4児のママで保育士ふみえの マインドフルネス子育て

富士山人気記事

魔の2歳・イヤイヤ期にベストな叱り方・・・私の中で

http://ameblo.jp/furinkeiso/entry-12173355893.html

自己肯定感を育てるのに大切なたった1つのポイント

http://ameblo.jp/furinkeiso/entry-12200102026.html

子育てがうまくいってない時

http://ameblo.jp/furinkeiso/entry-12178435900.html

子どもが親から言われたい言葉は〇〇〇!

http://ameblo.jp/furinkeiso/entry-12215467944.html

  • 10Jan
    • ”★わがまましたら「こんなに家事をしない人だと思ってなかった」と言われた”

      愛ある素敵なパパ、ママたちへそうそう私たちママたちもね、自分のペースで時々家事したくなーいとさぼったり、助けてもらっていいんだよ❣️そして・・・そして・・・なるほど深いなぁ~タバコとかお酒を悪者にし過ぎなんだね。確かに癌になるからと、禁煙して禁酒して好きな物我慢してても癌になる人はなるし、好きだからタバコ吸って、お酒呑んでガハガハ笑ってて癌にならない人もいるもんね♬さぁ、僕たち私たちはどうやって生きる?楽しいね~♬仁さんのブログを読むとそこを感じられるからだから好きです。今日もステキな記事をありがとうございました。

      197
      テーマ:
  • 21Dec
    • ママはゆる〜く パパはビシッと

      楽〜に子どもを見守る方法(昨日の記事です。)私は、最近ではいつもこんな感じです。すごく子育て全般において気が楽。子どものどんな姿を見てもまー、まずまずOK出してしまう。例えばおやつの後テーブルに散らかったままでもあー、仕方ないな。で済ませちゃうのですがあ悪い例です。(自分に余裕があればすぐに綺麗にするし、疲れていたら放置しています私が黙って綺麗にしていればちゃんと子どもが自分から片付けられるようになるとわかっています)親は見本の行動で示すしかないのです夫にとってはテーブルの食べかすなどを放置しておくなんてもってのほか!の怒りポイントですから、日夜、子どもたちに雷が落ちています⚡️(まぁ、そうですよね、ゴミはちゃんとゴミ箱へ入れた方がいいテーブルの汚れはすぐ拭く方が良いに違いない)親の望む姿が(この場合、ゴミはすぐ捨てる、テーブルはすぐ綺麗にする)できて当然。あまり前のことだから。私は夫が厳しく叱ってくれることに感謝しながらも早く雷よ、去れ…と心の中で祈るのでした。我が家では私がゆる〜いので旦那さんは大変みたいです。ここぞの場面でビシッと厳しく接してくれます。普段は穏やかで優しいです。でも約束を守らないとか部屋が散らかったままとかそういうことが目についた時は仕事で疲れているのに当たり前のことを当たり前にできる大人にするために小言が、増えて…小言で収まらずカミナリになることも…そして、私は私の行動で示すしかないな!と心に誓うのでした、はい。ゴミはちゃんとゴミ箱にすぐ捨てましょう雷⚡️怖いもん。笑笑怖いけど、お父さんは大事なことを伝えてくれてると肯定しています。お父さんの位置付けはお母さんの役目です。これは本当に重要なこと。子どもたちが小さい時からお父さんに相談ね、お父さんが良いって言ったらね、と常々言って来ました。最終決定権はお父さんです。こうしておいて良かったと上の子たちが思春期に入ってからは特に感じています。思春期は母親よりも父親の一言が効いてきます。やっぱりなにかしら父親の姿から母親よりも社会性を感じるんでしょうね。絶対に父親の言葉の方が子どもたちにとって説得力があるの。お父さんの出番や役割を位置付けておいてよかったなぁと我が家の場合は思っています。

      116
      テーマ:
  • 20Dec
    • 親が子どもに望む姿 と 子どものありのままの姿

      毎年、我が家の年賀状には家族写真を載せるのですが、ある年の家族写真は、長男の七五三の着物姿を載せました。千歳飴の袋を持ってビシッとキメた感じのやつです。その横に「普段はこんなキャラ」というキャプションつきでアッカンベーしてる顔写真も一緒に。その年の年賀状は、長男のそれがウケて好評でした。着物を着せられ、写真館でカメラマンから動かないで。指はピシッとね!など色々言われ撮れた一枚の中のかしこまった姿は親の希望に応えた姿。アッカンベーは、自然な姿。どちらも子どもの中にあるんですね。かしこまってビシッと決めている姿は、家族の記念で素敵ありのままの姿から少しがんばって、大人の希望に応えた姿なのですよね。普段の生活に置き換えて考えてみてください。(七五三の姿は一つのたとえです。注:七五三の写真を撮るのがいけないといった話しではありません。)子どもをみてあ、これは自然な姿だなぁあ、これは親の期待に応えた姿なんだなぁという視点からみてあげるとおもしろい(^o^)不足や不満に思うこと改善させたいことがたくさん出てくる時には、自然のありのままの姿を親の望む姿に近づけようとしているんだなぁと、気づくことができます。親の期待感が大きくなり過ぎてる場合も多かったのかも…と振り返って思います。うちの場合…はね。いつもいつも親の希望、期待を満たせる子どもはいません。ありのままの姿で楽にいることも大事だし、社会に出たらこれは大事だよ。ということを家庭の中で伝えるためにもちろん、親が望む姿に近づいてもらうことも大事。両方とも必要。だからどちらも必要だから自然な姿も褒めて認め、親の望む姿でいられた時も褒めて認め、大事にしたいですね。子どもがありのままの自然な姿でいる時、親にとっては困ることもあるのですがそれすら「悪い」ことではなくて「良い」事でもあるのです。例えば2歳のイヤイヤはそう。親にとっては困る姿だけどイヤと言えるようになる!って素晴らしい成長です。赤ちゃん返りもそう。嫉妬や怒りの感情を出せるって素晴らしい成長です。ありのままの姿も親の望む姿もどっちもあっていいんだよー。全部認めてあげてその上でそれでも親の望む姿に近づいてもらわないと!ということだけをしっかり家庭の中で大切な「しつけ」として毅然と伝えていけばいいと思います。思春期の子どもに対してはいつもいつも親の希望、期待を満たせる子どもはいません。と、いう考えなので楽〜に見守ってます。

      47
      テーマ:
  • 19Dec
    • イヤイヤ期、おめでとう!

      ママにとって初めてのイヤイヤ期はけっこう驚きと衝撃の連続なのではないでしょうか?読者のありすさんからのコメントですはじめまして。1歳8ヶ月の息子が少しでもイヤイヤすると怒鳴ってしまいます。思い通りにならなくてイヤイヤしてるのわかってるのに、じゃあ、そのおもちゃいらないね!とか言っておもちゃを取り上げて投げたり…最低。こんなに起伏の激しい性格だったのかと、自分でもビックリしてます。息子はわたしの顔色伺うようになってしまいました。毎日ため息、出来るものなら生まれた日に戻りたいです。こんな起伏の激しい性格だったのかと、自分でもびっくりされているんですね〜〜ほんと、そうなんです❗️子育てって。自分が自分でないような感情にもならされるし思うようにならなくていろんな感情を揺さぶられ丸裸にされます❗️知らなかった自分に出会い落ち込んだりまたそこから成長できたり子どものくれる世界は果てしないですね。今は後悔だらけでしんどいですね。そして、今はそんな現状でもそんな自分でも一旦はOKしてあげてくださいね。だって初めての子育て。初めてのイヤイヤ期。そんなに上手に対応できなくて当たり前…一緒に訳分からなくなって怒鳴って後悔しても当たり前…って思っていいでーす❗️生まれた日に戻ってといっても実際は戻れなくてもかわいいなこんなに小さいんだなって感じたあの最初の気持ちをちょっぴり思い出して無理しなくていいので少しずつね、あの時の気持ちを取り戻しながらかわいいなって思ってるだけで毎日、面倒みてるだけでいいのですもう十分がんばってますイヤイヤ期は、順調に心が育っている証拠なのです虐待されてる子にイヤイヤ期はありません。不安だから、怖いから、ジッと大人しくしています。ママを信頼しているから安心しているから思いっきりイヤイヤができるのだからイヤイヤ期は手こずって大変だけどイヤイヤ期は、ここまでの子育てそれで良いよの太鼓判が押されたようなもの。おめでとう🎉よかったね。イヤイヤ期🤩

      55
      テーマ:
  • 18Dec
    • 全部、愛?!なのですか?

      昨日の記事でママはみんな、子どもに上手に対応できなくていい。わずらわしく感じた時、つい怒鳴ってしまうことだってある。それでいいんです♡全部、愛なのだからと書きましたらメッセージいただきましたそれでいいんですか?怒鳴ってばかりで自己嫌悪の毎日です。それも愛なんですか?それも愛だから大丈夫と言われて救われました。そうなんです。私、保育士で普段子どもの気持ちに寄り添った保育をするとかなんとか言ってます。それでも我が子に怒鳴りたくなるようなこと実際、ほんとに沢山ありました。愛情ある。子どもたちはたまらなくかわいい。それでも子どもたちといったら日々無尽蔵に絶え間無く想定外のことを起こしてくれますよね。1歳半くらいからしばらくはずっとそうでしょう。怒鳴ってばかりの毎日…って後悔ばかりかもしれませんがちゃんと子どもと向き合ってる証拠です怒鳴って後悔して寝顔に謝ったりしてるでしょう、十分です。そのうち、寝顔に謝るだけでなく怒鳴る前に一呼吸フーッと息を吐けるようになり怒鳴りそうになってる自分に気がつくともう、怒鳴らなくて大丈夫になってます。これがマインドフルネス子育てです。今ここに気づいている子育て、ね。そうやって一歩ずつ一歩ずつ動じないママになっていけますから♡誰でも。大丈夫。大丈夫♡上手に対応できなくていい。わずらわしく感じた時、つい怒鳴ってしまうことだってある。それでいいんです♡全部、愛なのだから

      40
      1
      テーマ:
  • 17Dec
    • 上の子に僕のことだけ嫌いでしょ?と聞かれた時は

      僕のことだけ嫌いでしょ?と言われたら絶句しないで(^o^)チャンスだから♡間髪入れずに大好きだよー♡嫌いだなんてとんでもなーい♡○○くんのこと大好きー♡って言葉でドシドシ言ってあげて欲しいです♫本当ははそんなこと思ってないんです。僕のことだけ嫌いでしょ?は翻訳すると僕のことだけ愛してよーなのです。こっそり○○くんが一番好き♡って言ってもいい。私はね、これ4人全員にやってますよ。長女が高校生になった今でも。凜ちゃんが一番好き♡中2の長男はあからさまに嫌な顔しますが慶が一番好き♡小2の二男にはいつも三男に譲ってくれてありがとうね♡本当は誰より奏くんが一番好き♡年少の三男にも(この人、ものすごい愛情欲求が強いので僕のこと何番目に好き?とか聞いてきます)もちろん、岳ちゃんが一番好き♡って言います。もう迷いなくね、笑二枚舌ならぬ4枚舌だよね。4人ともみんな平等に大好きなんですけど愛情の深さに順番なんて無いんだけど、でも陰でエコヒイキするの私は良いと思うのです。そして、4人が4人ともほかの兄弟の前では違う答えをしてると薄々知っててもそれでも心の奥底でママからは4人の中で自分が一番愛されてる!と思っててもらいたいです。特に上の子には。だからそれぞれの子どもに1人っ子のように接する時間を作ったりほかの兄弟の見てないところで特別扱いをしたり私はしょっちゅうしています。兄弟が多くても誰よりも愛された実感を♡持ってくれたら子育てはそれだけでOKだと思う。自分が愛された実感を持てた時、子どもは自然に、そのもらったら愛情を他の兄弟にむけるようになりますよ。兄弟でママの横を奪いあったりケンカしたりもいいんです ♡色々な形でママ愛してー♡をやってくれる子どもたちの姿を時に幸せに時にわずらわしく感じながら子どもって愛情欲求強いんだなーそれだけ私愛されてるんだなーってママは思っていればいいです♡上手に対応できなくていい。わずらわしく感じた時、つい怒鳴ってしまうことだってある。それでいいんです♡全部、愛なのだから当たり前の日常は奇跡です

      46
      4
      テーマ:
  • 16Dec
    • 毎晩ママの隣で寝る争奪戦

      3児のママのAさんよりLINE @に寄せられたご質問です。今日もお疲れ様です(^^)三人以上のきょうだいあるあるかもしれないですが、毎晩ママの隣で寝る争奪戦があります。末っ子次女がまだ1歳なので優先されて、真ん中長女の4歳が気が強くて自分の意思を曲げないので末っ子の反対側へ行きます。そこでいつもいつも我慢しているのが一番上の5歳の長男です。なんで僕ばかり隣になれない、、っとシクシクしています。末っ子が先に寝るのを待ってくれて隣になれても、夜泣きをする末っ子の隣に戻ってしまうので、長男が朝起きるとママが隣にいなかったと、悲しい顔をします。なんで、妹ばかりがママの隣で寝るのか私なりに説明して我慢してくれています。本当に優しい長男です。そんななか、ぼくのことだけ嫌いでしょ?っと言われてしまいました。言葉を失ってしまいます。これからどう接してあげられれば、こんな風に思わずに済むのか考えても、もどかしい思いばかりです。そこで、突然ながらラインしてしまいました。。。末っ子はまだ赤ちゃんだから、隣にいないと上手く寝られないということ。長女はまだ我慢する事が苦手で年少組さんで勉強中。だから反対側で寝る。長男は、自分より小さい妹達が泣いて寝られなくなっても、ゆっくり寝られる?っと、誘導的に我慢させてしまっています。ママは一人しかいないから、どうすればいい?っと聞いてみると、ママの足の間で寝るよと、また我慢させてしまいます。何か良いアイディアがあれば、是非ともお聴きしたいです。。。3人の子どもたちみんなに愛情をたっぷり注ぎたい気持ちが伝わってきます♡本当に毎日よくやってますね。子どもはほかの兄弟を押しのけてでもママの近くで密着していたい気持ち、本来ならどの子も持っていて当然です。みんなそれぞれママが大好きでママに見てて欲しくてママに触れていたいと思ってます。だから5歳のお兄ちゃん足元ででもママのそばに居たいんですよね♡とっても健気だし、それをちゃんとママに言えて素敵です。我慢させていると、とらえないで、お兄ちゃんはママに対してちゃんと気持ちを出せていますね♡それってとても良いことですよ。ママを信頼できているから僕ばっかり我慢してる!と言えるし、シクシクできるんです。ご長男の気持ちを聞いてあげているご自身をもっともっと褒めてあげてくださいね。それだけでいいんです。いつも心で3人それぞれに愛情を向けていること5歳のお兄ちゃんにも伝わっています。だから優しいお子さんに育っているのだと感じてますよ。でも毎夜、ママの横ポジションの取り合いが続くと正直、しんどいですよね。ママは本当に大変でしょう。大変なのはポジション争いの夜だけでなく、きっと朝だって。起きたら体バッキバキですよね?私もそんな時がありましたからすごくよく分かります。言えることがあるとしたらご長男にはいつも我慢してもらっててありがとうね♡○○くんが優しくてママ助かるよ。お腹乗る?←笑うとこ、ね。そして、本当に乗せてあげてもOK優しい子はママが重くて苦しそうだと自分から降りますし、いったん、お腹にのっけてもらったらうれしくてゲラゲラ笑っちゃうかも♡という風に、ご長男の気持ちへ寄り添う言葉かけや行動を心がけると良いと思います。あとは、妹たちが寝た後でギューっと抱きしめる機会を作れたら(できるタイミングの時だけで良いので)なるべくギューしてあげたり日常的にいつもこのブログでお伝えしてることですが1日100回大好き💕とお兄ちゃんの名前をつけて本当に100回言うくらいの気持ちで言ってあげてください。寝る前のタイミングに限らず1日中です。今は、寝る前の時に限らずいつも我慢しているお兄ちゃんの気持ちに寄り添った対応を心がけると良いですね。シャンパンタワーのシャンパンがてっぺんから下へ下へと満たされて溢れていくように兄弟の愛情満足度も上の子から満たしてあげるとその子が下の子へ優しさを注いであげるようになります。だから上の子を特別に優先することはいつも私はおススメしています。順番もお兄ちゃんから。時間もお兄ちゃんを長く。お菓子もお兄ちゃんに沢山。という具合にです。寝る時にできることとしては…真ん中のご長女は自己主張が上手にできるタイプのお子さんのようなので「今日はお兄ちゃん優先だよー」と言って、時々はお兄ちゃんを横に寝かせてあげても良いかもしれませんね。ご長女はごねるかもしれませんがそれを見てご長男がどんな反応になるか、ということも楽しみにされても良いかも(^o^)ほんとに、毎日3児のママをやってることはすっごく素晴らしい♡よくやってますよー♡お兄ちゃんもよくやってるよー♡1歳からずっと「お兄ちゃん」だもんね♡えらい!えらい♡Aさんへ♡明日も続きを書きますから読みにいらしてください。「僕のことだけ嫌いでしょ?」って言われた時の返しについて書きますからね。言葉を失われわなくても大丈夫。メッセージありがとう♡

      19
      1
      テーマ:
  • 15Dec
    • 夢を叶える

      私の夢は「子どもたちの想いが届きママたちがホッとして子育てが楽になる本を出版することです❤︎」叶った時の私、うれしいだろうなぁ。一緒に喜んでくれるママたちの顔が浮かびます。講座でお話しされてることを本にしてください♡と想いを伝えてくださったたくさんのママたちの顔。悩みながら子どもの泣き声に翻弄されながらそれでも我が子の顔を、表情をちゃんと見ようとしてるママたちを私は知っている。大好きな人たち子育てって楽しいことしんどいことどっちもあるしんどさを理解してもらえないなーと孤独になったりなんで私だけ?!っていじけたくなる時や子どものマイナス行動が目について私のせい?!って自分を責めてしまう時そっとママたちのそばに寄り添って今目の前に子どもがいることママになれたことの慶びをふわっと思い出せるようなそんな一冊を生み出します。毎日がんばってるママたちをふわっと包みたいだから夢を叶えるの子ども4人を生み出した時もできたから(それぞれに生みの苦しみってあるけどね)あったとしても、よ。慶びの大きさと比べたらチョロいよねその一冊を生み出す覚悟を分かってもらおうとするのはもうやめた。待ってます♡と言ってくれる人たちの声を耳に入れて応援してくれる人たちへ、できうる限りの感謝をして1行ずつ書いていく。大丈夫だよ。ちゃんと叶うから。たくさんの待っててくれるママたちの手元に届くから。大丈夫。って自分に言ってあげる保育所の正規職員で最愛の人の妻で4人のママで硬式野球チームの主将の母でどの役割も穴だらけ休みなんて1日たりとも無い。本を書く時間はあるの?そんなあなたでできるの?そんな私だからできる。私なんてじゃなく穴だらけの私だから。穴だらけだから助けてもらう穴だらけだから心の底からありがとうございますって言える穴だらけだからこそ本は毎日1行書く。応援してくれる人たちへの底のない感謝をもって書くの伝えたい子どもたちの願いママたちのがんばり本当に本当に伝えたいの。穴だらけの私のまんま良いママじゃないし良い職員じゃないけど私の夢は「子どもたちの想いが届きママたちがホッとして子育てが楽になる本を出版することです❤︎」私だからできるんだーうふふふ

      47
      1
      テーマ:
  • 07Nov
    • ”余計なもの?”

      ちょうど3年前の記事ですが何にも変わってない。子育てで大切にしたいことは「余計なものをどんどん脱ぎ捨ててシンプルに子どもをみてあげること。」信じて愛してよーく見て。ただただそれだけ。子どもたちはみんなママはママでいいんだよ。パパはパパでいいんだよ。そう言いたくてこの世におりてくるんだから余計なことしなくていい。余計なこと考えなくていい。パパもママも自分のまんまで。目の前の子どもたちもありのままでパーフェクトなんだ🎵

      174
      テーマ:
  • 26Oct
    • 親だからできること

      自分の子どもがよそでした「望ましくない行動」に対して起こってしまったことは取り返せないけどじゃあ、そこから今からどうするのかちゃんと受け止めて謝れる親でありたいと思っています。色んな親御さんがいますが色んなご家庭がありますが子どものしたことを知って受け止めて相手に何かあったら謝ることは必要だと私は(我が家)は、そう思う。子どもも親もその出来事から学べることがあります。保育園で起きたことだから保育園の責任?学校で起きたことだから学校の責任?ちがうとおもう。やっぱり親にはね、責任あるのよ。保育園でも噛みつきが起こった時、ケンカが起こった時、怪我したらやった方、やられた方とでてきます。やった方の親には何も知らされない場面もあります。状況によりますが。本当はちゃんと知って親の目の届かない時間帯のことだったとしても相手の子どもの怪我や気持ちをおもいやってちゃんと謝るスタンスで子育てしたいなぁと私は思っています。間違いは誰にでもある間違えたら謝るやる直すそのお勉強できるチャンスだよね。子どもが何かマイナスをしてしまった時はそのチャンスなの。あわてず、騒がず、人のせいにせず、まずは自分。まずは我が家。そこからだよね。自戒をこめて。当たり前の日常は奇跡です

      113
      テーマ:
  • 25Oct
    • 我が子がいじめにあっていたら

      しばらく投稿できずにいたのはこんな記事を書いても何にも分かっていなかった と痛感する出来事があってその出来事を咀嚼する期間をとっていたからです。この記事でいじめにあっている子どもが1番辛いと書いたのですがいじめられて学校に行けなくなった我が子を家の中で常にみていなくちゃいけないそのご家族の辛さも尋常ではありません。気力を失くした我が子を見るのはいたたまれない。自分のことより、子どもの苦悩は親にとって もっともっと辛いことなのです。実際にそういう状況にある親子の前に対峙して目の当たりにしてようやく感じられることがいくつもありました。私は、何もわかっていなかったのだと思い知らされました。またここに戻ってきたのは、決してその出来事をうまく咀嚼できたからではないのですが、何もわかってないかもしれない自分のままでそれでもこれからも書いていこうと決めたのからです。「子どもの気持ち」を伝えたい。子どもの言動はすべて親へのメッセージやサインです。そしてどんな状況であっても親にはできることがあるし今ここから親子関係は、より良くしていけます。伝えたい想いは変わらないのでこれからも。また戻ってくることにしました。お休み中のたくさんのメッセージありがとうございます全部読ませていただきました。感謝です当たり前の日常は奇跡です

      38
      テーマ:
  • 17Sep
    • 我が子がいじめにあっていたら

      もし我が子が、いじめにあっていたら辛いです。それはもう、とても辛い。子どもが、いじめにあっていると知って心が痛まない親はいないと思うのです。そして1番辛いのは親じゃなくて子どもです。あなたも辛いけどあなたのお子さんはもっと辛いんです。辛いけど辛いから今こそ子どもの心をやわらかくあたたかく包んであげるべき時が来たということです。お子さんの辛さをわかってあげることありのまま受け止めてあげることお子さんが自分の価値を感じられるように伝えてあげられるのは私たち親です。親にはいつでも「できること」があります。顔を上げて前を向いて肚をくくって愛情を言葉で態度で全身で生活で伝えてくださいね。できます。絶対に。あの陣痛に耐えられた私たちだから。帝王切開も養子縁組も初日の覚悟は変わりません。初めてこの腕の中に抱いた時のあの感覚を思い出して。だから大丈夫。できますよ。絶対に。お子さんを笑顔にすること。できますよ。たとえそとでいじめにあっていたとしても。子どもは自分が愛されていること認められていること役にたっていることそういう存在だとこれが自覚できれば愛されオーラで自然といじめを蹴散らすことができるようになっていきます。かかる時間は様々。でも伝わるまで伝え続けないといけないと思います。受け取る子ども側の年齢、価値観、感受性、器の大きさも様々。本当にちがうんです。1人ひとり。だから「今ここにいるこの子」に対してちゃんと伝わる方法でちゃんと伝わるまであきらめず伝え続けないといけない。ここに居ることの価値を。あなたがいるから幸せ。と伝えてあげてください。ぼくは、わたしは、いるだけで家族を、親を幸せにしている存在なんだ。その思いが子どもの心にいっぱいになればいじめという事実は遠のきます。本当です。泣いてる場合じゃないです。親にはできることがあります。どんなときも。

      215
      2
      テーマ:
  • 16Sep
    • 子どもの心を大切にするとは?

      親になった私にも子どもの頃があった。あなたにも子どもの頃があった。あなたが子どもの頃嬉しかったことは何ですか?楽しかったことは何ですか?嬉しかった言葉をかけてくれた人は誰ですか?憧れた人はどんな人でしたか?今大人になった私は、子どもだった頃の自分にとってうれしい存在になっているのかな?と思います。子どもだったころの自分から見てカッコいい大人になりたい。私もあなたも子どもにとって嬉しい存在になっていますか?最近、自分の子どものころの出来事をよく振り返った子ども細かに書き出す作業をしているのですがけっこう面白いです。幼児期、小学校、中学校、高校で出会った周囲の大人や先生の顔、言葉、思い出して自分にとって嬉しい先生自分にとって◯◯だった先生やっぱりいますよね。今の私は子どもにとって嬉しい存在になっていますか?自分に問いかけています。子どもの心がわかる大人でいたいけどこの作業をしてみたら・・・やっぱり規範が強くなってしまったり大人の望む子ども像を押し付けてしまったりはどうしてもある。あるのね。反省しきり笑がんばれー。私!当たり前の日常は奇跡です反省して次へGO!

      56
      テーマ:
  • 15Sep
    • 2017/09/15

      自分で選んだこの道が人と違っていたっていいじゃないその道で迷って転んで傷だらけだっていいじゃない先週、この記事に子どもの問題行動は人生上のギフトにコメントくださったあきママさんブログの言葉が心に刺さりながらも最後の言葉はギフト、そう思える未来を信じて頑張ってみようと思いました。と結んでありました。子どもの問題行動は人生上のギフトです。間違いなく。それはそう信じて前を向く人にだけ降り注ぐギフトかもしれません。厳しい状況にありながら前を向こうとするあきママさん…お子さんの今のありようのままで受け入れ先は必ずあります。そこがお子さんにとって1番いい環境だったと、結果的に言えるようになる日がきっと。きっと、来ますから。そのために今が、ママの肚のくくり時かもしれませんね。子どもを想って、そしてご自身を大切にしながら毎日を過ごさせれますように。心の底から応援しています。

      32
      1
      テーマ:
  • 14Sep
    • 子育てはおもしろいほどに自分しだい。

      普段の生活の中で何気ないことで声に出して肯定的な言葉を発してると子育てにもいい影響があります。例えば、私がよくやる例で言うと・・・今日は暑いけど洗濯物がよく乾くからすごく嬉しいな。とかお茶を🍵飲んだらあ〜美味しいな声に出して言うことが大事。自分の脳が聞いてるからどんどんプラス思考のマインドに効くのです♪やれるところでやってみてね〜〜。普段が大事。日常が大事です。当たり前のように過ぎ去る日常を目的をもって大切な人生の中の大事な時にしたいのです。このブログの読者さまたちなら・・・親子関係をホッと安心できて豊かであたたかいものにする。我が子にゆるぎない自己肯定感をプレゼントする。これが目的でしょう。だとしたらやっぱり今、目の前にいる子どもにかける一言ひとことを大事に暮らしていきたいと思うのです。急に肯定的な言葉かけをしようプラスの声かけをしようとしてもハードルが高いーそんな方はまずは自分自身のひとり言から意識を向けていくと良いです。お天気がよくて気持ちいいな。目が覚めて元気に今日を迎えられたな。好きな飲み物でくつろげたな。働きに行ける場があってありがたいな。彼岸花咲いたの見つけて嬉しいな。秋風が心地よかったな。挙げていくと無尽蔵ですよね。何でも良いんです。アンテナ立てて、口角上げて、プラスイメージで自分の視界を見渡すのです。そうしてるうちに子どもの見方も変わりプラスの言葉かけがどんどん上手になっていきますよ。気持ちいいねー子どもたちが感じてるワクワクややりたい!に共感できる大人でいたい。当たり前の日常は奇跡ですそして子どもたちは今こうしてる間にもどんどんおおきくなって「今のこの瞬間のこの子」にはもうすでに会うことはできないのです。今、すぐ抱きしめて大好きと言ってあげてください。プラスの言葉かけができるチャンスがあふれています。当たり前の日常の中に。子育てはおもしろいほどに自分しだいです。自分の口から出る言葉を明るく。プラスの言葉にすればいいだけです。使っている言葉の写し鏡が目の前にいるあなたの子どもです。気づいたら教えてくれてありがとう。と言ってギュッと抱きしめてあげてくださいね。ではまた

      86
      テーマ:
  • 12Sep
    • 子育てで迷う時

      どうしようもなく迷ったら「今のままで大丈夫」と叫んでみて。その時の違和感、ザワザワ感はどんな程度でしょう?右に行くか?左に行くか?周りに相談して、自分で決めていいよ。と言われたらまずは「ありがとう」ああしろこうしろと言われるよりずっといい。尊重してもらえている。そのことに「ありがとう」を言ってみて。自分の言葉を耳から聞いて脳でも聞いてそれで違和感がもしもあるなら「アドバイスが欲しい」とちゃんと相手に伝えるのはどうですか?自分で決めていい。それってとても自由で理想的。でもちょっと怖い?選択権があって選択肢もあって失敗が怖いと思うけど聞くべき人たちに聞いて最後はやっぱり自分です。「それでいいよ。大丈夫」当たり前の日常は奇跡です

      37
      テーマ:
  • 11Sep
    • 10年後の親子の会話

      子どもとの日々は本当にまぁ色々とありますが10年後の親子の会話を想像してどんなママでありたいか自分に聞いてみてください。

      45
      テーマ:
  • 10Sep
    • 失敗しても大丈夫!

      失敗しても大丈夫!子どもたちにぜひとも伝えたいメッセージの一つです。子ども時代に心の奥底まで浸透させたい。大丈夫だよ、やってごらん、見てるから、それでいいよ、そうやって見守られることでぼく、大丈夫!わたし、大丈夫!と少しずつ少しずつ心は育つ。私たちみんな、子ども時代があった。親になった私たち、不足しているものがあったら自分でも補って助けてくれる人に補ってもらって大丈夫だよー!大きな声をかけてあげよう。子ども時代の大切さを想います。子ども時代に心が育つから。毎日、少しずつほんとに少しずつ育つから。親になった私は自分へと補いながら目の前の子どもたちに注ぎたい。今こそ。その時。

      46
      2
      テーマ:
  • 09Sep
    • 女の子の育て方 その④

      女の子の育て方その③では女の子の「ご機嫌とり」について触れています。文房具やスウィーツなどを駆使してアプローチするのはアリだと思うのですが日頃、褒める言葉にご機嫌取りの要素やお世辞風の言葉を入れることはおすすめしません。笑※対象年齢にかかわらず。女の子は幼い頃から女の勘が鋭いのでママが本心から褒めたいこと具体的に場面が分かるようなことを褒めると効果的。女の子の心はくすぐられ、関係は良好にいくようですよ逆に男の子は内容がテキトーでも大丈夫!笑大好きなママに注目されること自体が至極の喜び。女の子は中身が重要よ❣️

      50
      テーマ:
  • 08Sep
    • 昨日の朝の出来事

      三男が靴づれで泣いてぐずった朝でした。絆創膏を貼って元気づけようとしたら、時間ないから!とパパがササーッと抱っこして保育園に連れて行ってしまいました。あ…貼ってあげたかったな。と少し切なくて。でもパパに送りをお願いしているのは私。右手にむき出しの絆創膏をピラリと持ったまま、父と息子を見送りました。後から「元気で行ったよ」とLINEをくれてホッとしました。うれしかったです。気にしていることを解ってくれていたことが。その後の様子を知らせることで安心をくれたことが。パパも時間がない忙しい合間をぬってLINEをくれたことが。サンクス!スタンプを返信しましたパパと一緒に子育てしてますが私ならこうするのに・・・(今朝の場合なら絆創膏貼ってなだめるのに!とか)パパのやり方と、自分のやり方が合わないこともあります。そんな時、残念だったり、切なかったり、場合によっては怒ってしまうこともあります。でもパパと一緒に子育てする。っていうことは、パパのやり方を信じること。パパに頼んだ自分を信じることなんだよね。肚を、くくって見送ってよかった。信じてよかった。余計なことを言わなくてよかった。これ絆創膏貼る数秒くらい待っててよ!貼ってあげたいよ!余計な言葉なんだよね。自分を押し通す言葉。信じるって大変だけどこれも自分の内側の問題。パパがどうこう・・・じゃなく自分を自分で信じられるか?大丈夫だと自信を持てるか?ここだけだんだよね。みんな、ママたちーしあわせは自分でつくるんだよ子育てしてるからこそチャンスなんだよ

      69
      2
      テーマ:

プロフィール

子どもの気持ち研究家 ふみえ

自己紹介:
4児のママです。子どもたちとの毎日は、キラキラとイライラが半分こずつ。かわいいけど、言うこと聞かない...

続きを見る >

読者になる

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。