インバウンド依存経済のリスク | 古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba

古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba

古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba

新型コロナウイルスによる経済への悪影響が日々、深刻になりつつあります。

まだ蔓延がいつ終息するかわからない状況で、こうした状況は当分の間続くと覚悟しなければなりません。

特に中国を中心とする外国人観光客への依存度が高まっている地方の観光地などの影響は深刻です。

この状況が続くと旅館など廃業するところも出てくるのではないでしょうか。

この間、政府はインバウンドの増加を両手を上げて歓迎してきましたが、本当にそれでよいのか、この機会に考えてみる必要があるのではないでしょうか。

今回のこと以外でもすでに各地で観光公害のような問題も生じています。

インバウンドの増加ともなって地域の暮らしが脅かされるリスクも高まっています。

したがってこれからはあまりにも過度にインバウンドに頼るのではなく、内需によって地域の暮らしが最低限は回っていくような経済構造にすることをめざすべきです。

私はそれはマネーやエネルギーも含めた地産地消型の経済構造だと思います。