「クワガタと少年」あらすじ | 大村あつしオフィシャルブログ「ボクは不死鳥」Powered by Ameba
2011-02-26 17:34:22

「クワガタと少年」あらすじ

テーマ:ブログ
夏休みのある日、少年がデパートの昆虫売り場にクワガタを買いにくる。

そこで彼はある疑問に直面する。

同じようなクワガタなのに、1匹3,000円のものと300円のものがあるのだ。

理由を訊くと、300円のクワガタは足が5本しかないからだという。

少年は5,000円持っていたが、あえて300円のクワガタを選ぶ。

はたして、その理由とは?

そして、その理由を知った店員がそのあとに取った感動的な行動とは?

誰もが知らず知らずのうちに抱いてしまう「差別」意識に強い警鐘を鳴らす作品として、学校の道徳の教材にも採用されている作品。






「ランチボックス」へ>>


$大村あつしオフィシャルブログ「ボクは不死鳥」Powered by Ameba


→ 『エブリ リトル シング』をアマゾンで見る

大村あつしさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース