昨日の天気予報では「晴れ」とあったので安心しきっていたのですが、実際は朝から強風&小雨で、まさかまさかの年4回の墓参(春彼岸・盆・秋彼岸、そして今日)の内3回が雨という、最悪のコンディションで本日の墓参はスタートしました。

 

やっぱりそんな天気ですから、お参り数は・・・ でしたが、10時半ごろには降ったり止んだりの雨もおさまり日が出てき始めましたので、お参りもボチボチ来られるようになりました。

 

そのような中、ふとあることに気づきました。

今日は土曜日ということもあってか、お参りの方々の中に小さい子供が普段よりも多いのです!

 

これは寒い中待っている身とすると、とても嬉しいことでした。

 

なぜなら、小さい頃にお墓参りに行かない人は、大人になってから突然習慣化することはできないからです。

 

「他人のことを思いやることができない」、「自己の主張のみを押し通す」、これらは昨今の日本の風潮となりつつありますが、これは要は宗教観の無くなった社会形成が進んでいるからです。

お墓参りは、その宗教観を育む第一歩なのです。是非、来年からは家族・親族揃ってお参りして下さいね。

 

さあ、この墓参日をもって本年の当寺院の諸行事も全て終了致しました。

皆さん、今年一年もたいへんお世話になりました。

来年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

それでは良いお年をお迎え下さい。

 

*事前にご連絡をいただければ、住職が代理で墓参することも可能です。諸事情によりお参り出来ないお家の方は、どうぞご遠慮なくご連絡下さい。

 

合掌

 

普照院HPに戻る