セックスレス解消、おめでとう! | 「性(SEX)と結婚教育」夫婦相談の現場から

「性(SEX)と結婚教育」夫婦相談の現場から

結婚教育相談員として、思春期までの性・成人(青年期)の性・夫婦の性、
人生を豊かにする性について真面目に考えていきます。


テーマ:

夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

月一面談を行うカウンセリング会員さんから嬉しいご報告をいただきました。

 

「一年半ぶりにありました♡」

嬉しいです。

 

 

何かの拍子に夫婦喧嘩となり、相手から不満をぶつけられることがあります。

 

「そんなこと思っていたの?」「それが不満だったの?」「私だって一生懸命だった、、、」

 

夫と向き合っていなかったことに気づき向き合おうと思っても、向き合い方がわからなくなっています。

 

良かれと思ってやってきたことだとなおさらです。

 

ケンカはどちらかが一方的に悪いことは少なく、反省することもあるでしょう。

 

直したからと言っても今一つしっくりいかず、心が寂しいと感じた時に思うことが相手を求める気持ちです。

 

それは肉体的な快楽を求めるセックスを望むわけではありませんが、セックスレスが重く心にのしかかってきます。

 

こちらが望んだときには、すでに相手があきらめてしまった後という場合が多く、タイミングがうまく合いません。

 

お化粧や体形に気を配ったり、服装に気を付けることは当たり前の身だしなみとして必要です。

 

子どもが一緒の部屋に寝ていないとかの状況を考えるのは当然のことです。

 

しかし、そんなことでセックスレスが解消されるわけではなく、一番大切なことは、相手と心を合わせることです。

 

自分のことを理解してくれている、大切にされていると感じた時に、心と身体で相手を受け入れようとします。

 

これは男女とも同じです。

 

性欲ピークの年齢でもなく、長年連れ添っている夫婦ならなおさらです。

 

心から相手を思いやることができた瞬間に、扉が開くのかもしれません。

 

しかし、思考の癖に気づくことや、思考の癖を変えることは一人ではできません。

 

新しい風をいれることが必要となってきます。

 

そんな時、カウンセラーに相談してみるなど、人に話してみることをおすすめします。

 

ご相談待ってます。

 

カウンセラーに相談するほどでもないんだけどという時は、「結婚・夫婦を語ろう会」も定期開催しています。

 

 

「結婚・夫婦を語ろう会」開催のお知らせ 【日時】8月5日(日)18時~20時
【場所】サクラカフェ(名古屋市中区橘2-8-45 東別院会館1F)
【参加費】1,000円 軽食飲み物付き
【参加条件】どなたでもOK
【定員】20名
【申込み】imaeda@fuufumondai.com または フェイスブックコメント、メッセンジャーでお知らせください。(今枝朱美)

毎月第一日曜日を予定しています。

夫婦相談の現場から性について考える今枝朱美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス