紅白「蛍の光」指揮の後継者は都倉俊一さん | 芸能界DAISUKI!
2017-12-08 00:04:48

紅白「蛍の光」指揮の後継者は都倉俊一さん

テーマ:テレビ・ラジオ番組から

NHKは、紅白歌合戦のラストで恒例になっている「蛍の光」の新しい指揮者を作曲家の都倉俊一さん(69)に決めました。

これまでは平尾昌晃さんでしたが、今年7月21日に死去し後任が注目されていました。


都倉さんは「子供の頃見ていた藤山一郎さん、そして宮川泰、平尾昌晃の両先輩の後を継ぐことになり大変光栄なことだと感じています」と語っています。

そして「紅白で私の楽曲の多くが歌われてまいりましたが、作曲家の私が直接関わったことはありませんでした。いつも一視聴者として楽しんでいた紅白に関わることになり、ご依頼を受けたときには一種の緊張感を覚えました」とのこと。


NHK制作局は「日本の歌謡史に残る名曲の数々をつくっておいでになられた都倉さんですので、歌の祭典を締めくくるにはふさわしいとしてお願いいたしました」と起用理由を説明しています。


都倉先生といえば中山千夏「あなたの心に」から始まり、山口百恵「ひと夏の経験」、ピンク・レディー「サウスポー」、「UFO」などたくさんのヒット曲を作ってきました。現在は日本相撲協会の横綱審議委員会の委員も務めています。  


これまでは故藤山一郎さんが第43回まで、44回から56回を宮川泰さん、57回から67回を平尾昌晃さんが務めた華のあるポジション。都倉先生はルックス、知名度、実績とも文句なしでしょう。


※ランキングに参加しています。

バナーをクリックすると票が入る 仕組みです。

「見たよ」の印にバナーをポチッとお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ テレビ・ラジオ情報へ

ふらたでんかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス