竿灯祭りとねぶた祭り | ふうりんそう便り

ふうりんそう便り

と或る鍼灸師の日々是好日

ふうりんそう鍼灸院の千葉です。

 

先日、両親の田舎である秋田県と

 

青森県に行って来ました。

 

ちなみに

 

 

行きは、「あきたこまち」で、

 

 

帰りは、青森から「はやぶさ」に乗って帰ってきました。

 

いくつになっても新幹線はワクワクしますね。

 

 

お目当ては、東北三大祭りの二つ

 

秋田県の「竿灯(かんとう)祭り」と

 

青森県の「ねぶた祭り」です。

 

 

まずは、秋田竿灯祭りですが、

 

 

こんな感じで長い竿に大きな提燈のようなものを

 

高く連ね、額や腰、肩などでバランスを取ります。

 

大きいもので全長12mで、重さ50㎏だそうです。

 

 

徐々に竿が長くなっていきます。

 

 

続いては、青森ねぶた祭りです。

 

 

この日は、最終日で昨夜に受賞されたねぶたを筆頭に

 

ぞくぞくと連なって昼間に運行します。

 

 

7連の太鼓が続きます。凄い迫力です。

 

 

外人さんも沢山いました。

 

 

 

 

 

ちなみにこちらは弘前駅で展示されていたものです。

 

弘前ねぷた祭りのものです。

 

こちらは、立体ではなくて平面ですが、

 

地域によって色々あるようです。

 

 

 

弘前と言えば…

 

 

 

 

弘前城です。

 

実は現在、天守閣下の石垣の修理の為、

 

一旦、天守閣を2014年に奥に移動したそうです。

 

 

それが、こちらです。

 

東北地方に唯一残る、江戸時代からの天守閣です。

 

小さいですが、歴史の重みを感じました。

 

ちなみに全国現存天守は12基です。

 

周辺の桜で有名な公園もとても

 

素敵な公園でした。

 

 

 

 

今回は、温泉に幾つか行きましたが、

 

特に、湯治場で有名な、

 

 

「玉川温泉」です。

 

 

ここは、無料の岩盤浴が楽しめます。

 

勿論、天然の岩盤浴です。

 

湯気と硫黄の匂いと熱気で

 

散歩しているだけで、満足します。

 

 

ちなみに浴場もありますが、強酸性のお湯なので

 

やめときました。

 

 

 

最後に、「奥入瀬(おいらせ)渓流」をご紹介します。

 

 

青森県と秋田県の県境にある十和田湖から

 

流れる奥入瀬川の上流にある渓流のことです。

 

滝、奇岩やコケ、シダ、ブナ等の植生による

 

自然豊かな渓流です。

 

 

 

ジブリ映画に出てきそうな綺麗な色彩に

 

癒されました。

 

ちなみに朝は、17℃で昨日は14℃だったそうです。

 

真夏とは思えない気温でした。

 

 

とてもリフレッシュ出来ました。