こんにちは、夫婦問題相談室リボーン今枝朱美です。

 

台風が多く農家の厄日とされてきた「二百十日」「二百二十日」を過ぎても、まだまだ不安定な天気が続いています。

 

先日の台風で、いまだ停電や断水の続いている地域の一日も早いライフライン復旧を願っています。

 

 

さて、3月から毎月続けているキャンペーン。

3月 結婚前カップル

4月 入園入学(子どもが)

5月 母の日(男性の相談者)

6月 父の日(女性の相談者)

7月 七夕(セックスレス)

8月 お盆(実家問題)

9月 敬老の日(息子娘の夫婦問題)

 

対象者は初回相談料が半額になるのです!

 

ですから通常の相談者に加え、今まで相談を迷っていた方もキャンペーンの対象となることで、一歩を踏み出すきっかけとなり来てくださいました。

 

悩んで悩んでどうしようもなくなってからではなく、少し早めの相談になるので解決も早いです。

 

私もうれしいです。

ありがとうございますニコニコ

 

そんなこんなでこの夏は結構忙しく(相談以外の活動も含め)、9月はやっと落ち着いたので少し休憩しようと思い、対象者は少ないだろうと思い敬老の日キャンペーンにしたのでした。

 

私のイメージとしては、

遠く離れたところで頑張っている息子娘夫婦。

なんだかうまくいっていないような雰囲気がお盆の帰省で伝わってきた。

そこで、悩むおじいちゃんおばあちゃん世代とお話ししようと考えていました。

しかし何件か受けた相談はそういったことではありませんでした。

 

・嫁や嫁の実家から金銭的や行動的フォローのないことを責められる。

・息子夫婦が私たちの生活に入り込み孫の面倒でくたくた。

・嫁の家事育児がなってないので息子がかわいそう。

・息子夫婦の仲裁を頼まれたが問題が両家を交えて複雑化した。

などなど。

 

がっつり自分たちの悩みになってるのです。

 

人生100年時代。

二世代が関わる年数も長くなっています。

 

親世代は専業主婦が多く、子世代は共稼ぎが多い。

親世代は年金や資産があり、子世代は低賃金。

子世代が高齢出産で、親世代も高齢で孫の面倒がみられない。

 

そんな社会背景がありながら、

親が子どもに指示し続けてきたので、子どもが自立できていない。

母親が夫婦関係をないがしろにし子どもに依存してきたので、子どもが気になって仕方ない。

 

言い方が悪意に満ちていますね。

よく言えば、皆さん子どもがかわいくて仕方ないのです。

 

お互いに関わりが強すぎて自分で自分の首を絞めています。

 

難しいけど子離れしましょう!

 

お互いに自分たちの生活を自分のできるレベルで整え、そしてお互いに助け合いましょう!

 

共倒れしないように。

 

私も親と同年代。

子ども3家族、孫が6人いるのでわかります。

この年になるとなかなか自分の考えを変えられないこともわかります。

周りが見えなくて、自分たちでは気づいていないこともあります。

 

9月の敬老の日キャンペーン

「息子娘の夫婦問題や結婚問題に悩む親」

のみならず

「息子娘夫婦との親子問題に悩む親」

の皆様もお越しください。

9月のキャンペーンを利用して、ぜひ相談にお越しください。

 

紅葉9月は敬老の日キャンペーン紅葉

息子娘の夫婦問題や結婚問題に悩む親御さんが対象です。

この機会に息子や娘にアドバイスできる親になりましょう!

 

子どもたちの幸せを願うのであれば。

 

キラキラ初回限定50%OFFキラキラ

通常対面相談 初回限定2時間2万円を1万円!

 

依存しあう関係ではなく、困ったときに助け合える関係を作りましょう。

 

9月は息子娘の夫婦問題や結婚問題に悩む親の皆様を応援しますビックリマーク

 

「敬老の日キャンペーンで」とお伝えください。

 

ブログをご覧の皆様へのキャンペーン。

 

このチャンスに、子どもの助けとなれる親に!!

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム