夫婦問題相談室 リボーン 今枝朱美

面会交流支援団体FVSにも所属しています。

 

昨日は半田の面会交流支援の日で、素敵な訪問者がありました。

NPO法人ルーキーズの代表理事、山田豪さん(右)です。

左はFVS代表。(山田さんのフェイスブックから)

 

ルーキーズは知多半島の常滑市にあります。

高校野球を続けられなくなった子どもたちを受け入れ、高校中退者向けの再チャレンジ教育事業をしています。

 

生徒たちは全寮制で野球部に所属し、大好きな野球をしながら通信で高校教育を受け、応援企業でバイトし生活費は自分で稼ぎます。

 

山田さんは野球部の監督で、寮で一緒に生活し、20人分の食事を毎朝作ります。

 

甲子園を目指すことはできなくなってしまいましたが、社会人野球として全国を目指し、トヨタ自動車とだって戦えるのです。

 

山田さんの望みは、生徒たちが大学進学し就職し、納税のできる社会人として自立することです。

 

 

生徒の中には片親家庭で、養育費未払いの問題を抱える子どもも多いことから、今回面会交流支援団体を訪問してくださいました。

 

幼稚園の子どもと父親が2年ぶりに会いプレイルームで遊ぶ様子を見学していただきました。

会った時の子どもの表情、別れる時の子どもの様子などをご覧になり、感動してみえました。

 

子どものための支援団体という同じ立場で、ゼロからひとりでここまで作り上げ結果を出している山田さんにはしびれました。

まだまだ努力や活動や根性が足りないことを思い知らされました。

 

「寮生活をする子どもたちに性教育の話をしたいです。」と提案すると「興味持つでしょうね~」と言われました。

興味のあることは聞く耳を持ち吸収するのでナイスタイミングです。

ぜひ実現したいですね。

 

これからも心通う人との横のつながりを大切にし、更に子どもの笑顔のために頑張ります!!