もうひとりの主役 | 不登校でもイイじゃん

不登校でもイイじゃん

~あべのブログ~

少しだけ厳しいことを書きますね。

「一生懸命に育ててきた」
「学校へ行かなくなって落ち込んだ」
「なんとかしようと頑張った」
「うまくいかなくてイライラしてしまった」
「考え方を変えて楽になった」
「焦らずに過ごせるようになった」
「信じてあげられるようになった」

こんな心境を経験された保護者の方はいらっしゃるでしょう。

どれか1つか2つでも、
あるいは全て似たような心境を経験されている方も。

上から順に見てみると、
段階を経て、なんとなく状態が良くなっていく感じがしますよね。
それはとてもいいことです。

ただ、
心境を表したこれらのセリフというか文章、よく見てみましょう。

これらの文章の、
「主語」は誰でしょうか


全て、
保護者の方ご自身のことですね。

繰り返し書きますが、

ご自身の状態が改善されていくのは、いいことです。

ただし、
ご自分のことばかりになってしまい、
本人のことが頭から抜けてしまわないように意識はしてあげて下さい。

「自分の子どものことなんだから、抜けるわけがない」
と言われる方もいらっしゃるでしょう、当然です。

けど、それでも少し意識をもって念頭に置くようにしてあげましょう。


「一生懸命に育ててきた」
「学校へ行かなくなって落ち込んだ」
「なんとかしようと頑張った」
「うまくいかなくてイライラしてしまった」
「考え方を変えて楽になった」
「焦らずに過ごせるようになった」
「信じてあげられるようになった」

という、
ご自分が「主語」である心境のとき、
本人がどういった心境になるものかを考えてみてあげて下さい。

これらの言葉の奥にいる、
もうひとりの主役のことを意識してみましょう。


自分が「悩んでいる」、自分が「頑張っている」、自分が「楽になった」と
そんなとき、
本人がどう感じるものかを考えてみると、
自分自身の気持ちのコントロールもうまくいくようになります。

本人のことで悩んでいて、本人の幸せを願って頑張っているわけですから、
やはり自分ひとりで一喜一憂するだけではなく、
本人の一喜一憂も共に感じてあげたいですよね

 

◎本日の動画→こちら☆(約3分 ※声が出ますのでご注意を)

 

◎「LINE@」ご登録下さい☆

友だち追加

↑こちらをどうぞ(登録無料・解除自由)
 
《YouTubeで色々と配信しています》→こちら☆
※チャンネル登録をすると他の動画も視聴しやすくなります
 
《ご案内》
・7/7(日)セミナー&ランチ会@新宿→こちら☆
・7/27(土)オヤツ会@渋谷
・7/28(日)初めての方のみセミナー@横浜→こちら☆
 
※4年前の過去記事です