セックスレスを解消したいと言ってるのに?? | 「性(SEX)と結婚教育」夫婦相談の現場から

「性(SEX)と結婚教育」夫婦相談の現場から

結婚教育相談員として、思春期までの性・成人(青年期)の性・夫婦の性、
人生を豊かにする性について真面目に考えていきます。


テーマ:

夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

 

多くの女性は子どもが欲しいと思うと、忙しくても頑張ってセックスをします。

 

しかし、目的を達成し子育てに必死、または可愛くて仕方がないと、夫に気持ちが向きません。

 

産後ホルモンの急激な変化に強く影響される方はなおさらです。

夫に誘われても当たり前のように断ります。

 

悪気がないから、覚えていないくらいの軽さで断ります。

 

夫は傷つき3回断られたら8割があきらめます。

 

 

 

あきらめた夫は、他に楽しみを見つけます。

 

仕事に精を出したり、趣味に没頭したり、ほかの女性に心奪われたり。

 

 

子育てにひと段落してふと隣を見ると夫が居ない!

 

なんだかさみしい。

 

よくよく考えてみるとセックスレスになっている。

 

いかんいかん、セックスをしなければ・・・

 

そこで夫ではなく、他の男性に目を向ける妻たちは女を復活させます。

 

女復活はいいけれど、これはおススメしません。

 

家庭崩壊へまっしぐらです。

 

 

夫にセックスを求める妻たち。

 

私には、夫をセクシーな対象としてセックスしたいようには思えないのです。

 

ただ、自分を取り戻すために、セックスという行為をしたいとしか思えないのです。

 

 

夫に男を感じるところ、セクシーだと感じるところはどこですか?

 

また、夫が自分のどんなところをセクシーだと感じるか知っていますか?

 

 

夫にセクシーさを感じないのに、自分だけ求めてもらおうとしても無理です。

 

無理やりセクシー下着付けても逆効果です。怖いです。

 

 

セックスレスを解消しようと考えるなら、

まずは夫をとして自分をとして意識するところから始めてくださいね。

 

 

離婚問題、セックスレス問題に関わらず、幅広い夫婦の性の問題もお聞きしています。

 

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム

 

夫婦相談の現場から性について考える今枝朱美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス