不都合な事実を受け入れる覚悟を | 古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba

古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba

古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

先に日米間で合意された貿易交渉。

合意の正式文章をふつうに読めば明らかにFTAです。

ところが日本政府はFTAではなく、これは物品の関税について協議するTAGだと主張し続けています。

こうして言い張るのはこれまで一貫して「アメリカとはFTA交渉は行わない」と主張してきたこととの整合性を取るためです。

しかし分かる人が見ればすぐ分かるようなごまかしを、なぜあえてするのでしょうか。

不都合な事実ではあっても、事実は事実なのですから、それを素直に認めた上で、「これまで言ってきたこととは違うこととなってしまったことについては率直にお詫びしたいが、現時点で自動車に対する追徴関税をかけられるのを避けるためにはやむを得ない対応で、どうかそこは理解いただきたい」と安倍総理が国民に率直に詫びて説明すれば済む話です。

もちろん約束違反との批判は受けますが、そういう批判も甘んじて受ける覚悟を持って事に当たるのが、時の政権の責任であり、矜持だと私は思います。

古川元久さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース