたら、最低3社は電話をかけてみましょう。

イメージ悪いので(私は・・・)不安が一杯だと思いますが、とって食われるわけではありません。

でも、出たとこ勝負で電話をしていると、百戦錬磨の相手のペースにはまってしまうこと必至です。

電話する3社を比較しなければいけないので、必ず聞きたいことを決めておきましょう。

そして、伝えなければいけないこちらの情報もしっかり用意してください。

こちらの情報と言っても、詳しい住所や氏名はまだ必要ありません。

確実に浮気しているのか、疑いの段階なのか、

相手のこと(名前・住所・仕事先・車など)がどこまでわかっているのか、

車や電車など行動手段がわかっているのか、

すでに旅行に行く日、会う日などが決まっているのか、

把握している行動パターン、会う場所などがあるのか、など。

こちらの辛い心情を、理解してくれるかどうかも重要な判断ポイントにはなりますが、

あまりダラダラとお悩み相談になってしまわないように。

それは次の事務所に行った段階で大丈夫です。

☆必ず聞きたいこと

・電話対応者は誰か
名前は当然名乗ると思いますが、代表者・責任者・担当者・バイト・電話受付オペレーターなど
いろいろな場合があるとおもいます。料金についても聞きたいところなので、はっきりさせてください。

・調査料金はいくらなのか、状況を話し見積りをとる
1時間1万円~とか、30万円~ではダメです。はっきり答えてもらいましょう。
その上で、その他にかかる費用があるのか。あるなら何か。

・調査の方法
料金の根拠や理由ですね。何日間、何時間、何人で、どんな方法で、どんな調査の方法をとるのか聞いてください。

・料金の支払い方法
全額前金は絶対ダメ。トラブルがあっても返金が無く困ったことになります。
着手金など、どう決まっているのかを聞いてください。

・調査の途中段階で直接担当者と連絡が取れるかどうか
急ぎで伝えたい情報が伝わらなかったり、回りまわって手遅れになると大変、下請けに丸投げだと、こんなことも起こります。
途中報告も希望すれば有りかも聞いてください。

・報告の方法
最終報告はどのように行われるのか。会って説明してもらえるのか、郵送されて来たものを見るだけなのか。

・「事務所に行ってもいいですか?」
状況によっては近くに来てもらったほうが良い場合もありますが、まずは聞いてみてください。
行くと言っているのに拒んだり、ファミレスで・・・とか言ったらアウトです。

こんな質問項目を共通して聞いてみて、対応も含め比較してください。
すべてに面倒がらず誠実に答えてくれれば、電話選別の段階ではOKです。
親切そうに見せかけて不安をあおってきたり、決断を急がせたりしてくるところはやめてください。
あなたの懐具合を探ってきて、無いならバッサリ、ありそうなら超親切なんてことも聞くし、
怖い思いをした話も聞きます。
そんな時は、「ガチャン!」と電話を切って「本当にこんな事ってあるんだぁ~」「わかってよかったぁ~」「はい!次。」でOKです。

納得できて良さそうな所があれば、訪問してさらに詳しく話を聞いて見ましょう。
それについては次回お話します。

浮気のことを考えると、腹は立つし、不安だし、悲しいし、焦るし。
でも、はっきりさせて前に進もうと決めたのなら、探偵選びは頑張りましょう!!


夫婦問題・離婚問題相談室 リボーン

よくある浮気調査失敗?の話

テーマ:
ちょっと待って!その探偵。

夫婦問題・離婚問題カウンセラー 今枝朱美です

調査目的もはっきりしないまま、あわてて依頼し大金を使い証拠も取れないケース
調査会社のカウンセラーを経験した視点からお話します。
「証拠が取れなかったんです~」といった相談も多くあります。

ずっと旦那の冷たい態度や怪しい行動に悩んでといたところ、決定的なメール発見
「○○ちゃん愛してるよ昨日の○○ちゃんとのエッチは最高に素敵だったよ
「また、来週も楽しみにしてるね

「やっぱり~~~!!!外回りの営業が忙しい、もっどてからも残業だとか言ってたのに・・・」

「来週、旦那が浮気するのをメールで突き止めたんです。証拠とってください。」

「それは大変ですね。ご主人が来週女性と会うとわかってるんですね。それは良かった、お任せください。」

「会社は7時に終わります。いつも12時には帰ってきます。」

「ご主人が女性と会うのは、何曜日かわかりますか?」

「今週は水曜日だったので、絶対水曜日だと思います。」

「わかりました。では、
来週の水曜日の7時からご主人の会社で待ち、12時まで5時間調査いたします。」

「はい。よろしくお願いします。」


たとえば、こんな感じでしょうか。そして後日郵送されてきた報告書を見ると。

ご主人は、会社が終わると駅前で女性を車に乗せ、ふたりで仲良くイタリアンレストランで食事をし、肩を寄せ合い映画を見て、女性を繁華街で降ろし自宅に帰る。女性は12時過ぎまでバーから出てこなかったので終了。

  

尾行にも成功し、細かい時系列の行動報告と画像がたくさん付いた報告書。

ご主人のその怪しい水曜日の夜の行動を知りたかったのなら、調査は大成功。
女性とデートすれば浮気なら、浮気の証拠がとれたことになります。

探偵サイドにしてみたら、依頼者の指定した日時だけ調査する、こんなありがたい簡単な調査はありません。料金は相場の最低で見積もっても5万円。この調査で30万円のところもあります。

運良くその日にラブホテルにでも行ってくれたら超ラッキー。しかし、実際調査結果を聞くと、なかなかそんなに思い通りにはいかないようです。デートがキャンセルになるかもしれません。

浮気で悩み気持ちはボロボロ、心病んでしまいそうなところにつけこみ、証拠がそんなに簡単にとれないこともわかっていて調査する。さらに追加調査をあおってくる探偵もいます。

「良かったですね。これでご主人に女性がいることがわかりましたね。あと3日も調査すれば絶対証拠がとれますよ。」
お金があると見れば、これが続いて100万越えですね。怖い怖い。

でもこれは決して珍しい話ではなく、普通によくあるケース。
探偵頼むと100万かかるって、私も昔は思ってました。

探偵の仕事は困っている人からお金を取ることですか?
絶対違います。
探偵の仕事は困っている人を助けること、
そのために、真実を明らかにすること、あなたに必要な証拠をとることです。
あなたの気持ちを良く理解してくれて、証拠をとる為の、最適な方法と料金を提案してくれる探偵を選んでください。

なので、無駄なお金を使わない為には、あなたも探偵任せにしてはいけません。
私もお手伝いをしますので、前回お話しした様に、調査の目的をしっかり考えましょうね。
何も結果が出ない、法外なお金を請求されたなんてことはさせません。


夫婦問題・離婚問題相談室 リボーン


浮気調査の目的は何?

テーマ:
ちょっと待って!その探偵!!

調査会社のカウンセラーを経験した視点からお話しする、探偵選びの注意点。

夫婦問題・離婚問題カウンセラー 今枝朱美です。

今回は、ハード面ではなくソフト面のお話。そしてあなたもしっかり考えましょうと言うお話。


浮気調査の目的は?と聞かれたら「証拠をとりたい」「真実を知りたい」だと思いますが、

証拠をとる、真実を知る目的は何ですか?決めていますか?

悲しいから、辛いから、腹が立つから、なんとかしたいからでは、調査はお勧めできません。

幸せになるために調査するんだから、真実を知ってどうしたいかしっかり考えなければいけません。


結果がはっきりしたらどうしたいですか?

① しっかり調査をしても、浮気はしていないとなると。

不機嫌な理由、家に帰りたく無い理由、離婚したいと言い出した理由が他にあることになる。
疑わしい行動をするってことは、何かほかの事を隠していることになる。
(これは調査で分かってくる事があります。)
相手を疑い、相手も正直に答えてくれない夫婦関係が問題である。
そこんとこ解決しないと。

② 浮気をしていたとなると。

修復 → 調査した事は話さず修復 (これ、一番辛いけどガンバロ!応援します。)
    → 調査結果を認めさせ、別れさせ修復 → 浮気相手には何も言わない
                              → 浮気相手に誓約書、慰謝料請求

