夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

面会交流(離婚後又は別居中に子どもを養育・監護していない方の親が子どもと面会等を行うこと)で何かしら悩んでいる人は夫婦の仲が悪かった人です。

そりゃそうだ、離婚したんだから。

 

そういうことではなくて、

親子の仲も悪かったなら悩みません。

 

なぜなら、子どもが会いたくないと言うから。(親の顔色を見て本心が言えない場合もあるので要注意!)

 

たとえば親が子どもに暴力をふるっていたり、暴言を浴びせていた場合、子どもは会いたくないと言うし同居親も会わせようと悩むことはありません。

危険を感じる場合や、子どもの意思に反し無理に合わせることは良くないと思います。

 

夫婦は離婚したけど、子どもにとってはいい親だったと思うから悩むのです。

子どもが別居親と会っている場面を想像すると、喜ぶ顔が浮かんでしまうから悩むのです。

 

相手のことがキライだから子どもを会わせたくない、連絡を取ることもイヤだから会わせられないなどは良いことでしょうか。

自分の感情ではなく、子どもの心に耳を傾けられる余裕ができるようになることを望みます。

 

もっと子どもが小さい場合、離婚相談の中でもよくあるのがこれです。

「子どもが物心つく前に離婚したほうがいいでしょうか?」

 

妊娠中、出産後、授乳中などまだ赤ちゃんのうちに離婚問題が発生する場合が非常に多い、産後クライシスですね。

「迷っているなら離婚を決めないでください。」とお話ししますが、ホルモンバランスが崩れ育児でいっぱいいっぱいな時に、正しい判断ができないことは容易に想像できます。

 

そのために特別にボランティアで月2回定期的に開催している「子育てママの相談サロン」で、夫婦の悩みを聞かせてください。

梅雨明け宣言もあり夏本番、今回は暑いのでいつもの幅下コミセンではなく、地下鉄浅間町出口すぐの私の相談室で開催します。

7月21日金曜日の9時から12時出入り自由、私と桃沢勢子相談員がお待ちしています。8月は2日(水)、18日(金)

サロン形式なので個人面談ではなく他のママもいますから、自分の相談を話してもいいし聞いているだけでもいいですよ。

 

離婚してしまってから面会交流で悩む前に、ぜひ相談してください。

よく考えて自分の気持ちと相手にちゃんと向き合い、それでもどうしても離婚に至ってしまう場合もあると思います。

でもその場合は、決して面会交流で悩むようなことにはならないと思います。

 

相談室の場所と連絡先はHPをご覧ください。

夫婦問題・離婚問題相談室 リボーンHP

もちろん個人で相談できる有料相談もあります。

夫婦の話し合いだけで離婚に至ってしまう場合(協議離婚)、離婚届を役所に出す前に、離婚届をもらいに行く段階でこの「子どもの養育に関する合意書作成の手引きとQ&A」も同時にもらい、必ず話し合ってください。

子どもがいるのに最低限これも決められないようなら離婚することはやめてくださいね。

 

最後に、離婚後第三者機関の支援さえあれば面会交流がかなうのにとお困りの方。

また、第三者機関の支援があれば離婚の同意が整うのにとお困りの方。

 

こちらへご相談ください。

面会交流支援について

日本ファミリービジテーションセンターで面会交流支援。

 夫婦問題カウンセラー参加の面談をさせていただき支援となります。

 お問合せお待ちしています。 

クリック

夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

日本ファミリービジテーションセンター(FVS)で面会交流支援の活動もしています。

 

リボーンのカウンセリングは夫婦問題の相談を受ける時、その方の幸せはもちろんですが、パートナーや子ども達、ご両親やご兄弟など周りの方の幸せについても考えます。

 

それは修復であっても離婚であってもです。

 

キレイごとのように聞こえるかもしれませんが、世の中全て不幸の中に自分ひとりの幸せはないと考えています。

 

両親は子どものために離婚をガマンしなければいけないことはありません。

離婚せずに一緒にいることの方がさらなる悲劇を生む場合もありますので。

しかし、離婚後の子ども達の状況はどのようなものか知り、成人するまでのことを考えて覚悟を決めることは必要で、子どもの視点なしには考えられません。

そのためにもカウンセラーが面会交流の現場を知ることは必須だし、お役に立てることが必ずあると思い支援に携わらせていただいています。

 

協議離婚で何ももめる事無く、親権や養育費が決まることもあります。

その方たちはわざわざ面会交流について取り決めることすらありません。

子どもについて困った時にはいつでも助け合い、子どもが会いたいと思った時にはいつでも別居親に会うことができます。

 

面会交流に支援を必要とする方は、調停や裁判で離婚が決まり、同居親としては会わせたくないけど合わせる取り決めをした方、会わせたくない訳ではないけど元パートナーとの接触は避けたい方が多いです。

そして、別居親としては何としてでも子どもに会いたい方です。

 

現在FVSで支援をさせていただけるのは、闘争中ではない方、別居親は子どもに会いたい同居親は子どもを会わせたいという意思を持っている方です。

意思を確認するために時間をかけて面談もさせていただきます。

 

相手方の希望で支援を利用される別居親の中には、「なんでわざわざ第三者を利用しなければいけないんだ。」と思われる方もあるようですが、そんなことをしなければいけないような夫婦関係だったわけで、相手を非難している限り前へは進めません。

それでも会えていることに希望を感じてください。

同居親の中には、「決まったことだからってめんどくさいわ。」と思われる方もあるようですが、きちんと取り決めの養育費を支払い、子どもに会いたいと愛情を持っていることってすごいことだしありがたいことです。

 

自由に会えている親子がいる反面、どんなに希望しても会えない親子がいる現実もあります。

 

支援をずっと利用していただくつもりはありません。

子どもの親として信頼できる関係を再構築していただき、支援の手を離れていただくことを希望しています。

子どもの笑顔のためにはおせっかいも焼きます。

 

現時点で有料の支援を利用してでも、子どもに会いたいと思ってくれること、子どもを会わせたいと思ってくれることに感謝してください。

ある日突然目の前から両親の片方が消え、一生会うことができない子どもたちもたくさんいるのです。

 

面会交流は子どもの笑顔のために!

親の権利や義務のために支援しているわけではありません。
次回は面会交流支援時の子どもたちの様子をお伝えしますね。

 

 

面会交流支援について

日本ファミリービジテーションセンターで面会交流支援。

 夫婦問題カウンセラー参加の面談をさせていただき支援となります。

 お問合せお待ちしています。 

クリック