セックスレスでもめているのであれば、少しだけ相手の気持ちを想像してみてください | 「性(SEX)と結婚教育」夫婦相談の現場から

「性(SEX)と結婚教育」夫婦相談の現場から

結婚教育相談員として、思春期までの性・成人(青年期)の性・夫婦の性、
人生を豊かにする性について真面目に考えていきます。


テーマ:

夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

夫婦相談でセックスレスの問題は大変多いです。

 

少し前までは、

「妻が子育てで疲れていると言ってセックスを拒否してきます。私は妻を愛しているので応えて欲しいです。」

「全くその気にならなくてセックスが苦痛です。旦那が強引に求めてくるので離婚も考えてしまいます。」

といった妻が拒否する相談が多かったです。

 

しかし最近は逆に夫が拒否している相談が増えてきました。

「旦那さんが仕事で疲れていると言って全然求めてきません。こちらから誘うとビクッとして背中を向けます。」

「妻が家族としか思えません。大切には思いますが、全くその気が起きません。」

比率が逆転しそうな勢いです。

 

(コチラもご参考に「セックスレスに悩んでいる人の共通点とは」

 

ただ何となくという場合もあります。

「前に断られたことがあったような気がして、誘うタイミングがわからなくなりました。」

「誘われたことも無いし、誘おうと思ったことも無いし。」

 

私は夫婦のセックス推奨派ですが、二人が良ければあっても無くてもどっちでもいいと思っています。

セックスは嫌々とか義務でするものではないですし、夫婦のコミュニケーションは他にもたくさんありますから。

 

でもセックスレスでもめているのであれば、少しだけ相手の気持ちを想像してみてください

 

たとえばあなたは朝は食欲が無くコーヒーだけ、昼はランチをガッツリ食べて、夜はお酒と軽くおつまみだけで白米は食べません。

パートナーは早起きで朝からご飯とみそ汁が必須、昼は軽くパンでも食べて、夜はお酒は飲まずご飯が大好きでしっかり食べたいとします。

でも、あなたに合わせて家では白米の無い生活でずっと我慢していたとします。

パートナーは元気が無くなってきて、沈みがちになったり、怒って攻撃的になりますよね。(私は確実にお腹がすくと無口になり不機嫌になります。)

たとえばパートナーが武井壮のように一日45分睡眠で十分だったとします。

そしてあなたは8時間は眠らないと疲れが取れないとします。

毎日睡眠時間が制限され付き合わされたら、疲れは取れないし頭は回らないし、悲しくなって涙があふれてきます。(これは産後と同じですね。)

性は食べることと眠ることと同じくらい大切です。

そして、食事は別々にとれるし、同じ食卓で違うものを食べることもできます。

睡眠も一緒に眠ると幸せだけど、同時にしなければいけないものでもありません。

 

でも、セックスは二人じゃないとできません。

あなたを求め応えて欲しいし、あなたに求められ必要とされたいのです。

セックスは他の誰とでもなく、愛するあなたとしたいのです。

 

無理に食べることも、眠くないのに寝ることも苦痛であることは良くわかります。

 

セックスレスでもめているあなた。

相手の気持ちが理解できない時は、食事や睡眠をイメージして想像してみてください。

そしてお互いが少しずつ我慢して、すこしだけ相手に合わせてみてください。

夫婦の生活は、話し合いすり合わせていくことが大切です。

 

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム

 

 

夫婦相談の現場から性について考える今枝朱美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。