愛知県名古屋市の夫婦問題相談室リボーンです。

 

最近はzoom相談も増えてきましたが、やっぱり対面相談も捨てがたい今枝朱美です。

 

今日もHPのコンサルはzoomで受けました。

今までは一日3件の訪問打合せだったのが、zoomになりオフィスで7件こなせるようになったそうです。

HPの打合せは、画面共有すれば問題ないですもんね。

 

 

夫婦は毎日リアルに顔を合わせ、コロナ禍での強制在宅勤務や子どもの休みで生活リズムが乱れ、顔を合わせる時間も激増!!

 

今までちょっと我慢すれば目の前から消えていたパートナーが、振り返ればそこにいる。

 

ため息が出てしまっていませんか?

 

仕事から急いで帰り一息つく間もなく夕飯の支度をして、あと少しで出来上がるからと思ってテーブルに目をやると、楽しそうに遊ぶ父と娘。

ギャーーー!なんじゃこりゃ!!!

 

「何よ!もうご飯ができるってのに何やってるのよ!!!」

 

「空き箱でロボットつくってるんだよ音譜

 

この楽しそうな二人の顔。

妻が何に怒っているのか気が付くはずがありません。

 

一般的には、机の上を片付けて茶碗を並べて欲しいのだろうと察しますが、言わなければわからない夫はたくさんいます。

「もういい、あなたなんて大嫌い!」

 

こんなことが続くと、夫は妻が何に怒ってるかわからず、自分の人格を否定されたと思い、だんだん自信が無くなってきます。

 

そして言葉少なになり、元気がなくなり、いじけます。

 

そうです。夫はチョーめんどくさいんです。

 

夫は妻に無視され続けると、今度は皿を洗ったり、洗濯をたたんだりし始めます。

 

時すでに遅し。

 

「私はそんなことがして欲しいんじゃないの。私の気持ちをわかって欲しいの汗汗

 

ムリ、わからない、こんな無邪気な顔して娘と遊ぶ夫に、妻の気持ちを察するという難問に答えられるわけがない。

 

だんだん夫の何がイヤだったのかわからなくなり、すべてがムカつき一緒に暮らすことが無理に思えてきます。

 

 

最初のきっかけは、

机いっぱいに散らかして遊んでいたことかもしれないし、

 

夕飯の時間なのに片付けなかったことかも、

 

「ごめんね」と言ってくれなかったことかも、

 

頑張っていることをわかってくれないことだったかもしれません。

 

そのことをストレートに伝えればよかったのに。。。

 

 

子どもにだって一緒です。

 

ふざけていてお茶をこぼしたので叱ったら、逆切れしてひっくり返って泣いた。

 

「悪い子ね。もう知らない。あっち行きなさい。」

 

子どもはママは自分のことを嫌いなんだという気持ちだけが残ります。

 

お茶をこぼさないようにすることだけを注意すればよかった話なのに。。。

 

 

女性は特にですが、頭の中に小引き出しのいっぱいあるタンスを持っています。

京都 [ モンティーク ]さんHPより

 

ムカついたことをきれいに整理していっぱいため込んであるので、「夫、嫌だ」というワードで紐づけされた行為すべてを瞬時に出すことができます。

 

引き出しにしまう前に、行為ひとつづつを解決し、ため込むことを辞めにしていきませんか?

 

夫が嫌いなのか、夫のその行為が嫌いなのかわからなくなってしまう前に。

 

 

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム