夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

夫婦相談をしていて、不倫問題が多く、

「浮気調査ってどうなってんだろう?」

と思い調査事務所で探偵をして。

 

価値観が違うから無理ってみんなが言うけど

「そもそも結婚って何だろう?」

と思い結婚教育を学び。

 

夫婦問題で相談に来る人はほとんどセックスレスだけど、

「セックスって何だろう?」

と思いもともと得意分野の性について深め

 

子どものために我慢するとか、離婚するって言うけど、

「離婚後子どもたちはどうなんだろう?」

と思い面会交流支援に携わっています。

 

不倫価値観の違いセックスレス離婚も、こじれてことが起きてしまってから解決するのは本当に大変です。

 

そうなる前に知っていたら、そうなる可能性があることを知識として持っていたら予防ができるはず、そう思わずにはいられません。

 

次は、結婚の前の段階で、パートナーを決めるにあたって知識を持っていただくことにも取り組んでいきたいと思っています。

 

 

そしてさらにその前の、大学生はどのような現状なのか、親の養育下にあるべき年齢で、親の離婚の影響を受けている高校生や中学生は、どうなのかにも関心を持つようになりました。

 

 

クリスマスイブは、名駅での面会交流支援の後、FVSの代表志水とともに常滑に移動し、NPO法人ルーキーズの山田代表理事にお会いしてきました。(撮影してもらっています)

幼稚園を譲ってもらい改装した校舎

 

問題を起こし野球部をクビになると退学に追い込まれます。

夢も学校も同時に失った子どもは中卒ニートになってしまいます。

 

そんな子どもたちに、努力する場所をもう一度与えてあげたいと立ち上げたのがNPO法人ルーキーズです。

 

大好きな野球をしながら、高卒の資格を取り大学を受験するために勉強をして、生活費を稼ぐためにバイトもします。

生徒たちは母子家庭の子どもが多いそうで、養育費も無く、金銭的にも恵まれてはいないそうです。

足を運びつくし、企業から奨学金も集めました。

学費、部活費、寮費は、三分の一が奨学金、三分の一をバイトで稼ぎ、三分の一を親が負担します。

 

世間からは嫌煙されるジャイアン支援

子ども食堂、子どもの居場所づくり、学習支援など、学校に行けないおとなしいのび太君支援は多いけど、学校から追い出された元気すぎるジャイアンには支援がないそうです。

貧困の連鎖を食い止め、高校や大学を卒業させ、働いて納税のできる社会人を育てることは大切なことだと思います。

 

 

次の日は尊敬する冨田さんのFBで情報を知り、名古屋大学でのシンポジウムに参加しました。

ちゃっかり隣に座らせていただきました音譜

「苦戦する青年の現状と大学における支援実践」

 

シンポジストは名古屋大学の学生相談総合センターの先生方でしたので、当然相手は名大生です。

 

超手厚い支援で素晴らしいですが、結婚生活の悩みを日々聞いている私からは違ったことが見えてきました。

 

ひきこもりや就職を支援し、そこまでは何とかレールに乗せても、大学ができるのはそこまでです。

やはり結婚や子育てとなると、今までの常識が通用せず、難しいと感じるだろうと思いました。

 

そして次の日はサンタ遅れてきたサンタクロースになりませんか?クリスマスツリーのイベントに参加。

施設で一生懸命お勉強している子どもたちにサンタになってプレゼントとケーキを渡してきましたプレゼント

 

学習支援をしている大学生たちもいました。

 

子どもたちはとても素直でもちろん喜んでくれましたが、絶対やってる大人の方が楽しんでましたねクラッカークラッカークラッカー

 

冨田さん、渋谷さん、参加させていただきありがとうございました。

 

一年の最後をステキな思い出で締めくくることができたことに感謝します。

 

来年はまた新しい展開が待っています。

私の目の前にある、私にできることを毎日ひとつづつやっていこうと思います。

 

みなさまよいお年をお迎えください。