参院選の結果をふまえて | 古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba

古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba

古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba

先に行われた参院選は史上2番目に低い投票率となり、与党が数を少し減らしたとはいうものの、与野党の勢力分布はほとんど変わりませんでした。

そうした中で注目を集めたのが、諸派の「れいわ新選組」と「NHKから国民を守る会」が議席を確保したことです。

今回の選挙結果を、私たち野党はきわめて深刻に受け止めなければならないと私は考えています。

投票率が低かったのは、安倍政権に対して不満を感じていて自民党に投票する気はないけれども、かといっていまの野党に投票する気にもなれないので投票に行かなかった、という人が多かったからではないかと思います。

また「れいわ新選組」や「NHKから国民を守る会」が躍進し、議席を獲得したのは、いまの野党に一票入れるくらいなら、その極端ともいえる尖った主張に一票投じてみようと思った人が相当数いたからだと思います。

いずれにせよ今回のような選挙結果を招いた原因は、いまの我々、野党側にあるとの自己認識を持たなければなりません。

なぜいまの野党が、多くの国民の皆さまから投票に行って一票を投じようと思ってもらえないのか。

この間もさまざまなことが言われてきましたが、今回の選挙結果を受けて、もう一度、虚心坦懐にその理由をよく考え、改めるべきを改めていかなければならない、と強く思います。