夫婦問題相談室 リボーン 今枝朱美です。

 

先月(株)物流産業新聞社さんからインタビューの依頼があり、お受けいたしました。

 

仕事のやる気は夫婦関係の安定にあると気づいてくださった、運送業界さんに感謝です。

 

運送業のドライバーさんたちは時間が不規則だったり、夜勤があったり、出張があったりで、家族とのすれ違いが多く、夫婦問題の相談が多いそうです。

 

「何で残業なの!?早く帰ってくるって言ったのに!」

「泊りの出張だとか言って、何してるんだか…」

「休みの日にまた仕事!?子どもがパパと遊べなくて可哀そうだと思わないの!?」

 

家族の予定がいつも台無しになり悲しむ妻と子、何してるのか分からなくて不安になる妻、誰にも相談できなくて子育てに悩むママ。

 

仕事が忙しくて家に帰るとぐったりしてしまう夫の気持ちもわかるし、仕事と子育てと家事が全てのしかかり夫の帰りを今か今かと待ちわびている妻の気持ちもわかります。

 

自分のあたりまえや常識を押し付け合っていては解決になりません。
ドライバーの仕事は妻の想定をはるかに超えているのかもしれません。

妻の負担は夫の母の状況とは全く違っているのかもしれません。

 

結婚10年やそこらで「いちいち言わなくてもわかるだろう!」なんてことは無いのです。

自分のことをわかって欲しかったら、まずは相手を知ろうとすることから始めてみませんか?

「お疲れ様♡」と相手を思いやる一言から、スムーズな会話が始まります。

 

夫婦問題相談室 リボーン