夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

不倫はダメです!

してはいけないことです。

民事裁判で認められる離婚理由の一つにも挙げられています。

 

でも、たとえ不倫されても離婚を望まない方もいます。

ですから、間違いを起こしても離婚してつぐなうだけが道ではなく、一生をかけてパートナーと子どもを幸せにしてつぐなう道もあると思います。

 

まったくもってよくあるのが、妊娠中に夫が浮気をしてしまうケース。

 

産後の一番大変な時に、慣れない子育てと夫の不倫問題に心身ともに疲れ果てる妻。

人生で最も幸せを感じ心穏やかに過ごしてほしい時期なのに・・・

 

妻が怒って離婚を切り出すケースも、もちろんありますが、最近多いのが、妻は許すと言っているのに、夫の方が悪いことしちゃったから離婚するしかないと思い詰めるケース。

 

テレビでゲスゲス言うので、許されてはいけない、離婚されるという罰を受けるべきだと考え、子どもに会えなくても、養育費を払い続ることもしかたないと思うようです。

これからも日陰の恋をし続けて不幸をっ背負って生きていこうと、全く的外れな覚悟をするみたいです。

 

「好きなこと」だけして生きていく。というある人の考え信じ、その中にある「そのためには一番嫌なことをする必要がある。」を、かわいい子どもと別れることだと解釈し、離婚を言い出して譲らなかった夫もいました。

 

お子ちゃま過ぎます。

 

何にしろ現実から逃げているだけです。

もう子どもはこの世に存在していて、お腹の中に戻して卵子と精子が結合するところからやり直すわけにはいかないのです。

つぐなう気持ちがあるなら、逃げないで目の前の妻と子どもに正面から向き合って、幸せにしてください。

 

妻は日々日々可愛く成長をする子どもの姿を、夫と一緒に見たいのです。

妻はあーでもないこーでもないと相談しながら、夫と一緒に子育てしたいのです。

 

結婚教育では被害者と加害者は無く、当事者がいるだけだと教えていただきました。

気づいたところから反省し、向き合い、改善していけば良いだけです。

起きてしまったことが消えてなくなることは無いかもしれませんが、より楽しいことを重ねていくことはできます。

壊すのは一瞬でも、積み上げていくには時間がかかります。

しかし同じ思考回路では、また同じものを積み上げてしまいかねません。

そうならないために私たちカウンセラーがいるのです。

問題を分析し、それぞれにできる解決策を提案し、一緒に伴走します。

 

不倫は悪ですが、離婚することが解決ではありません。

間違いを認め、やり直し、幸せになるゴールを夫婦で目指してほしいです。

 

夫婦問題・離婚問題相談室 リボーンHP