女性を喜ばせ口説く50の恋愛術

女性を喜ばせ口説く50の恋愛術

ブサイク・チビ・ハゲ・デブ・口下手でも大丈夫!女のコが喜ぶことに喜びを感じる男がモテます。

      数回のメールのやりとりだけで

      惚れさせる最強のメールテクニック

     >>>こちら <<<


ーーー‐ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      女性を快感の虜にさせる

      最強のセックステクニック

     >>>こちら<<<


ーーー‐ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


        劇的に第一印象を変える

      最強のファッションテクニック

      >>>こちら<<<


Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
体の相性を確かめる目安はやはり3回です。

1回目はお互いに興奮状態でわけがわからないまま
終了です。


2回目は、少なくとも知らない相手ではないので
大体の感じはわかっているはず。

このコはどこがいいのか考える余裕が生まれてきて
女のコもリラックス度が高いから、感じやすくなります。


3回目でようやく相手の体を楽しむ段階に入ります。


彼女に「ここ、イイ?」とストレートに聞けるし
彼女のほうも「彼もちゃんと感じてくれてるかな?」
と考える余裕が生まれます。


最初にいまひとつの印象な相手でも、ウソのように
肌が合うことがわかる場合があります。

このことから、体の相性や相手を見極めるには
3回のステップを踏むことが必要です。


3回というのは、体の相性を確認するだけではなく
女のコに対しても失礼ではありません。

1回だけでは遊ばれただけという印象はぬぐえません。

ただ数をこなすのが女を知ることにはなりません。


少なくても3回は体を重ねて、相手を堪能する域に
達し、そういう積み重ねを経てきた男が真の
”いい男”といえます。


これで会話上手になれる
 http://www.infotop.jp/click.php?aid=172892&iid=43319

テーマ:
女のコと付き合った最短記録は
どれくらいでしょう。

1週間?もしかして、数時間なんてツワモノが
いるかもしれません。

要は、やることやったら「さようなら」という
関係です。


時にはこういうこともあるかもしれないが、それは単に
性欲を解消しただけで”女を知った”とは言えない。


生理的欲求に突き動かされたような未熟な付き合いは
大人の男はしない。

女のコとの付き合いを重ねて、精神と肉体の両面で
女を知り、その経験によって男っぷりが磨かれて
いきます。

女性というのは、ただ単に数をこなせばわかると
いうものではありません。


なぜなら、出会ったばかりのコと初めてセックス
するときは、たいてい平常心ではないからです。

ワクワク、ドキドキと、とても興奮状態で
どんだけ冷静な男でも、本来の自分では
なくなっています。


そんな状況で何が理解できるのか。


チョット味見をお互いにした程度です。


女性のほうがより興奮状態にあるので、間違いなく
普段の彼女と違うはず。

お互いにぎこちないコミュニケーションでいい悪いを
判断するのは早すぎます。


これで会話上手になれる
 http://www.infotop.jp/click.php?aid=172892&iid=43319

テーマ:
”靴を見るとその人の値打ち”がわかるというのは
いつの時代でも言われている真理です。

最近の男は、女のコ以上にルックスやファッションに
お金をかけるようになっています。


ブランドに興味を持ったり、化粧をしたり、
エステに通っているのも珍しくありません。


それを情けないと感じる人もいますが、不潔よりは
断然マシです。


そんな中、時代が変わってもやっぱり靴だけは
感覚をはかるモノサシです。

目が肥えた人ほど靴にこだわるし、ハイクラスな
人間であるほど、靴に手を抜きません。


足を組むと、靴と靴下はスーツより目立ちます。


当然女性の目線もそこへ行ってしまう。


高価な靴であるより、手入れの行き届いた靴で
あることが重要です。


これで会話上手になれる
 http://www.infotop.jp/click.php?aid=172892&iid=43319





テーマ:
相手が興味を持ってないのに、自分の世界を
一方的に話しても、うっとうしいだけです。


例えば、大の映画好きで、ハリウッド映画はもちらん
ヨーロッパからインド映画まで制覇しているほどの
ファンだとします。

原作や演技、業界のことにも詳しくて、下手な
評論家より豊富な知識があっても、彼女を
惹きつけることはできません。

彼女が映画女優でもない限り。

もしスポーツ好きで映画に興味もなかったら、
映画の知識は何の役にも立ちません。


こういう時はまず相手の趣味に”興味を持つ”です。


「スキューバやろうかな」って言われて
何も知らないからと「ふーん」で終わらせたり
知ったかぶりの知識を披露するのはいただけません。

ムリしないでどんどん質問してみることです。


「どこの海がオススメ?」とか
「スクールとかあるんだよね、行くの?」など。


そうすれば、彼女は話を聞いてもらえて満足だし
あなたが興味を持ってくれたと喜んでくれます。

あなたの知識も増えるし、一石何鳥にもなります。


「オレもやってみたいなあ」とか
「グラン・ブルーって映画見た?きれいだった
よね」などとつなげていけば、得意の映画の
話題にも持っていけるし、実際やってみたく
なるかもしれない。

「じゃあ一緒に潜りに行こうよ」と向こうから
誘ってくれる可能性も高まります。


これで会話上手になれる
 http://www.infotop.jp/click.php?aid=172892&iid=43319



テーマ:
共通項とは、好きな音楽やスポーツかも知れないし
好きなタレント、将来の夢が似ていることかもしれない。

要するに、同じような社会的傾向と言いましょうか。

そういう人と、より深い友達になっていきます。


仲のいいカップルは不思議と雰囲気が似ている場合が
多いのはそういった理由です。


オタク男にはオタクな女。

ヤンキー男にはヤンキー女。

インテリ男には・・・・やっぱりインテリ女。


二人が同じ趣味で共通の話題を持っているのが
一目瞭然です。

似たような価値観を持っているので、一緒に歩き
付き合っていけます。


女子高生とオヤジという一見ミスマッチなカップルは
お金によるギブ&テイクが成立しているという
ことでしょう。


似たもの夫婦という言葉があるように、
うまくいっているカップルや夫婦はどこか
似たところがあります。


でも、まるで正反対も困るが、かといって類似点が
多すぎるのもなんだか気味が悪い。

やはりほどほどでしょうね。


これで会話上手になれる
 http://www.infotop.jp/click.php?aid=172892&iid=43319

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス