フォトチャンドゥオンUnsplash

 

 

 

 

寿ぎ庵さんのブログ記事で

よく登場する「あの子」

 

 

 

 

昔、何かのセラピーを受けた時に

インナーチャイルドを

癒した事があります。

 

 

 

 

経験から「あの子」は

インナーチャイルドなの?

と思っていたので

「自分ビジネスコーチング」で

「あの子」に 出会った時

一瞬、どう声をかけていいかわりませんでした。

 

 

 

 

頭の中では

ギュッと抱きしめて

「よく頑張ったね」

ヨシヨシと頭を撫でて・・・

とイメージが浮かんできましたが、

 

 

 

 

すぐに「違う」とわかり

「凄いことしたね!偉いね!」

と褒め言葉を「あの子」

にかけました。

 

 

 

 

 

ギュッと抱きしめて

「よく頑張ったね」

ヨシヨシと頭を撫でてとすると

「慰めている」感じになります。

 

 

 

 

慰めるという事は

「あの子」は私の中で

とても繊細で弱く

小さな存在。

 

 

 

 

可哀想な子だから

思いを昇華させたら(笑顔に戻して)

解決みたいな感じになってしまいます。

 

 

 

 

 

しかし

「自分ビジネスコーチング」

で出会った「あの子」は、

時期でいえば、

インナーチャイルドになる得る子

なのですが

 

 

 

 

 

かずさんの

幼稚園児が、言える言葉だと思う?

一生懸命で必死だったんだよ。

そして、両親の人生を変えた。

今があるのは、この子のおかげなんだよ。

 

 

 

 

という言葉で

繊細で弱く

小さな存在ではなく

「最強の自分」という

とてつもなく大きな存在に

感じられたのです。

 

 

 

 

ただの解釈の違い、

視点の違い

といえばそうなのかもしれませんが

自分では意外に気づけないもの。

自分の才能に気づかないのと

似ています。

 

 

 

 

 

なぜ自分の事なのに

気づけないのか。

それは、自分にとっては

当たり前にできる事

才能だから。

 

 

 

 

 

実際に「コーチング」を受けるまで

「あの子」にダメ出ししてましたからね(笑)

(ほんとに申し訳ないあせる

自己肯定感低いわけだわ笑い泣き

 

 

 

 

 

もし、いろんなセラピーや

ワークを受けても

ビジネス、啓発本を読んでも

何か違う。

モヤモヤする。

と感じている方は

 

 

 

 

 

 

「最強の自分」と繋がった

「体感」がある人に

手伝ってもらう事をおすすめします!

 

 

 

 

 

 

手伝ってもらう方が

近道ですよ。

楽しく、ラクに自分と繋がりましょう。