● 寄り添いコースはじめます

こんにちは。不登校カウンセラーの山根貴子です。

このたび、私のできるすべてを提供する、寄り添いコースをリリースすることになりました。

とても大切な人を失って、考えたことがあります。

その方は、この世を去りたいとまで、相談に行っていたようです。

託された手紙を読むと「自分の性格のせいだ」とか「なぜか考えるように」などと言われていたように推測できます。

元気な人なら、これで良かったかもしれません。

しかし、心が元気でないから、苦しくて、勇気を出して病院やカウンセリングに行くものですよね。

心の調子がわるければ、人はまっとうな判断ができず、自分がわるいのだととらえがちです。

追い詰められて孤独感にさいなまれるくらいなら、苦しみはさらに大きくなってしまいますね。

私が苦しいとき、対面カウンセリングだけでなく、メールや電話相談も受けました。

今のように、オンラインで相談できるものもあったら良かったかな、と思いました。

何も考えたくない。生きるのに疲れた。なにも読めない。そんな日でも、音源でしたら聞くことができたかもしれません。

たった一言で、ほんの少しはラクになれたかもしれません。

ほんの少しのラクが、ある程度たまっていないと、修正もできないんです。苦しすぎて。

私が、なぜ今日まで生きてきたかと言えば、小さなころにみずから命を絶ってはいけないと学んでいたからです。

ただ、一冊の本です。じっくり読んだわけでもないですが。

ああ、私は健康で毎日がつらくても、当たり前のように生きているけど、子供でも病気で亡くなっていく人がいるんだな、

生きたいと思っているのに、生きられない人がいるんだなって。

そう思ったら、命を絶つことはできませんでした。

その後も、なんどか生きるのが苦しくて身投げしてしまおうかと思うことはありました。

(重い話をしてすみません。今日だけお付き合いください。)

でも、思いとどまった理由は、その本のことが心にあったこと。

それから、子供たちが生まれて、守るものがあったから。

他には、死んだらケーキ食べれないからとか(笑)

お国のためにと教育を刷り込まれた人でさえ、おかーちゃんとだけ言って最後は亡くなったのです。

心も体も、苦しみにとらわれたのなら、人は愛する人がいてくれることすら感じなくなってしまいます。

しかし心の問題も、擦り傷などと同様、適切な処置をすれば、必ず回復していくものです。

薬を全否定するわけではないですが、頭痛薬のように対処療法であったりしますね。

心を修復するには、愛に触れる事。あたたかさに触れる事。

まずはそこからではないでしょうか。

話を聞いてくれる人がいたら。

仕事を休むことが出来たら。

どうにもうまくいかない出来事があったとしても。

今日だけ、今だけ生きる選択をしていてほしい。

それによって、喜ぶ人がいます。

赤ちゃんは、自分で何もできなくても、可愛がられます。面倒を見てもらえます。

そして、あなたも、そのように愛情を受けて、今存在しています。

今のあなたが、苦しくて、生産的なことが何もできないと思っていても、あなたが存在するだけで、嬉しい人がいます。

心が苦しいあなたに、徹底的に寄り添うコースの内容はこちらです。

・毎週の電話カウンセリング 50分(月4回)

・電話しない日も、会員制掲示板でサポート(一か月質問し放題)

・修正文(音源バージョンもご希望に応じて)

・月に一回、対面カウンセリングまたはランチ・ティータイムをご一緒に。またはZoomでオンラインカウンセリング(90分)

掲示板の中には、アサーショントレーニング部もあり、やさしい仲間がいます。

そして、感情解放に役立つ、認知行動シートもダウンロードできます^^

笑顔でいられるために。問題解決して、心身の健康を取り戻すために。

あなたに寄り添うコース詳細とお申込みはこちらから


電話相談・対面カウンセリング・オリジナル修正文作成

不登校・引きこもり専門カウンセリング・五月雨登校・保健室登校・別室登校・起立性調節障害・頭痛・腹痛・アトピー・アレルギー・霊障・憑依体質・介護・病気の悩みに対応