【廃墟】M越鉱山 | 廃墟巡行 -tours to ruins-

廃墟巡行 -tours to ruins-

関東地方と静岡県を中心に廃墟探索をしています。
本人の備忘録的な意味合いが強いブログです。

[所在地]静岡県伊豆半島某所
[探索年月]2011年1月

伊豆の山間に今も残る巨大な木造の選鉱場。
ここは1914年第一次世界大戦の年に発見された金鉱山です。
鉱山としての歴史には終止符が打たれていますが、
道路沿いの工場では廃棄された電気製品などから、
金・銀をリサイクルする事業が現在も行われているようです。

IMG_6382
選鉱場の内部。伊豆には他にも木造の選鉱場が残っていますが規模は随一。

IMG_6391
複雑に組まれた木材の織り成す極上の建築美。絶品です。

IMG_6406
機械にさす潤滑油か、透明の液体や黒い液体の入ったボトル。

IMG_6408
常に危険と隣合わせの鉱山でのお仕事。安全標識が至る所にありました。

IMG_6419
耐陰性の強いシダ植物は、こんなところでも問題なく育ちます。

IMG_6487
そこかしこに置かれたドラム缶。金属が錆びた色って堪らないですよね。

IMG_6397
屋根に整然と並んだ採光窓。迫力があります。

IMG_6395
トタンは錆びて朽ちて、ところどころ剥がれています。

IMG_6463
パズルのようなバランスで辛うじて建っているような板壁。

IMG_6457
最上部にあった建造物。全壊し土に還るのも時間の問題かもしれません。

IMG_6503
松下電工株式会社製の8型強力ベル。

IMG_6492
選鉱場最下部。ここの装置はまだ使えそうです。

IMG_6509
最後に敷地外から全景をパシャリ。それではまた。


発見から数えると100年近くの歴史があるこの鉱山。
1937年に発生した坑内ガス爆発事故により、
48名もの尊い命が失われる大事故も起きています。
1980年を頭に金相場も次第に下降線を辿り、
80年代の終盤に金の採掘を中止し閉山したようです。


◆◇◆この物件のその他の写真はこちらから↓◆◇◆

【アルバム】M越鉱山
【アルバム】M越鉱山 by (C)ふゅーりー


★廃墟ブログランキングに参加中!
★クリックお願いします↓
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村 廃墟・廃屋写真ランキング