中谷美紀さんの文章を見れば、本当の「実用書」が見えてくる | 武田双龍の美しい文字を身につける方法

武田双龍の美しい文字を身につける方法

書道家・武田双龍主催書道教室「ふたばの街」で指導しています。
全国に支部を持つふたば書道会の理事長です。2017年2月14日にリニューアルし、「文字を美しくするブログ」に特化していきます。双龍の作品や日常はインスタグラムorフェイスブックをご覧下さい。

こんにちは、こんばんは。
双龍です。

ふたば書道会では、
正方形、均等、左右対称に書く「級」「習字」的に書く文字と、
変化を加える「段」「書道」的に書く文字を分けて手本に掲載します。



小学生の頃に習う「習字」のメリットとデメリットをまとめます。

〜メリット〜
①読みやすい
②誰が見てもキレイ
③真面目な印象を与える

〜デメリット〜
①時間がとにかくかかる
→一度でもミスをすると、そのミスが目立ってしまい、書き直ししなければいけないことが多いため。
要するにミスが許されない

②大人っぽくは見えない
→変化がないため、無理して時間をかけて書いていることがバレるので「大人の余裕」は感じない

以上が習字的な文字のメリットデメリットです。

要するに、子供の時に習ったような文字は、
実用的ではないのです、、!

一度ずれてしまったら終わりですから、
書くのに疲れます。


一方、変化を加える書道的な文字は、
大小、疎密などの変化があるので、
ミスが目立ちにくい上に、あとでミスを修正することができます。

たとえば、「あ!1文字目が大きくなっちゃった!じゃあ、2文字目を小さく書こう」

と前向きにミスを改善することができます。

ここで、中谷美紀さんの話題の文章を見てみましょう。


特徴をまとめてみます。

①行の高さや中心はバラついているが、上下、左右に自由に揺らしているので、より自然に見える(書き慣れ感がある)

②「た」の2画目を長くするのに特徴があるが、
  「い」「に」などの文字は逆に潰しているので、字形の変化があり、個性と遊び心も見える

③漢字を崩すことで、ひらがなとの相性が良くなっている。
→真面目な楷書の漢字と、丸っぽく崩れやすいひらがなを組み合わせて使う日本語は、フォントだとあまり美しく見えません。
  
そこで、漢字を行書化したりして「崩す」ことで、ひらがなとの相性が良くなるのです。


以上が、中谷美紀さんの文字が美しく感じる理由です。

習字だけじゃなく、深くて面白い書道の世界も楽しんで下さいね
\\\\ ٩( 'ω' )و ////