夫婦の大切な性がかみ合っていない時はぜひ来てくださいね | 「性(SEX)と結婚教育」夫婦相談の現場から

「性(SEX)と結婚教育」夫婦相談の現場から

結婚教育相談員として、思春期までの性・成人(青年期)の性・夫婦の性、
人生を豊かにする性について真面目に考えていきます。

こんにちは、夫婦問題相談室リボーン今枝朱美です。

 

元旦に子どもたち家族が来てくれるので、朝からお節料理に取り掛かっています。

 

おしゃれで高級なものは用意できませんが、まめ(黒豆)に数々(数の子)田を作って(田作り)喜ぶ(昆布巻き)は必須、これは母が子どものころから繰り返し伝えてくれました。

 

料理は結構好きで楽しいので年末の恒例になりそうです。

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

 

夫婦で性がかみ合っていないことに気づかず溝が深まっていくことを多く見ています。

 

例えば、

 

視覚で楽しみたい夫と恥ずかしくて暗くないと無理な妻。

 

お風呂に一緒に入っていちゃいちゃしたい夫と風呂は一人で入りたい妻。

 

気分の盛り上がる前戯をしてほしいのにタイミングを逃してダメになることを恐れてすぐ挿入してしまう夫に、妻は濡れない、痛い、したくないの悲しい結末に。

 

オーラルセックスがお互いにうまくできていないことも。

嫌いなのか好きなのか言えず、してほしいことを言えなかったり嫌なのに我慢してしていたり。

 

夫婦で性のことを話すのは難しいようで、今更言えないって人多いですが、人間の3大欲求の性が満たされないと愛を感じることも難しくなってしまいます。

 

こんな相談がありました。

夫が性欲が強すぎ妻はセックスは嫌いではないものの毎日は付き合えず、断るときやフェラチオに応じるときがあるそうです。

そのフェラチオが嫌いなことを夫には言えなくて困っていました。

 

AVの世界では嬉しそうにしている女性が描かれていますが、そんな女性ばかりではありません。

きれいに洗えていなくて臭くて我慢できない。

無理に押し込まれてオエッっとなってしまう。

大きすぎて顎が痛くなってしまう場。

カウパー腺液が多すぎてその味が嫌。

 

今回の相談者は何が嫌なのか聞いていくと、時間が長くなると顎が疲れてきて辛いというのです。

長時間になる理由などを聞いていくと、最初からくわえて射精までひたすら動かし続けるようです。

そりゃ疲れますよね?

「なめたり手で触ったり手で握って上下に動かしたりはしないの?」とたずねると、そんなことはしたことがないという返事でした。

なるほどまさかそんな理由だったのかと驚きとともに納得し「手で触れないことは無いよね?」と聞くと、

「もちろん持てます。手なら疲れないから大丈夫な気がします。」と言うので、

「じゃあ、いろいろな方法を混ぜながら顎が疲れない工夫をしてみてね。」と話がまとまりました。

 

ご主人に「無理やりさせるのが好きとかはあるの?」と聞いてみると、

「いえいえそんなことはありません。もちろん喜んでくれた方が嬉しいです。セックスするよりフェラチオのほうがいいっていうから。」と、何ともかみ合わない話をしてきます。

 

よくよく聞いていくと、回数の多いご主人の要望を聞いていると大変なので、服を脱いで時間のかかるセックスより射精のお手伝いをするだけのフェラチオのほうが手軽という意味でいいと言ったことが、勘違いにつながったようです。

 

毎日でもしたいご主人が誘っても誘っても断られ、応じてくれても嫌々だったり辛そうな顔をされてはそれも気の毒な話です。

 

奥さんにしても今日はどうやって断ろう?今日はどうやってかわそう?と考えるのはしんどいです。

嫌な行為ではないので段取りさえ整えば受け入れられるのです。

 

ご主人は性のコミュニケーションをもっと取りたいと望んでいるようだったので、奥様には「どうしたら気持ちいい?」と聞かれたら「もっとこうしてくれると嬉しいな。」「それすごく気持ちいいよ。」と優しく伝えるようにお願いしました。

 

ご主人の希望は毎日でも。奥さんの希望は月一程度で。

これが喧嘩の種にもなっているのでお互いの歩み寄りが大切です。

 

歩み寄り案として、毎週末に決めて奥さんから「今日しようよ!」「今日はダメだけど明日なら大丈夫だよ!」と誘ってもらうことにしました。

そうすれば、昼間の行動をセーブしたり夕飯を簡単なものですませたり、二人で協力し合って家事を済ませることもスムーズに進みます。

もちろん体調が悪い時は断ることもOKで、夫もただ断わられるより来週があると思えば「今週はゆっくり休んでね」となります。

 

このように夫婦が一緒に相談に来てくれるとかみ合ってないところがすぐにわかるので解決方法も考えやすいですよね。

 

性の相談はなかなかしづらいと思いますが、二人で解決できない時は一度来てみてください。

もしかしたら思いがけないところがかみ合っていないかも!!

 

待ってまーす!!

 

とはいっても、相談に乗ってくれるのはどんな人?と思ったら。

ほらこんな感じ。クリックしてみてニコニコ

ちょっと怖く見えるかな?

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム