昨年の墓園参詣供養は、年4回中3回が雨という珍しい年になったのですが、今年は見事に快晴!

の予報だったのに、まさかまさかの世界的パンデミック「コロナウイルス」の影響で、波乱の本年最初の行事の幕開けとなりました。

 

事前にお寺の総代さんと彼岸行事について協議をし、全て予定通りに行うと決めてはいたものの、やはり不安はぬぐえません。

しかも昨晩、兵庫県・大阪府両知事が両都市間の不要不急の移動制限を宣言し、もう何をどうして良いのやら…

 

と言った感じだったのですが、思いのほか例年通りのお参りがありました。

それを喜んで良いのやらダメなのか、またそれもよく分からない日ではありましたが、兎にも角にも皆様が無事にこのコロナウイルス感染防止期間を乗り越えていただき、早く元の生活に戻ることができるよう祈りたいと思います。

 

しかし実は、私、今日はずっと足を引きづっての参りで、皆様にはご迷惑をおかけ致しました。

でもそんな中、久しぶりに一家揃ってのお参りになったY家の皆さん。

私が住職になったころは、お母さん達(三姉妹)に連れられていた、これまた全員小・中学生だった女の子たちが、今日は見事に全員が高校卒業&成人されてお参りに来られました。

なんだか感動してしまいました。

そりゃ、私もしゃがんでるだけで足指の筋を伸ばすわな(年です…)( ;∀;)

 

それでは皆様こんな世相ではございますが、本年最初の本堂での行事も予定通り行いますので、体調が万全の方はご参詣いただければと思います。

宜しくお願い申し上げます。

 

(写真は、平成29年より募集開始させていただいた新区画です。おかげ様で全21区画も、残り6区画となりました。)

 

*事前にご連絡をいただければ、住職が代理で墓参することも可能です。諸事情によりお参り出来ないお家の方は、どうぞご遠慮なくご連絡下さい。

 

合掌

 

普照院HPに戻る