托鉢僧にお会いして。 | 風水生活い・ろ・は

風水生活い・ろ・は

風水心理カウンセラー・夏衣涼子のブログです。


テーマ:

こんばんは、夏衣涼子です。

 

昨日はサロンドラマージさんの風水講座の日。

ブログで紹介させていただいたように、

新たな生徒さんも増え、

楽しくて、美味しい(笑)講座となりました。

 

で、ラマージュさんに伺う前に

私は最寄りの駅前で托鉢僧を見かけました。

 

朝からウキウキ気分よく、

お花屋さんでクリスマスリースを見ている時でした。

「チリーン チリーン」と高い鈴の音が響き渡りました。

そう、その鈴の音は、

本当に天まで届くように響き渡って聞こえたんです。

 

お花屋さんでその鈴の音を聞きながら、

しばらく考えました。

どう行動したらいいのか分からなかったのです。

 

心に響く鈴の音でした。

だけど、どうしようかしら?

もうサロンに行く時間だし・・・と一瞬言い訳を考えて、

お経を唱える前を通り過ぎようとしました。

 

いや、いや、いや、

今日はこれではダメだよね。

とその時強く思いました。

 

感動させていただいたのだから、

やはり気持ちを表したい。

 

作法などまったくわからない私でしたが、

お経を唱えて、

手には黒いお椀をもっている僧の前に進みました。

 

私はそっとお椀にお金をいれて、

お経唱えて最中ですが、

「素敵な鈴の音でした、ありがとうございました。」

と言って、一礼してその場を後にしました。

 

 

これで作法は良かったのかしら?

この後、スマホで検索したら、

お金を入れたら、合掌する。

短いお経を唱えてくれる事もあると知りました。

 

そして、このお金をいれる行為自体が、

つまりお布施は、

施しをする側にこそ修行なんだと知りました。

 

そう、それは、私の修行だったんですね。

 

托鉢の意味は、僧侶の修行であるのと同時に、

僧侶に施しをすることで、

人々に功徳をつんでもらうという意味があるそうなんです。

 

だから、僧侶はお礼を言わないんですって。

 

私が私のためにやった事について、

僧侶がお礼を言うのは変ですものね。

 

すっきりとした気持ちになったのはそのためですね。

 

この年まで、まったく知らずにいましたが、

昨日はよい経験ができました。

 

忙しい師走の駅前。

托鉢僧に気づいた人、鈴の音が聞こえた人、

同じ場所にいながら、

見えていた風景はそれぞれだったようです。

そんな不思議を感じた朝でもありました。

 

 

 

【涼子の風水メルマガの登録】

(クリックするとメルマガ登録画面になります)

メルマガは毎週末発行しています!

週末をお楽しみに♪

 

 

クローバーだだ今募集中

 

◆運を先取り!皆で予祝いのお茶会のご案内

12月16日(日)

愛宕神社参拝後アンダーズ東京でアフターヌーンティー

詳細はこちら

 

◆FSCA認定 2019年開運ダイアリーセミナー

1)毎日、毎月の吉方位が分かります。
2)毎日、毎月の運気もわかります。
3)どんな事に気を付けて過ごせばいいのか、
 2019年の過ごし方が変わります。
4)自分だけでなく、家族の事もわかります。

12月13日(木)

12月24日(祝)

1月12日(土)

1月20日(日)

九紫火星の年から、八白土星の年へ。

詳細はこちら

 

◆カウンセリング-募集中

①引っ越しや入籍、開業の日のご相談

②開運ビジネスネームのご相談

③吉方位旅行のプランニングのご相談

などなどお気軽にお問い合わせください。

 

 

お問い合わせはHPからお願いします。⇒HP

 

▼ 毎日応援ありがとうございます ▼

にほんブログ村

 


風水 ブログラン

 

 

 

 

夏衣涼子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス