新年明けましておめでとうございます。

 

夫婦問題相談室リボーン今枝朱美です。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

三が日が明け皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

私の今年のお正月は、元旦に子ども家族が新年の挨拶に集まってくれました。

 

 

長男、次男、長女の家族です。

全員顔を合わすことができてありがたいことです。

 

 

私の作ったお節料理をみんなに食べてもらい、お年玉を渡して、お正月!おばあちゃん!!って感じを味合わせてもらっています。

 

子育てを頑張っているパパとママたちにも毎年お年玉をあげているのですが、毎年の「新年くじ引き運試しお年玉争奪戦」をやめて、今年は「ゲームで真剣勝負お年玉争奪戦」にしました。

 

盛り上がりましたね~~~!

息子たちの影は薄く、嫁と婿の闘争心の強いこと強いこと。

頼もしい限りです。

 

今回初めて息子と娘に「お母さんにもっとこうして育ててほしかったってことある?」と聞いてみました。

 

3人とも口をそろえ「もっと勉強しろって言ってほしかった」「もっとサッカー頑張れって言ってほしかった」ような発言をしました。

 

びっくりです。

「勉強しろ」「サッカー頑張れ」って中学生のころまでは環境だって整えて自己嫌悪に陥るほど言ってきたのに。

 

どういうことだろう?

しばらく考えてしまいました。

 

あれ以上どうしたらよかったんだろう?

一生懸命勉強教えて、3歳からずっとサッカーの送り迎えを続けお金の工面をして応援したのに。

 

・・・・・・・・・。。。

 

私、押したり引っ張ったりばかりしていたかも。

 

子どものころは手を出し過ぎて環境を整えすぎて、子どもが自らどん欲になる必要を感じなかったのかもしれません。

 

一生懸命頑張って子育てしている自分に満足していただけだったのかな。

 

きっと「やれ!やれ!」って強く言われたかったんじゃなくって、もっと励ましてほしかった、もっと褒めてやる気にさせてほしかった、やった先の明るい未来を想像させてほしかったんだってことに気づきました。

 

子どもたちを褒めてやる気を出させるってできなかったなぁ。

 

正月から少々落ち込みましたが、反省して気づけて良かったです。

 

それぞれが良いパートナーを見つけてくれたもんだと喜んでいます。

家族になってくれた嫁や婿たちには感謝しています。

 

夫婦それぞれの良いところを褒め合って、相手の苦手なところを補い合い、お互いに励まし合って、自分たちに見合う素晴らしい人生を築き上げてくれることを信じています。

 

かわいい孫たちが健やかに育ちますように♡

 

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム