高血圧 | ふうりんそう便り

ふうりんそう便り

と或る鍼灸師の日々是好日

ふうりんそう鍼灸院の千葉です。
 
今回は、「高血圧」についてお届けいたします。
 
日本においては約4千万人もの高血圧患者が
いると推定されています。
 
現在は「上が140、下が90」という血圧の基準を
満たされると高血圧と診断されますが、
 
その昔、上が160、下が95以上を基準とした
時代がありました。
 
それが1999年2月、世界保健機構(WHO)と
国際血圧学会(ISH)とが、高血圧の診断基準を
改めることによって、
 
日本では1600万人程度だった高血圧患者が、
一夜にして倍以上になってしまったなどという
話があります。
 
 
さて、「血圧」とは、心臓から送り出される血圧の
「血管への圧力」のことですが、
 
人の体には、太い動脈ばかりではなく、
多様な血管が折りたたまれています。
 
細い毛細血管まで全部をつなぎ合わせてみると、
その長さ、なんと9万㎞に及ぶといいますから
驚きですね。
 
全身に張り巡らされている血管網。そう血管の「網」と
心臓とが、お互いに影響し合いながら
その都度「血圧」として表現されているのです。
 
血圧とは、心臓の力と血管の柔軟性の
織り成すシンフォニー。
 
心臓だけでもなく、血管だけでもない。
「両者の関係」にこそ、血圧は顔を出すのです。
 
お年寄りになると高血圧の傾向にありますが、
それは、毛細血管の網の柔軟性の低下による
ところが大きいのです。
 
しかし毛細血管は、自ら成長する力を持っていて
運動量によって、むくむくと面積を広げる能力を
秘めています。
 
それと、血圧の単位というのは「㎜Hg」と表記されます。
Hgというのは「水銀」を表す化学記号で、
 
血圧140㎜Hgというのは1cm2あたりの水銀を
140㎜(14㎝)垂直に押し上げる力を指します。
 
水銀と言えばかなり比重の重い液体ですから、
これを水の比重になおして計算してみるとなんと
1895㎜まで水を押し上げる力となるのです。
 
水銀圧120㎜Hg→水圧162.4㎝、
水銀圧130㎜Hg→水圧175.9㎝となります。
 
実際の血液は真水ではないですから
もう少し比重は重くなりますが、
 
自分の身長と照らし合わせるのに、
適切な指標になるかも知れません。
 
そう考えるなら現在の基準が
至適血圧範囲120未満、正常血圧範囲130未満に
なっているのも納得のいく気がします。
 

さて、以上のことから高血圧が教えてくれるのは、
 
1、身の丈を知ろうということ
 
2、毛細血管の容量を増やすには、細胞の隅々まで
  血液を届けようという意識が大事だということ。
 
これは転じて、身の回りの隅々にまで「思いやり」を
持つこと、と言い換えることもできます。