ーその1ー

愛犬を見送った後

 

 

 

寿ぎ庵のふさ子さんから

自分ビジネスコーチングを受けた

お仲間に、最近、愛犬を見送った方が

いらっしゃると教えていただきました。

 

 

 

早速、ブログを拝見して

ふっと浮かんだのは

父の死でした。


 

 

父が亡くなって20年程前になります。

学生の時から実家を出ていたので

父の危篤を大阪の勤め先で知りました。

 

 

 

新幹線を使っても実家まで

1時間半ほど。

姉に駅まで迎えに来てもらって

実家に向かう道中で

父が亡くなった事を聞きました。

 

 

 

 

その時に、

真っ先に思った事は

「最後をみなくて良かった」

でした。

 

 

 

 

最後に立ち会えなかった事を

悔やむのではなく、

間に合わなくて良かったと

思ったのです。

 

 

 

 

亡くなる4年程前に喉頭癌を患い

幸い初期だったので、手術をして

すぐ仕事に復帰していました。

 

 

 

その頃は、まだタバコも吸っていて

心配ではありましたが

いつもの父に戻ったのだと

安心しました。

 

 

 

 

2年後に再発し

声帯を取らなくてはいけないかもしれないと

家族で泣きましたが

声帯もとる事なく、無事手術も成功しました。

 

 

 

 

しかし、手術の影響で

食事をとるのがつらかったようで

元々細かった体が半分ぐらいになり

目の力もなくなり、

どんどん鬱っぽい状態になり

最後は寝たきりになりました。

 

 

 

 

 

それまで、身近な死といえば

祖父母を見送りましたが

私にとっての父の死は、

全く別のものでした。

 

 

 

 

 

当時、60歳前半で理容師として

働いていましたし

後継の兄が床屋を継ぎ

一緒に働き始めたばかり。

 

 

 

 

私は20代と若く

まだ何も親孝行をしていない。

花嫁姿も見せる事ができてない。

 

 

 

 

どんどん衰えていく

父の姿を目の当たりにする事が

本当につらかった。

 

 

 

 

 

帰省した時は

介護を手伝ったりはしてましたが

ほとんど何もできなかった

記憶しかありません。

 

 

 

 

 

愛犬を見送った後に

この頃の4年間と

愛犬との介護の日々がリンクして

いた事に気づきました。

 

 

 

未来にやってくる死への恐怖。

父ががどういう辛い状態にになるのか

そして、その父の辛い状態を目の当たりにして

私はどういう状態になるのだろうか。

どれだけ深い悲しみ、寂しさを味わうのだろうか

それは、いつまで続くのだろうか・・・・

 

 

 

 

全く同じ感情になっていたのです。

 

 

 

 

愛犬の死を覚悟してからの私は

無意識に、

父との死に向き合えなかった事を

「繰り返さない」

「絶対に逃げない」

と、自分を奮い立たせていた

ように思います。

 

 

 

きっと、

私が越えなければいけない

課題だったのでしょう。

 

 

 

 

愛犬の死としっかり向き合った事で

父との死とも向き合う事ができました。

 

 

 

 

そして、また一つ、

私の中で

分離されていた何かが

統合されたのです。

 

 

 

愛犬と別れて間もないので

「何か」の正体は、

ハッキリわかりませんが

近いうちにわかる気がします。

 

 

 

 

父の命日に、

一緒にお経をあげてもらえる事になり
母と兄が用意をしてくれました。

 

 

 

 

 

左側が

父と父の兄弟

母の弟

私のおじさん達と一緒です。

 

 

 

 

みんな、動物が大好きな人だったので

きっと、可愛がってくれていると

思います!