いまこそベーシックインカムを | 古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba
新型コロナウイルスに関する情報について

古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba

古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で私たちの生活に大きな影響が出ています。

特に経済活動への影響が深刻です。

医療機関やマスク製造業者など、ごく一部を除いて、ほとんどの分野で需要も供給も急速に縮小しており、このままだとリーマンショック並みか、それ以上の深刻な不況に陥りそうな気配です。

「景気が悪い」どころか、もはや「生活が成り立たない」という状況に陥る人々が、今後、続々と出てくるような状態にまで入りつつあります。

そこで人々の生活を下支えするとともに消費を喚起するために、いまこそベーシックインカムを実行すべきではないでしょうか。

すべての国民に1人1ヶ月5万円、とりあえず3月から5月までの3ヶ月限定で給付することとするのです。

いまこの状況でこうした所得保障がなされれば、それは大きな安心につながるはずです。

そしてそれはまた消費につながり、景気刺激にもなります。

この3ヶ月間のベーシックインカム給付に必要な予算はおよそ20兆円ですが、いずれにせよ20兆円規模の景気対策は必要な状況だと思います。

ならば公共事業などの従来型の景気対策ではなく、この際、ベーシックインカムを実施してみたらどうでしょうか。

これまで、今後の経済構造の下ではベーシックインカムが有効と言われてきましたが、その弊害や財源確保などの観点から、ごく一部の国や地域で試行的にしか実施されてきませんでした。

いま私たちが置かれている状況は、このベーシックインカムを試行的に実施するには最も適していると思います。

期間限定のベーシックインカム。

いまこそ実行に移す時だと思います。