離婚 → 慰謝料請求、財産分与や養育費の条件なども有利に → 浮気相手にも慰謝料請求

この中で、あなたはどうしたいかが目的になってきます。

とはいっても・・・ 
疑いが晴れずだんだん心が病んできたり、
浮気が発覚してカッとなり気が動転している時、
なかなか冷静な判断ができないと思います。

そんな時は、私に相談してください。
あなたの今の状況はどうなのか、
あなたは本当はどうしたいと思っているのか、
あなたとあなたの周りの人が幸せになる為にはどうなると一番良いのか。
冷静な第三者として、夫婦問題のプロとしてお話します。

目的によって、
長期間動きを見て、疑わしい動きが無いことをハッキリさせたいのか、
不貞の証拠を一度しっかりおさえてほしいのか、
相手の住所氏名仕事なども知りたいのか、
裁判に通用する2度以上の不貞の証拠が欲しいのか、
調査が変わってきます。

はっきりしておかないと、証拠が取れている取れていない、料金の追加など、
トラブルの元にもなります。

結果によって目的が変わることもあるかもしれませんが、最初に目的をはっきりさせて
調査を依頼し、契約することが大切です。

そして、最終的に調査会社に依頼する時は、
依頼する方は初めての事で、良くわからないことだらけですから、
あなたの調査の目的をちゃんと聞いてくれて、
その目的を達成する為には、どのような調査方法が最適で、料金はいくらになるか、
リスクはあるのか、その時の対処方法はなど、
探偵さんの方からも親切に説明してくれる調査会社を選びましょう。

(悪い探偵は、高額の契約を取る事が目的で、最初は親切そうに見せかけて、
相談者の辛い気持ちに追い討ちをかけ、さらに不安をあおってくるので気をつけてくださいね。)


夫婦問題・離婚問題相談室 リボーン

夫婦問題・離婚問題カウンセラー 今枝朱美です。

調査会社のカウンセラーを経験した視点から、探偵選びの注意点をお話します。


調査会社を選ぶとき、「あそこの探偵良かったから、あなたも相談して見たら?」
ってなことには、まずならないと思います。

夫婦問題カウンセラーと同じで、だれもが使ってるわけじゃないし、相談したことも言えないし。

そうなると、頼りになるのはスマホやパソコン。ホームページで検索すると思います。
上位に出てくるホームページは、どれも素晴らしい見栄えと内容です。

そこで、ホームページの段階で判断できる、探偵選びの注意点。

公安委員会届出、これはあたりまえ。便利屋さんでも「別れさせ工作」を引き受けるところでも、探偵するなら取ってます。

内閣総理大臣認可の団体に加盟、していた方がいいけど、正しい団体に加盟しているからって、いいところばっかりじゃない、自称団体も多いし。そんな実感があります。

所在地、これは大事。あなたの調査したい地域の調査会社を選んでください。
探偵に土地勘は必須です。そして何よりも経費が少なくて済みます。
名古屋から全国規模の東京にある大手調査会社に電話したら、経費込みで高額な見積もり料金を提示された。名古屋にある下請けに丸投げされ責任感なし。なんてこともあります。
契約を取るときだけは東京から飛んできて、報告書は郵送、報告書で確認したいことがあっても、その時はこちらから出向かなきゃいけなかったら、時間も交通費もかかってしまいます。

事務所の有無、会社になっていて事務所の住所が書いてあり、地図もYahooやGoogleの地図が貼り付けてあると良いですね。
そして、事務所の外観写真なんかがあるとさらに良いかもしれません。
ホームページは立派でも、事務所も無く自宅で一人で電話一本でやっている、打ち合わせはいつもファミレス、依頼を受けたらバイトが調査、では困ります。
トラブルになったら電話も通じず、事務所も無しだったらどうする?

調査料金、書いてないのは一番いや。○○円~(から~)って、わかりにくいし、聞き様が無い。はっきり書いてあったら、何をしてその値段何か聞けるし、何が入ってないかも聞きやすい。料金については、カラクリや落とし穴もあるので、ホームページだけではほとんど判断できませんね。

口コミサイトは、ほとんどが自作自演か、料金払って載せてもらっているのであてにしないでください。問題のあるところでも、いい口コミばんばん載っています。

長年悩んで、ホームページ見たおして選ぶなら、このような確認はしていると思いますが、突然浮気が発覚して気が動転しているときには、特に気をつけてくださいね。
電話して問い合わせる、事務所に出向いて話を聞く、その前にホームページで選ぶ段階で、上記のことは最低限確認してください。


夫婦問題・離婚問題相談室 リボーン