夫婦問題相談室 リボーン 今枝朱美です。

 

「私の気持ちをわかってくれない。」

夫婦相談でよく聞く言葉です。

 

他人の気持ちなんてわかるわけないし、、、

そう。他人の気持ちはわからないけど、私の気持ちはわかってくれるだろうと思い込んでいる妻がたくさんいます。

妻の願望もわからなくもないですが、言葉にしてくれないことを理解する事は非常に難しいですよね。

 

たとえば妻に 「外食したい!」 と言われました。

あなたならどうしますか?

気を利かせておしゃれなレストランに誘ったら妻は無言になった。。。

こんな経験はありませんか?

妻には外でご飯を食べたい理由があるのですが、それは時と場合によってころころ変わります。

 

作る元気がない。

超空腹ですぐに食べたい。

おいしいものが食べたい。

おしゃれをしてデート気分を味わいたい。

栄養を取りたい。

ダイエット中なのでヘルシーなものを食べたい。

 

「〇〇に行きたいの」と言えば良さそうですが、「何でもいいよ。」と答える裏に、「空気読めよ。」「普通は。」「いちいち聞かなくてもわかるでしょ。」が潜むややこしい妻が多いのです。

 

「外食したい」の「外で食べる」だけを捉えるのではなく、どうして外食したいと言っているのかに目を向けてください。

 

元気が無かったら「疲れてるみたいだから、近くで軽く食べる?」と聞いてあげると、笑顔になるかもしれません。

テンションが高かったら「いいことあったみたいだね。美味しいもの食べに行く?」など、気持ちを考えてくれるだけで嬉しいものです。

ややこしい妻を正当化するつもりはありませんが、「そんなこともあるんだ」と知っているのと知らないのとでは大違いです。

 

逆に妻に言いたいのは、頭の中に正解があるのを隠して「どっかつれてって」のように、なぞなぞのような後出しじゃんけんのような難問を、察することを苦手とする夫に出さないでください。

 

私も「状況見ればわかるでしょ!!」と思ってしまうタイプですが、自分に厳しく人には優しくですね。

お互いに相手のことをひとつ思いやり、ひとつ譲り合えば、きっとうまくいきますよ。