カサカサの女性器ではかわいそうです | 「性と結婚教育」夫婦相談の現場から性のコミュニケーションを考える
新型コロナウイルスに関する情報について

「性と結婚教育」夫婦相談の現場から性のコミュニケーションを考える

幼少期・思春期・成人・夫婦、人生を豊かにする性について真面目に考えます。
夫婦にとって性は何よりも大切なことですが、知識がないばかりにセックスレスになったり性のコミュニケーションがうまく取れない悲しい現実があります。正しく理解し、生涯楽しんでいきましょう。

こんにちは 夫婦問題相談室リボーン今枝朱美です。

 

夫婦の素敵な性のコミュニケーションについてのご相談もお受けしています。

 

私は悲しいですショボーン 女性器が粗末に扱われています。

 

大事な大事な身体の一部なのに、見て見ぬふりをしている女性たちが多すぎます。

 

とくに熟年女性の皆さま!

 

性は恥ずかしいこと、はしたないことと教えられて育った女性にとって、自分の性器に興味を持つことは「いけないこと」と教えられていたのかもしれません。

 

しかし最近はVIO脱毛が宣伝されるようになったり、お手入れグッズもネットで簡単に購入できるようになったりと、若い女性はアンダーヘアのお手入れ情報などは目にする機会が増えたと思います。

 

私と同年代(アラカン)の女性のご相談で、

「旦那様とのセックスはあるのだけど、カサカサして痛いです。なんとかなりませんか?」

と相談されました。

 

膣のうるおい不足なのかと思い話を進めていくと、尿取りパッドを付けているため外陰部が肌荒れをしているようです。

 

「お手入れしていますか?」

 

「何かするんですか?」

 

「普通肌荒れしたら何かするでしょ?ひどいときは皮膚科に行ったり、薬つけたりクリーム塗ったり。」

 

「医者なんて恥ずかしくていけません!!」

 

見せることが恥ずかしい気持ちがわからないわけではありませんが、カサカサを放置していることの方がよっぽど恥ずかしいですよ。

 

お手入れ方法と言えば、まわりに毛が生えていて中心は粘膜があって、ほらちょうど目と同じだとは思いませんか?

 

わからないなぁと思ったら、外陰部は瞼と同じように扱ってください。

そして粘膜部分は経皮吸収率がすごく高いし、さらに大切に扱ってください。

 

まずは洗い方

デリケートゾーン専用ソープが販売されていますのでこれがおすすめですが、顔を洗う時のように弱酸性の石鹸をよく泡立ててから手で洗ってください。

外陰部は顔を洗うのと同じようにゴシゴシこすらず泡で包み込むようにです。

外陰部は陰毛があるために、汚れが付いたままになりやすいです。

生理の時の経血だけではなく、尿や汗やおりものなどの分泌物が出ますのできれいに洗ってください。

われめの中もひだとひだの間を特に意識して指でそっとだけどしっかり洗ってください。

 

そして洗い終わったら、石鹸をしっかり洗い流してくださいね。

タオルを当てるように水分を拭き取ったら、次も顔と一緒です。

乾燥する前にしっかり保湿してください。

顔より前、パンツをはく前につけるスピード感でです。

デリケートゾーン専用のものもありますが、瞼につけて問題のないものなら大丈夫です。

自分の肌に合った化粧水や乳液をつけましょう。

肌荒れをしてただれていたりヒリヒリするようなら、適したお薬を付けてくださいね。

 

内陰部は粘膜でさらに吸収率が高いので、何かつけるなら専用のものを使ってください。

 

そうそう、時々鏡で見ていつもはどうなっているか観察してくださいね。

相すれば何かトラブルが起きたときに異常がすぐに発見できます。

 

お手入れをしっかりして、ふわふわでツルツルの女性器をいつまでも維持してくださいね。

 

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム