日米貿易協定について説明責任をはたせ | 古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba

古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba

古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba

日米貿易交渉が妥結しました。

安倍首相は「両国にとってウィンウィンの合意」と自賛しましたが、どう見てもアメリカに押し込まれた、自動車に対する追加関税こそなんとか免れたので完全な“負け”とまでは言いませんが、負けに近い厳しい結果と言わざるをえません。

早急にこの協定により日本経済に今後どのような影響が及ぶのかの試算を国会に示すことを求めたいと思います。

TPPの議論の時から、日本にとって最大の経済的メリットと効果があるのは、アメリカの自動車に対する関税の撤廃でした。

それがない今回の協定で、日本経済にどれくらいのメリットがもたらされるのでしょうか。

TPPと今回の協定で日本の農産物は大変大きな影響を受けます。

それを上回る経済的メリットがあるのかないのか、きちんとその試算を明示した上で、ないならそれでもなぜこの内容で合意したのか、「ウィンウィン」とただ言い募るのではなく、正直に誠実に合意せざるをえなかった理由を国民に説明すべきです。