夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

今日の相談者は2年間のお付き合いです。

 

相談は夫婦関係というよりは、嫁姑問題でした。

 

 

家事育児にとどまらず、人格や育ちについても毎日のように否定され侮辱され、心が壊れかけていました。

 

田舎の商売屋で夫は長男で後継ぎ、嫁の立場は下の下です。

 

姑も今まで苦労してきたようで、辛かった想いを嫁に繰り返すことで自分の立ち位置をつくっているように感じました。

 

嫁は幼いころ離婚した実母との関係も最悪だったため、母との関係の作り方を非常に困難に感じ、何が正解だかわかりません。

 

 

誰もがそれぞれに過去があります。

 

過去の親子関係を無かったことにし、見ないようにして現在の問題を解決していくことは難しいです。

 

非常に辛い生い立ちの場合、許すこともできないし、良かった記憶だけ残し忘れ去ることはできませんが、自分なりに消化することはできます。

 

そして、新しいパートナーと二人で、ゼロから新しい人生の土台を作ることができるのが結婚です。

 

過去を引きずり、夫婦関係にまで影響を及ぼしてしまうことは避け、お互いに過去を消化しながら二人の新しい関係を築いていきましょう。

 

土台がしっかりすることで、その後ふりかかってくるさまざまな問題も力を合わせ乗り越えていくことができます。

 

 

私は彼女にとって三人目の母だと思っています。

 

「自分も辛いのに子育て頑張ってるね。」

「だよね~。不安な気持ちわかるわぁ~。」

「旦那さんには感謝しなくちゃ。」

 

回を重ねるごとに笑顔も見せてくれるようになりました。

意見が言えるくらい強くなりました。

母とも距離を置けるようになりました。

将来のことも考えられるようになりました。

母のこと、姑のこと、夫のこと、子どものこと、親戚のこと、仕事のこと、どんなことでも安心して話せる実家のような居場所だと思ってくれると嬉しいです。

 

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム