夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

先週美容院に行った時の私の話を聞いてください。

シャンプーの後、若い20代の男性アシスタントが肩のマッサージをしてくれた時の話です。

 

「すっごい肩こってますね。」

「慢性肩こりで、こってない事が無いんです。

それに、右肩が五十肩でまったく上がらなくて1年半、

治ったと思ったら左が上がらなくて1年半、

最近やっと横まで上がるようになってきたんです。」

私は「可哀そうな私」を必死にアピールしました。

何といっても過去経験したことのない長期にわたる苦しみ、

ひどかった時は寝てても痛い、今でも横になって寝ることができずに3年以上を過ごしています。

また、体育会系の私が球技や水泳のできない辛さ。

 

まあ、そんなことは自分の中で走馬灯のように浮かんだだけですが。

 

すると、息子より若いと思われる男性はさわやかに言いました。

「肩をこう回してストレッチするといいですよ!」

 

ひゅ~~~~

 

私の心に冷たい風が吹き抜けました。

 

(何もわかってくれていない。。。)

(そりゃ、20代のあんたに五十肩の痛みがわかるわけはないだろう、でもあんたにもお母さんやお父さん、おばあちゃんやおじいちゃんがいるだろう。)

 

良かれと思って言ってくれていることはわかるけど、

解決策を教えてくれようとしたんだろうけど、

私は最初にたった一言

「大変だったんですね。」

この一言が欲しかっただけなんです(涙涙涙)きっと。

 

共感できる訳はないけど、共感が欲しいのです。

「それは辛いですね。」

一言で嬉しいんです。

 

 

奥さんの愚痴に一生懸命「こうするといいよ」と教えようとする旦那さん。

奥さんの悩みに「頑張れよ!」と励ます旦那さん。

 

良かれと思ってなんだけど、

全然悪気はないんだけど、

きっと奥さんは「そっかそっか、大変だな。」と

共感してほしいだけだと思うんです。

 

「めんどくさいやっちゃな」と思うだろうけど、

「じゃあ、言うなよ」と思うだろうけど、

きっと奥さんは旦那さんに共感してほしいだけなんだと思います。

 

 

女性はつくづく共感してほしい生き物なんだと実感しました。

 

夫婦問題・離婚問題相談室リボーン

 

☆結婚教育オンライン講座はじまりました

 

☆「結婚・夫婦を語ろう会」開催中

 

kittyブログ フォローしてくださいねkitty