「語らない」という形の嘘 | *4代目 徒然日記*
2005-12-22 03:09:32

「語らない」という形の嘘

テーマ:ヒトリゴト

何も語らないイコール肯定なのです、あたしの中で。

最近は学校とかバイトとか

いろんな場面で「別れ」を意識することが多くて

寂しくなるね、みたいな言葉を人と交わすことが多くなった。


でもそういうのに関して、改めて考えを巡らせるとき、

寂しいとかいう言葉は決して自分で口にしようとしない。


会いたいとか、口に出したらもっと会いたくなってしまう。

寂しいとか、口に出したらもっと寂しくなってしまう。


だから、「何も語らない」という究極の方法で

ほかでもない自分に嘘をつく。


寂しさなんて感じないふりをする。

そしてその嘘とも言えない嘘に、深夜ひとりで押し潰される。


素直な気持ちを表現する方法が見つからず

こうしてつたない文章にする。

だけど、私の言葉はどこまで届いているのだろう。

このどうしようもない嘘つきの言葉は。

小さい頃から嘘つきは嫌いだ。

だから私は、今の自分が嫌いだ。


自分と相手の関係を守るために

大切な存在と敢えて距離を取ったりして

信じて欲しい相手に誤解を与えるという過ちを

何度も何度も犯す自分が嫌いだ。

本当は誰のことも失いたくなくて

全ての人から必要とされていたいくせに。

大きすぎる気持ちが仇となる。

今日もまた一つ、小さな嘘をついた。
本心を語らないという嘘。


あぁ、そうか。


嘘つきというよりは「卑怯」なのかもしれない。

further-alongさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス